【安田記念2016最終追い切り】5段階評価とお薦め馬

こんばんは、リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

この記事では、安田記念の最終追い切りタイムと5段階評価について書いていきたいと思います。

メイショウマンボが回避することで更に出走頭数が減りましたが、しっかりとその他のメンバーをチェックして的中できるように頑張りたいと思います。

関連:【安田記念2016一週前追い切り】5段階評価とお薦め馬|「爆穴」〜的中率が低くても回収率で勝負するブログ

追い切り考察

評価は【S/A/B/C/D】の5段階評価です。評価についてはコチラをご覧ください。

イスラボニータ【B】

6月1日(水)美浦 南W(稍重)【5F65.9-50.8-37.6-1F12.0】

3頭併せ内末強め併入。脚色はイスラボニータの方があったものの、実質的にはクビ差程遅れた格好。それでも最後は12.0秒の脚を使っている点は評価。直線向いたところでは4馬身程の差があったのを詰め寄ったと考えると状態はさほど悪くはないでしょう。

クラレント【B】

6月1日(水)栗東 坂路(良)【52.7-38.4-25.4-12.7】

2頭併せ強め併入。レッドアリオンとの併せ馬。状態は悪くはないと思います。全体も52.7秒で走れています。レッドアリオンのところで詳しく書きますが、アリオンは持ったままの楽々での併入でしたので見た目的には悪いですね。年齢も考えると幾分ズブさが目立つようになりました。それでも現状の状態としてはいいところにあると思います。

サトノアラジン【B】

6月1日(水)栗東 CW(良)【7F98.5-81.6-66.2-51.6-37.2-1F11.8】

3頭併せ内末強め1頭1馬身先着、1頭3馬身程先着。迫力ある仕上がりで好感が持てる。前走はいつ重賞を勝ってもおかしくないと思うと書いた通り京王杯SCを勝利。今回の追い切りでも具合の良さを感じさせるものでした。一杯に追われた僚馬を楽に突き放していますので、仕上がりは申し分ないでしょう。

ダノンシャーク【A-B】

6月5日(水)栗東 坂路(良)【52.6-38.3-24.5-12.2】

2頭併せ馬なり2馬身先着。僚馬は3歳未勝利馬なので内容はあまり強調出来ないものの、相手は一杯に追われた中で馬なりでの先着は好感が持てる。8歳を迎えたものの衰えた印象は無く、1週前の内容から考えても今回は上昇度を感じる内容だったと言えるでしょう。

ディサイファ【B】

6月1日(水)美浦 坂路(良)【53.7-39.4-26.6-13.7】

単走一杯。一生懸命に走っているものの動きが悪く感じました。1週前に上昇していると判断したものの、真っ直ぐに走れていなかった点が最終になって時計としても出て来てしまった感じになりました。1週前の追い切りではよく感じましたが、最終を観た感じだと前走から状態キープ程度で見ておくべきでは。

フィエロ【B】

6月1日(水)栗東 坂路(良)【51.6-37.0-24.0-12.2】

2頭併せ末一杯併入。綺麗な加速ラップは刻めなかったものの、状態としてはそこまで悪くは映りませんでした。ただし、1週前と最終と加速ラップを刻めていないのはマイルCSの時とは違っていて、その点は不安に映るものの、前走は坂路は調整程度しか使っていませんでしたが、坂路中心に追い切ったのはマイルcsの時と同じような調整方法。加速ラップが刻めていないというのが成績にどう響くのか気になります。

リアルスティール【A-B】

6月1日(水)栗東 坂路(良)【50.8-36.6-23.8-12.0】

2頭併せ強め1馬身先着。時計などは2走前(国内での前走)の中山記念と比べると破格の時計。それでも最後は馬なりの僚馬ラングレーと1馬身しか変わらず時計が出やすい馬場を考慮すると、状態としてはまずまずといったところ。最終追い切りでは本番のテンションを意識してか馬なりでの調整が多いのに対し、今回はある程度強めに追った点が前向きに出れば。※評価は中山記念と比べて。

レッドアリオン【A】

6月1日(水)栗東 坂路(良)【52.7-38.2-25.5-12.8】

2頭併せ馬なり併入。僚馬は上でも書いたようにクラレント。クラレントは強めに追われる中で、アリオンは楽々と併入に持ち込んでいます。調子が悪い時は決まってフラフラと左右に小刻みに寄れたりするんですが、しっかりと前を向いて走れているのは好感が持てる。1週前の評価はB評価としていましたが、今回の方が仕上がりは良好です。

ロゴタイプ【B】

6月1日(水)美浦 南W(稍重)【6F87.7-71.3-55.5-40.4-1F14.5】

単走馬なり。ここまで2週に渡って強めの調教だったので最後は極めて軽く流した程度。ただ、ロゴタイプは最後に馬なりで本番に向かうと凡走する事も多く、ダービー卿CTの時のように最後までしっかりと追った方が良かったのではないかと疑問に思う最終リハの様子でした。

ロサギガンティア【B】

6月1日(水)美浦 南W(稍重)【5F68.8-52.4-38.3-1F12.9】

3頭併せ内馬なり併入。サトノギャラントとアヴニールマルシェとの併せ馬。外を回るアヴニールマルシェと真ん中を走るサトノギャラントを目標に、それぞれ4馬身と2馬身先行させたところから直線へ。最後は余力たっぷりに併入していますので、状態としては可もなくかといって不可もなくという状況だと言えるでしょう。

木曜追い切り

コンテントメント

6月2日(木)東京 ダート(良)【3F42.5-1F13.9】

単走末強め。最後は強めに追われた内容でした。もう少し首が上手に使えた方がいいのかなと思う反面、この馬の特徴が一切分かりませんので考察的なことは言えませんが、輸送での疲労などは感じさせないものでした。

モーリス

6月2日(木)東京 芝(良)【5F66.7-51.7-37.2-1F11.8】

単走馬なり。特に追い切りを見ている限り太目感などもなく、逆に細いという印象もなく状態は良さそう。最後も馬なりではあったものの11.8秒出ているので状態はいいのかなと思います。これまでまの国内のレース前の追い切りと比べる事ができないので評価はできませんが、走れる状態はある程度のところで完成されているのかなと思います。

お薦め馬

今回、中間と最終とみてきて、上昇気配を感じさせるのはダノンシャークリアルスティールレッドアリオンの3頭でした。

中でもレッドアリオンの雰囲気はとても良かったと思います。

ダノンシャークも一時の不振から脱したかのように動きが軽快で目を引きました。

その他、B評価ながらサトノアラジンは豪快な動きで良かったですね。

この辺りは好走度合いは高いとみています。

出た!土曜日3連単476.780円馬券!

毎週土日6鞍ずつ計12鞍配信の「利益直結馬」

今週も土曜日に3連単476,780円馬券を早速当ててました!

阪神10R芦屋川特別で、本命に10番キャスパリーグ(4人気)を本命指名。
1着に12人気のブリッツアウェイが入り、本命のキャスパリーグが2着、3着にこれまた穴馬14番ワールドフォーラブが入りました。

日曜日は的中RUSH!純増8枚のRe●ロをも超える時短でしたよww


情報を参考に、3連単は難しくても馬連に変更して購入された方やワイドで大穴を狙われた方、おめでとうございます!!

無料情報の中では、阪神ジャンプSや中山11RレインボーSの3連単も見事に的中していましたよ!参考にされた方、今夜はズバリお肉ですね!

9月16日(月祝)の利益直結馬も既に更新されていました。『今週の利益直結馬』を、無料登録後にご覧ください。メールアドレスを登録するだけの簡単操作でご覧になれます。

大体、利益本命馬が1頭、利益相手馬に4頭、利益穴馬に3頭から4頭が選ばれています。そんだけ選べば当たるさ!と思われる方は合わないと思うのでチェックすらしなくていいと思います。

なんだか面白そうな企画があるんだなと思われる方は、毎週無料で更新されるコンテンツなので、今週の利益直結馬をぜひチェックしてください。

無料の会員登録はコチラから

メールアドレスのみご用意ください