安田記念 2019 予想|最終見解はアーモンドアイを切って馬連ワイドで

クリック応援をよろしくお願いします!
 最強人気ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
リッキー
ご覧いただきありがとうございます。

東京5週連続G1開催もいよいよ安田記念で終わり。
ブログの更新をやり続けてきましたが、今年はスケジュールとの戦いでした。

まだ上半期は宝塚記念、そして可能なら帝王賞の追い切り考察と予想をと思っていますので、お疲れ様でしたというにはまだ早いかもしれませんが、個人的にはもうお疲れ様でした状態ですww

ですが、まだまだ安田記念が残っていますので、外れ続きではありますが懲りずに安田記念の予想を行っていきます。

考察の中心は、週半ばに更新した安田記念の追い切り考察から。

記事をご覧になってほしいところではありますが、お急ぎの方もいるかもしれませんので振り返りながら考察を行っておきます。

追い切りの振り返り

今年の安田記念の追い切りを見ると、アーモンドアイの調子が良さそうでした。
オススメ馬の1頭目に名前を挙げるくらい状態は良かったと思います。

ただし、1週前の時点ではやや疑問の残る追い切りを消化していました。
G1ですので、やはり1週前からの雰囲気はとても大事です。

その点、アーモンドアイは1回使うと反動が凄いらしく、馬体を戻すのに時間が掛かるのだとか。そのため、これだけ間隔を開けて大事に乗られています。

前日の段階で、単勝オッズは1.7倍。
人気の中心というよりも、ダノンプレミアムと分け合いながらも、軸はこちらだと思われていると判断していいのだと思います。
そして、3人気のアエロリットが14.1倍ですので、まさに2強の様相となっています。

少し話が脱線しましたが、追い切りのオススメ馬は以下の通りとしていました。

  • アーモンドアイ
  • モズアスコット
  • インディチャンプ
  • サクラアンプルール

このほかにも、選べなかったけれど、ダノンプレミアムもグァンチャーレもフィアーノロマーノの3頭も捨てがたいという内容となっていました。

今年の安田記念は、追い切り面からも難しいと感じてしまいます。

上記の4頭、+3頭の7頭が3着内を独占してくれれば、追い切り考察としては優秀とまでは言わないけれど、なかなか頑張ったと評価したいくらいです。結構悩みましたね。

もちろん、選んだ4頭が激走してくれるのがありがたいのですが。

1週前の段階の雰囲気はとっても大事。
その点で、今回のアーモンドアイは思い切って勝負しても面白いかなと思っています。

最終見解

アーモンドアイの連続勝利数を更新できるかどうかに注目が集まりますが、負けるならここだろうと思っています。
久々のマイルだし、後方追走まではいかないでしょうが、簡単にポジションをとってレースはできないものと思います。

当然、勝たれてしまうことも想定しておかなければなりませんが、今回は諦めて買うことも大事だと思います。

僕自身がそうですが、競馬の予想において、勝つ馬を見つける作業だと思っています。
軸にはするけど、2着3着の方が面白いというような買い方をしていません。
勝つ馬を見つけるのが競馬だと思っています。

アーモンドアイは負けると思っているので、この馬を逆転するならどの馬かというのを見つけていかなければなりません。

となると、今回の追い切りで注目したいのは、モズアスコット・インディチャンプ・サクラアンプルールの3頭でした。

馬連とワイドで勝負するか、もしくは単勝と複勝で勝負するかは迷いますが、狙うは穴馬ということで、今回の勝負は決めました。

予想

今回は、モズアスコットインディチャンプの2頭の馬連とワイドで勝負することにします。

まず、モズアスコットは昨年の安田記念の覇者。
前走は1.0秒離された7着ではあったものの、叩きの舞台だと判断していい内容でした。

今回は調子を上げてきたのと、このレースは基本的にリピーターレース。
安田記念独特のペースが存在し、それが前哨戦とは違う能力を求められるため前評判通りには決まらないし、リピーターレースとなり易いと見ることができます。

インディチャンプは、サイン馬でもありますが、今回は調子を上げてきた馬の中でも勝負度合いは高いと判断していいでしょう。

ノーザンF×シルクRですので、しっかりと仕上げているはず。
それが伝わる最終リハの様子でしたので、今回は選んで問題ないはずです。
馬場を見ると、まだ先行勢有利は変わらずで、この馬はしっかりと先行できる力を持ち合わせています。

ここは楽しみでしょう。

モズアスコットとインディチャンプの馬連とワイドで挑みます。
想定オッズは、馬連150倍前後、ワイド35倍前後を見込んでいます。

当たらないと意味がありませんが、夢膨らむ2頭。
狙いすぎかもしれませんが、連続開催で的中なしなので、ここでしっかりと馬券が当たってほしいと思っています。