フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから

安田記念 2018 予想|最終見解と馬連とワイドの2点勝負馬券!

2018/6/2/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

こんにちは、リッキーです。
いつもご覧いただきありがとうございます。

日本ダービーも終わり夏競馬手前まで差し掛かりました。再来週には函館競馬が開幕。
夏到来と言ったところです。
今日はそうでもないですが、九州などでは梅雨入り。暑さに加えてジメジメした季節となっていきます。

そうなると熱中症などには気を付けていきたい季節。
競馬場で脱水症状は避けたいです。お酒を飲むことが多いですが、アルコール飲料は水分と計算したらいけないそうです。
しっかりと水を飲んで、水分補給を心がけたいですね。

さて、安田記念の最終追い切り考察について行っています。馬連とワイドの2点で馬券勝負を行います。

安田記念の最終追い切りでは、スワーヴリチャードが豪快な追い切りを披露してくれていました。
その他にも、軽快な動きを見せていた馬もチェックしていますので、まだ見ていない方はご覧頂ければ幸いです。

安田記念 2018 最終追い切り評価|リチャード7F92.0秒と好時計をマーク
こんにちは、リッキーです。いつもご覧いただきありがとうございます。この記事では、安田記念の1週前追い切りと最終追い切り評価について記載しています。前走の追い切りから映像や時計をチェックして、今回の動きが上昇しているのか下降しているのかをチェックして...

安田記念の最終見解

安田記念は東京1600Mで行われるレース。
東京1600は基本的に内枠優勢ですが、外枠からでも差しは十分に決まります。

3角で坂を登って下ってと起伏があり、そのままのスピードで最終4コーナーへ突入するため、スプリント寄りの短距離適正というよりも、中距離を走れるスタミナを持っている馬が活躍するコースです。

同じく1ターンの他のマイル戦に比べて、中距離で活躍を見せる馬が好走を見せるのがこの東京マイル。
スピードは勿論、持久力が求められる特殊なコースと言ってしまってもいいでしょう。

東京1600で行われるG1は、NHKマイルCとVMと安田記念ですが、VMは前残りが頻発するレース。序盤から抑えたペースでレースが進みます。
その為、逃げ切りや先行馬が台頭してくるレース。

それに比べて、序盤からスピードが上がりやすい安田記念は、消耗戦となる年もあり、逃げ馬がどのくらいレースを引っ張るのかというのが鍵となります。

そう考えると、今年は逃げ馬らしい逃げ馬が不在のレースで、ペースは上がっていきそうにない。
勿論、アエロリットやレーヌミノル等、比較的先行していく馬がいるものの、どちらも明確に逃げたいというわけではないでしょう。

そのように考えると、ロゴタイプは逃げ切った16年の安田記念のように前々で決まることも十分に想定しておいていいでしょう。

それと近年の枠番別の成績は気にしておきたい。

近年は内よりの馬番が不振ということで、JRA公式のデータ分析にも書かれています。

過去4年のデータですので、どこまで通用するのかは未知数ですが、過去10年のデータを見ると以下の通りとなります。

枠番着別度数勝率連対率複勝率
1枠0- 2- 1-16/190.0%10.5%15.8%
2枠2- 1- 3-13/1910.5%15.8%31.6%
3枠2- 1- 1-15/1910.5%15.8%21.1%
4枠0- 0- 1-18/190.0%0.0%5.3%
5枠3- 1- 0-16/2015.0%20.0%20.0%
6枠0- 2- 2-16/200.0%10.0%20.0%
7枠2- 1- 1-23/277.4%11.1%14.8%
8枠1- 2- 1-25/293.4%10.3%13.8%

なぜか最内の1枠が未勝利で、上位人気馬も2着以下に敗れています。

今回のメンバーでは、スワーヴリチャードとサトノアレスの2頭のG1馬が入りました。
中でもスワーヴリチャードは断然の人気馬ですので、この傾向は歓迎できない材料と言えるのではないでしょうか。

ただ、東京マイルは持久力が求められる舞台。
中距離を走り切って成績を残している実績を考えれば適正はありそう。

ただ、包まれて自分のペースで競馬ができないなど、マイナス面は少なからずあるのではないかと見ています。

この辺をどういう風に決着を付けて、馬券を買うのかというのは気にしなければなりません。

安田記念の予想1頭目

1頭目に選んだのはペルシアンナイトとしました。

追い切りでは目標をここに絞ってきたかのような万全な状態。
大阪杯の披露などは特に感じず、しっかりと作られてきたと判断できる内容でした。

マイルCSでは斤量差があり、楽な競馬になったのも事実。
古馬となり、同じく斤量58kgを背負ってどこまでやるのかは未知数ではあるものの、57kgまでは問題なく走れていますし、480kg前後の馬体重から考えても斤量負けはしないでしょう。

春のマイルを決める1戦ですが、秋と春のマイルG1連勝を飾り、秋を迎えたいと考えているはずです。

安田記念の予想2頭目

2頭目に選んだのは、サングレーザーです。

追い切りでは【A】評価として、全体のまとめでも2番目にオススメした馬。
今回は外枠に配置されましたが、東京マイルは基本的に内外の差はあまり悲観視しなくて良いコース。

ダービーを制した福永騎手の勢いにも期待して、サングレーザーを選びました。

安田記念の予想まとめ

今年の安田記念は、ペルシアンナイトサングレーザーの2頭の馬連とワイドで勝負したいと思います。

馬連とワイドは1:10など、差を設けて買うのが理想です。
馬連を外してもワイドでフォローできるからです。

どちらも外したら被害が広がりますが、馬連で1本勝負するよりも、非常に楽しみが広がる買い方です。
(買い方は)お試しください😅😅

爆発的な稼ぎを生み出す有力馬情報満載。
手抜きなど有り得ない!油断も有り得ない!
UMAチャンネルは、あなたの特別でもなんでもないレースを、あなたの特別なレースへと変貌させてしまうほどのパワーを秘めています。
特別が増えてしまって、特別が普通になってしまうかもしれませんww

※※→無料のメルマガ登録はコチラ←※※

-競馬予想
-