【弥生賞2016出走予定馬】騎乗騎手と推定オッズから有力馬考察

クリック応援をよろしくお願いします!
 最強人気ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ

こんにちは、リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

今週はクラシックを占う上でとても大事な前哨戦、弥生賞が行われます。

中山2000mで行われる弥生賞は、皐月賞と同じ舞台。その為、有力馬達がこぞって参戦することが多いレースです。

また、この時点で賞金が足りてない陣営としては、なんとしても3着以内を確保して優先出走権を得たいレースとなっています。

今年は3強対決の色濃いレースとなりそう。推定オッズでも上位3頭の人気が割れているような形となっています。

その他の出走予定馬と推定騎手と推定オッズをみていき、最後に有力馬の考察を行いたいと思います。

出走予定馬

左から馬名・斤量・騎手・推定オッズ

  • アドマイヤエイカン 56.0 – 31.5
  • イマジンザット 56.0 – 82.6
  • ヴィガーエッジ 56.0 横山典 123.8
  • エアスピネル 56.0 武豊 2.8
  • エディクト 56.0 大野 306.7
  • ケンホファヴァルト 56.0 – 415.2
  • シャララ 54.0 江田照 472.9
  • タイセイサミット 56.0 内田博 15.4
  • プレイヤーサムソン 56.0 – 130.9
  • マカヒキ 56.0 Cルメール 3.0
  • モウカッテル 56.0 – 312.3
  • モーゼス 56.0 蛯名 54.6
  • リオンディーズ 56.0 Mデムーロ 1.9

有力馬考察

リオンディーズ

前走は朝日杯FSで優勝。前走はエアスピネルとは3/4差とそこまで大きな開きではなかったものの、3着以下は4馬身以上も突き放しているので着差以上に強い内容でした。

その前走は直線向くまで後方待機のまま。Mデムーロ騎手が追い出すと33.3秒の末脚を出して、先に抜け出したエアスピネルを倒しました。

2戦目でのG1勝利。ここまで2連勝と勢いがある1頭。

ただし、賞金的には問題ない。無敗に拘らないのであれば叩き台の可能性は大きい。しっかりと追い切りから雰囲気を掴んでいきたいと思います。

エアスピネル

前走は朝日杯FSで2着。無敗対決はリオンディーズに破れましたが差は僅かのところでした。

前のレースで完璧なレース運びをした中で負けた形。デビュー戦で2000mを走ったリオンディーズとは違い、エアスピネルは400mの延長がどう出るかは未知数。

それでも、デイリー杯2歳Sは後続に大きく差を付ける内容で世代の中で力を持っているのは確か。前走も3着には差を付けており、地力で勝れるか。

マカヒキ

前走は若駒Sで優勝。ここまで2戦2勝で負けなし。

リオンディーズとエアスピネルがキングカメハメハ産駒に対しこちらはディープインパクト産駒。

前走の若駒Sは直線だけでレースした格好。促されて徐々に前を捉えに行くと、残り100mで急加速。

脚質がリオンディーズと被る点は気になるものの、32.6秒の脚は本物。

前走でのレースがここでも出来ればここでも上位争いは可能でしょう。

その他

その他、2走前に朝日杯FSで7着に敗れたものの、前走をきっちりと勝ってきたタイセイサミット。札幌2歳Sでの勝ち以降は善戦続きも前走は大きく負けてしまったアドマイヤエイカン。少頭数ながら、前哨戦に相応しいメンバーが揃った。

注目馬

現時点で注目しているのはリオンディーズ。

新馬戦で距離2000mを経験しているのは大きい。

経験値が大事なこの3歳の時期に、距離克服というハンデがある以上はここでも上位で見ていけるでしょう。

2歳新馬戦の推奨馬がまた複数馬券圏内に!(PR)

毎週末に配信している2歳新馬戦情報。
先週も3頭の推奨馬のうち2頭が馬券圏内に好走しました!

コチラ↓が実際の配信内容です。

【LINE配信画像】

7日(日)中京5R◎マイラプソディ→1着!
7日(日)福島5Rゴールデンレシオ→3着!

夏場の2歳新馬戦だからこそ使えるLINE配信だと自信を持ってます。

今週は重賞は函館記念のみですが気合を入れて予想します!

馬主の函館記念週の情報を見に行く(毎週無料)

お友達登録はこちらから

※登録のタイミングでは、予想配信後となる場合があります。予めご了承ください。
※爆穴ブログやリッキーのLINE@ではありませんのでご注意ください。

スポンサーリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク