【安田記念2016最終予想】馬連とワイドの2点勝負

こんにちは、リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

安田記念の見解と最終予想ついて書いています。

マイル王を決めるレースではあるものの、今年は12頭立てと少ないですが、マイルの絶対的王者のモーリスやドバイターフで優勝したリアルスティールと海外G1を勝った2頭が出走してきました。

メンバーは少ないですが、見所の多いレースになる事は間違いありません。

しっかりと追い切りをチェックしましたので、予想へと繋げていきたいと思います。

予想

いつも参考にしているKLAN様のデータをチェックしてから、予想の2頭をみていきたいと思います。無料で使えるのでお薦めです。

まずは枠順の傾向から。過去10年のデータを確認すると、2枠の複勝率が35%と好成績を残しています。

ただ、今年は少頭数で行われるため、殆どがフルゲート開催だった年と比べるとどうなのかは分かりませんが、それでも全般的には内枠が好走していると言えるでしょう。

また、意外と高齢馬が活躍しているレースで、これまでにも5歳から7歳までで決まったレースが6回もあり、逆に4歳馬が苦戦しています。

それだけ層が厚いと言えるのかもしれませんが、古馬の壁に跳ね返されているとも言えると思います。

その辺りにも注視して、予想を行っていきます。

1頭目ダノンシャーク

1頭目にはダノンシャークを選択。追い切りでも元気一杯のところを見せています。

8歳馬の活躍がこれまでないのですが、追い切りでも年齢を感じさせるものはありませんでした。

内枠には入れたことで、更に好走出来る条件は整ったと言える。

2頭目にはサトノアラジン

モーリスが馬券外に飛ぶというのは仮定しづらいのですが、やはり海外帰りから府中に缶詰にされストレスの掛かりやすい状態であるのは間違いありません。

順調ではない追い切りですし、連続G1で5連勝を収められるほど前走国内組も甘くはないと思っています。

その筆頭とも言えるのはサトノアラジン。

ただ、人気し過ぎているという見方もでき、積極的に買えるだけの材料は乏しいかなと思う。それでも4走前のマイルCSではモーリスに0.2秒差までに迫ったところをみると、今回こそと思いはあるはず。

京都よりも東京の方が成績が良いところを見ると、今回の方が勝負度合いは高いとみていいのではないか。

最後に

今回は、ダノンシャークとサトノアラジンの2頭の馬連とワイドで勝負したいと思います。

想定馬連オッズは110倍前後、ワイドは25倍前後を見込んでいます。

安田記念を当てて、6月は波に乗っていきたい。

先週の東京新聞杯は驚異の7847.5%達成!

重賞的中実績が凄い!
ここまで重賞は12鞍開催されましたがこの内11鞍を的中しています!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

★2月の重賞的中実績

◆2/9東京新聞杯
「3連単16点」4→6→5人気の決着。
1255.6倍×600円=753,360円7847.5%

◆2/2根岸S
「3連単24点」3→1→9人気の決着。
692.7倍×300円=207,810円2886.2%

◆2/2シルクロードS
「3連単16点」3→6→8人気の決着。
1058.6倍×500円=529,300円6616.2%

━━━━━━━━━━━━━━━━━

★1月の重賞的中実績

3連単もしくは3連複の6~24点での攻略はさすがですね!
今後も重賞特化予想『EMINENT-エミネント-』は要注目です!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ここでは当週開催重賞予想が無料配信されます。今回は共同通信杯の予想が出てきます!

重賞も絶好調ですが無料予想の方も調子が良くシルクロードS、AJCCと直近で的中しています。2鞍の買い目配信画像はコチラ

ここのアツい予想は見ておいて損はないと思います!僕はもうトリコになっているサイトです。

\メールアドレスを登録するだけ/

無料の会員登録はコチラ

/簡単登録で利用できます\