フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから

【ヴィクトリアマイル2016サイン】CMなし&プレゼンターなし

2016/5/11/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

こんばんは、リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

この記事では、ヴィクトリアマイルのサインについて記載したいと思います。

今回のヴィクトリアマイルはなんと、CMなしに加えてプレゼンターがいないというダブルのないない状態。

サインに繋がりそうなものと言えばポスターとなりそうですが、昨年のストレイトガールのゴール前の写真に、全体が赤色となっています。

ただし、これは桜花賞や皐月賞の時からずっと同じ構図で作られており、特にこれと言ったサインも見当たりません。

これは非常に困りました... ><;

そこで、木曜日に発表されるキャッチコピーから見つけていきたいと思います。発表されましたら更新いたしますが、今暫くお待ちください。

なお、直近のニュースからは、やはりベッキーの復帰と川谷の離婚問題なんていうのは話題になっていますね。金スマに極秘復帰をしていたらしいのですが、放映日時が未定となっているそうです。

一応は4月30日に茨城県内で撮影済みだとか。

また、舛添都知事の会議費での家族旅行問題などもありましたね。

この辺りはサインに繋がりそうかなと思いますが、ここで映画に関する話題を。

映画「ヴィクトリア」が5月7日(土)からロードショー

映画『ヴィクトリア』(PG12)が5月7日より公開されました。

ドイツ映画賞6冠を達成しての日本公開となりました。

「全編140分 ワンカットの衝撃」

ということで、一度もカットがかからずに撮影されたということなんでしょうか...それだと大変だったことでしょう。

公開自体は先週でしたが、サインに繋がれば面白いなと思って見つけてきました。

ワンカットということですから、1を切るという見方も...出来ないな(笑)

んー、今週のサインを見つけるのは大変そうです。

VMのキャッチコピー「憧れの春を謳歌、弛まぬ向上心が永遠の輝きを生む。」

JRAからキャッチコピーが発表されていました。

憧れの春を謳歌、弛まぬ向上心が永遠の輝きを生む。

「憧れの春を謳歌」

「憧れの春」を謳歌=桜花とみる事ができ、憧れの桜花賞ということも見る事ができます。そこから弛まぬ向上心が永遠の輝きを生むわけですから、桜花賞を勝っていない馬ということになります。

ここで1パターン目としては、桜花賞に出走したけれど桜花賞馬になれなかったとみるべきか。

それとも2パターン目としては、桜花賞を目指していたんだけれど叶わず憧れで終わってしまったのか...。

ちなみに謳歌とは「声を合わせて歌うこと。また、その歌。」という意味もあります。バッチリな名前を発見!

シングウィズジョイ

馬名の意味は「楽しそうに歌う」です。

.

..

...

......

回避!!

ますます難しくなりました><; ただ、永遠の輝きから連想できるのは、クイーンズリングのリング。

エンゲージリングやマリッジリングなど、リングは始めと終わりがないことから永遠を表すと言われていて、そこから結婚の象徴ともされています。

クイーンズリング自体は桜花賞に出走し4着。上記のパターンではパターン1の桜花賞に出走したけれど桜花賞馬になれなかったということになります。

そして輝く繋がりだと、カフェブリリアント。馬名の意味が「冠名+光り輝く。勝利の栄光に輝けるよう」となっています。

この馬は3歳の春は全休となっていて、こちらはパターン2に当てはまります。

そして、馬名だともう1頭、レッドリヴェール

こちらは「冠名+夢見る人(仏)。華やかな舞台を夢見て」という馬名で、夢見るというのは憧れという見方もできます。

上記の3頭は怪しいなぁと思うんですが、これと言って難しいなぁと思います。

消化しきれていない感じもありますが、上記の3頭には要警戒!?と言えるでしょうか...。今回は本当に自信のないサイン考察となりました...。

これまでのデータは、漠然と切る馬は見つけられても、勝つ馬を見つけるのは大変な作業でした。
結局、データで残ったのは有力視されている馬ばかりということも少なくありません。

そんな常識を覆す、全く新しい異次元の競馬データが公開されましたのでご紹介します。
まだ使ったことがない方は、オススメのサイトですのでご利用されてください。

この新しい指数サイトうまコラボを使うことで、あなたは以下のことが可能になります。


1.予想する必要は一切ない
2.1レースの買い目を、たった1分で出すことができる
3.点数は36点~60点(3連単の場合)
4.3連単が3回に1回的中させる事ができる
5.その結果、猛烈なスピードで競馬収支が上がる
6.今夜の晩御飯が豪華になる!


10回に1回的中すれば良い方と言われてる三連単が、手間なく少点数で3回に1回的中
3連単が3回に1回的中というのは凄いことです。

「当たらない・・・イライラする・・・。」
そんなこれまでの競馬は一瞬で過去の話になります。
これまで感じていた悩みから解放されるに違いありません。

<うまコラボの利用方法>
すべての方、登録無料をお済ませ下さい。
■無料会員:各競馬場の前半戦6Rまで指数見放題+対象重賞予想
■有料会員:各競馬場の12Rまでの指数見放題(有料へ申込の方のみ)

無料会員でも、1日のうち数レース分の指数が見れます。
有料会員を選択する前に、まずは無料会員でお試しください!

以下のリンクからお進みいただき、メールアドレスを登録して下さい。仮登録メールが送られてきますので、メール内記載のURLをクリックすると、無料会員登録が完了します。

\\ メールアドレスを登録のみ //

さぁ無料ではじめましょう

// 無料で登録OK \\

-考察
-

こちらも読まれています

1
お小遣いの範囲で競馬をやっているなら、そのお小遣いを増やすためにやるべきたった1つのこと

爆穴ブログ管理人のリッキーも使ってます。ポイントサイトを使ってポイントをキャッシュバック。自己アフィリエイトで数万円ならスグに稼げます。節約に興味がある方、自己アフィリエイトに興味がある方には、ぜひ。

オススメの競馬ゲームアプリランキング‼

ダービースタリオンマスターズ

『ダビマス』の愛称でお馴染み!
シリーズ累計900万本の『ダービースタリオン』のスマートフォンアプリ。

リッキーは、3DS版「ダビスタGOLD」も楽しみましたが、3DS版では廃止されていた『ブリーダーズカップ』がダビマスでは復活!

ゲームを簡単に説明すると、『プレイヤーがオーナーブリーダーとなり、競走馬を生産・育成し、レースに出走して重賞タイトルや賞金を獲得して、最強馬を作る競走馬育成シミュレーションゲーム』です。
ホント、超簡単にですけど。

実名のG1レースや名馬の登場はもちろん、臨場感あふれるレース展開も健在です。
やはり血統に詳しくなれる手がかりになるのが競馬育成ゲームです。
ダビスタから血統を勉強を始めたという方も多くいると聞きます。

スキマ時間でもサクサク遊べるテンポ感で、ちょっとした移動時間の暇つぶしでも楽しめちゃう。
だから、ゲームをする時間がない...と躊躇うことはありません。

あなたのスマホで、競馬にまつわる全てのことが理解できる!?

ダービーインパクト

「ヴァルキリーコネクト」や「ダークサマナー」などを手掛けるエイチームが作成した競馬育成シミュレーションゲーム『ダービーインパクト』
こちらは『ダビパク』の愛称でお馴染みです。
リリースから2週間で40万ダウンロードを突破と、話題性も豊富なアプリ。

現在、初コラボイベントを開催中!(2018年2月9日(金)12:59まで)
あの『島耕作』が馬主となって競馬界を躍進!ライバル会社の日本ダービー制覇を阻止するというイベントミッションが行われています。
イベント攻略でSSランク繁殖牝馬『スカーレットブーケ』やSSランク限定種牡馬『ソムサンズクライ』(根性SS・スピードS+・スタミナS+・気性S+)を手に入れることができます。

期間中(2018年2月9日(金)12:59まで)にログインいただいたオーナー様全員に、1回限定でSランク再現幼駒ダイワスカーレット、ドリームチャンス種抽選券×10をプレゼント。ぜひお受け取りください。

フル3Dグラフィックでレースシーンを再現。また、騎手・馬・競馬場・レース全て実名を使用している点も違和感なく楽しめます。

5分に1度開催されるVSレースで、全国のユーザーさんと楽しめるのが最大のウリです。
イベントの数も多いので、飽きが来ないのが良いですね。

あと、初心者にはもってこいです。他アプリのマイナスな部分は書きづらいですが、『ダビマス』に比べると難易度が低く、非課金勢にも優しく作られています。
初心者プレゼントもありますので、最初から楽しめるのが良いところです。
勿論、上を目指すのであれば、課金はある程度必要になりますけど...。どのアプリも同じですね。笑

課金をバンバンということであれば『ダビマス』、課金はしたくないのであれば『ダビパク』という始め方でもいいかもしれません。

著作権表記:©弘兼憲史/講談社