ユニコーンステークス 2017 出走予定|想定騎手と推定オッズ

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

この記事では、ユニコーンステークスの想定騎手入り出走予定馬情報と推定オッズなどをまとめています。
有力馬考察と現時点で注目している馬を記載していますので、ご興味ありましたら最後までご覧ください。

ちゃちゃ
ジャパンDDへと繋がるレースです
こてつ
JDDはダートのダービー。注目度の高い交流重賞だ
ちゃちゃ
今年は7月12日に実施されます。大注目レースです!
スポンサーリンク

出走予定馬

馬名斤量想定推オッズ
リエノテソーロ54大野2.5
サンライズソア56岩崎4.5
テイエムヒッタマゲ56田中健58.2
シゲルコング56木幡巧85.6

抽選(12/19)

馬名斤量想定推オッズ
アディラート56内田博5.9
アンティノウス56Cルメール42.3
ウォーターマーズ56高倉105.6
ウラガーノ54785.3
サヴィ56藤岡佑38.5
サンオークランド56北村宏447.2
サンライズノヴァ56戸崎8.2
シゲルベンガルトラ56横山典12.3
タガノカトレア54菱田142.3
テイエムアンムート54津村354.8
トラネコ56吉田豊110.8
トロピカルスパート54丸田378.5
ハルクンノテソーロ56田辺18.4
バンケットスクエア56柴田善321.8
ブライトンロック56江田照142.5
ブルベアバブーン56酒井68.5
ホーリーブレイズ56石川裕155.3
ラユロット54Cルメール16.9
リヴェルディ56柴田大28.3

除外

馬名斤量想定
サンチェサピーク56

有力馬考察

リエノテソーロ
≪牝3/栗 武井亮厩舎≫

【前走】NHKマイルC 2着
【父】Speightstown
【母父】Langfuhr

前走は、NHKマイルCで2着の実績。
その前走は上り最速の脚を使っての1戦で、芝で上がり最速は2度目。

今回はダート替わりも、昨年暮れに行われた全日本2歳優駿では、並みいる牡馬をも蹴散らしての勝利で、G1馬の仲間入り。
2歳時の成績は斤量に響かないので、斤量54kgで出走できるのもこの馬にしてみればプラスに働くでしょう。

ここまでダート成績≪2.0.0.0≫で2戦共に勝利を収めています。

ただし、エーデルワイス賞は稍重、全日本2歳優駿は不良馬場でのレースでした。
脚抜きのいい馬場で好成績を残している点は考慮しなければいけないでしょう。

あまりに人気しているようであれば、良馬場発表であれば疑ってみるのもありか。

サンライズソア
≪牡3/青鹿 河内洋厩舎≫

【前走】青竜S 1着
【父】シンボリクリスエス
【母父】スペシャルウィーク

前走はOPの青竜Sで1着。
これでダート戦は≪2.0.0.0≫で、2戦2勝の安定感を誇ります。
その全走は、今回と同じく東京ダ1600Mで行われたレースで、ダート1戦目となった 樅の木賞では、阪神ダ1800Mを勝っていることから距離への不安は全く無い1頭です。

父ロベルト系のシンボリクリスエス産駒は、東京ダ1600Mを考えるとプラス材料。
2012年からここまでの成績を見ると、≪25.17.21.229≫という成績で、勝率8.6%とわずかに低いものの、連対率14.4%・複勝率21.6%と安定した成績を残しています。

この馬も、いきなりここで失速することは考えにくく、好走できる1頭でしょう。

現時点での注目馬

それでは、現時点での注目馬をお伝えしておきます。
現時点で注目しているのは、サヴィです。

ここまでデビュー戦から2連勝で負け知らずの1頭ですが、デビューからの勢いそのままに重賞に挑みます。
デビューから2戦共に重馬場で使われたことは、脚抜きのいい馬場状態だったと判断できるので、良馬場でどうかという部分はあります。

しかし、デビュー戦では2番手追走から、2戦目の全走は後方からのレースで買っており、自在性豊かな1頭です。
ダートでは、自在性が重要になる場面もありますので、その点では前向きにみたい1頭だと思います。

距離延長については、ギリギリ1600Mは持ち堪えるのではないかとみています。
父ストリートセンスは、東京ダ1600Mでは1頭しか勝ち馬を出していないものの、ここまで連対率25.0%、複勝率37.5%と好成績を残している点もプラス材料です。

以上、ユニコーンステークスの出走予定馬情報のまとめでした。