安田記念 2018 サイン|プレゼンターは柳楽優弥。CMはオークスと同じ!?

いつもご覧いただきありがとうございます、リッキーです。

この記事では、安田記念のサインについて記載しています。

プレゼンターは柳楽優弥さん。日本ダービーに引き続きご来場されます。

CMはオークスと同じ内容で、最後のレース名が違うものが使われています。

ポスターは駄洒落を含ませた内容に、句読点の位置に疑問も。

その他、ヘッドライン情報などからも注目していきたいと思います。

プレゼンターは柳楽優弥さん

今年の安田記念のプレゼンターは、CMでお馴染みの柳楽優弥さんが登場。
今年の桜花賞以来の単独でのプレゼンターで、日本ダービーに引き続き2週連続でのプレゼンターとして登場です。

柳楽 優弥(やぎら ゆうや、1990年3月26日 – )は、日本の俳優。東京都東大和市出身。スターダストプロモーション所属。

Wikipedia

単独で柳楽優弥さんがプレゼンターを務めたのは、昨年の札幌記念と今年の桜花賞の2回。
その中で、勝ち馬の共通点として、植物の名前が入った馬が勝っているというのが共通点として挙げられます。

札幌記念では、サクラアンプルール。
桜花賞ではまで記憶に新しいアーモンドアイ。

植物の名前として挙げられるのは、リスグラシュー1頭のみ。
優雅な百合という意味から来ている名前です。

プレゼンター情報からは、リスグラシューへのサインが出ていると判断していいでしょう。

CMはオークスと同じ内容で、レース名だけが違う

「HOT HOLIDAYS!2018」~安田記念編~

[blogcard url=”https://bakuana.xyz/o-kusu-2018-sign/”][/blogcard]

オークスと同じ内容だけに、意味はないと考えるべきでしょう。

オークスではウインラナキラが走りませんでしたが、今回はウインガニオンがいます。
ウインガニオンへのサインが出ていると判断することもできますが、CMからのサインは出ていないと考える方が妥当です。

ポスターは柳楽優弥さんが東京競馬のスタンドの上に胡坐をかく


JRA umabi スクリーンショットから

このポスターを見たときに、ゴジラなどの東映映画のポスターを、どこか思い出してしまいました。
安田記念の文字も、どこかノスタルジーを覚えます。

また、ポスターの文字に注目。

『春の、マイル王になってまいろう。』

マイルG1は、安田記念とマイルCSの2つがありますので、春の、という意味では正解です。

ちなみに、昨年のマイルCSも柳楽優弥さんがマイルと書かれたTシャツを着ています。
そのときの言葉が「いざ、マイル王になって まいろう。」でした。
その時の言葉を引き継いでいると言えば引き継いでいます。

ただし、今回はわざわざ「春の」を強調するということは、『(マイルCS王者の)ペルシアンナイトは春の王になることはない』という暗示にも受け取ることが出来ます。

また、王と名指ししていますので、王の意味を含めるものを集めて見ると以下の通り。

  • スワーヴリチャード(リチャード1世)
  • レーヌミノル(馬名意味が女王)

この辺りがポスターからのサインと見ていいでしょう。

ヘッドラインは『最強と最速の真価は府中のマイルでこそ発揮される。』

安田記念のヘッドラインが公開されました。

今年の安田記念のヘッドラインは『最強と最速の真価は府中のマイルでこそ発揮される。』です。

府中のマイルでこそ発揮と書かれているので、マイルCSを勝ったペルシアンナイトはやはり勝てないという暗示か。

最強というフレーズからは、サトノアレスの(ギリシャ神話の戦の神)が該当。
ただし、アレスは基本的に戦の神と呼ばれていましたが、意外と負け戦も多く、最強とは程遠いか!?

府中のマイルでこそ発揮と指定しているので、東京マイルを優勝したことがあるメンバーという考えもできます。

そうなると、指名されるのは、

  • NHKMCを制したアエロリット
  • アルテミスSと東京新聞杯を制したリスグラシュー

東京マイルで実績を残しているのは、この2頭に絞られるので警戒は必要です。

ユラノト買えなかった雑魚wwwwwwww

今年のフェブラリーSが終わりました。
買ったのは断然の人気に応えた形の武豊騎手騎乗のインティでした。

2着にもゴールドドリームと堅い決着。馬連と馬単までの人は、この2頭さえ買っていれば的中となったわけです...。

しかし、問題は3連系の馬券を買った人で、3着のユラノトを買えたか買えなかったという部分。

  • 福永騎手を信頼できなかった。
  • 根岸Sの内容を評価しなかった
  • 8人気は買えない
  • 名前が弱そうww

切った人は色々な事情で買い目から消してしまったという人が多かったと思います。

僕はというと、意気揚々とフェブラリーSを終えることができましたが、某掲示板で面白ネタを探していると、『ユラノト買えなかった雑魚wwwwwwww』というスレが立っていました。

意外にも、買えない人が多かったんだなと思いました。

逆に、僕はなぜ買えたのかというと、≪利用者10万人の競馬指数「うまコラボ」
というサイトを参考にしていたからです。

\ フェブラリーS的中! /

うまとみらいとをチェックする

うまコラボは指数で結果を残し続けています

うまとみらいとは、説明がメンドイのですがww、自分が主に使っているのは『うまコラボ指数』というものです。
指数という名の通り指数を提供してくれています。

先週はフェブラリーSの指数が、そして今週は中山記念の指数が無料公開されるのですが、実は各競馬場の午前中のレースも無料で提供されています。

指数上位6頭には要注意、積極的に買いたいところなんですが、ちなみに、フェブラリーSの指数はこんな感じでした。

インティ 指数順位1位
ゴールドドリーム 指数順位5位
ユラノト 指数順位3位

ゴールドドリームが指数5位というのは驚きましたが、一方でユラノトを高く評価している指数が算出されていました。

これがあったらフェブラリーSを的中させることができたかもしれません。

ユラノトを買えずにフェブラリーSをハズシたあなた、今週の中山記念はうまコラボ指数を使って、的中を導き出しましょう!

\ 指数と言えばコラボ指数 /

無料会員登録を行って無料指数をチェックする

メールマガジンに登録するだけで指数を見ることができます