【東京新聞杯2016最終予想】東京巧者を意識して2頭を選択

クリック応援をよろしくお願いします!
 最強人気ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ

おはようございます、リッキーです^^ 引き続き、東京新聞杯の予想を更新していきたいと思います。

ヴィクトリアMや安田記念を目指す馬が出走してきたというようなメンバー構成の東京新聞杯。

安田記念には直結しないレースという印象ではあるものの、東京コースでの実績がそのまま反映されているようなメンバーが優勝しています。

昨年の優勝馬ヴァンセンヌは、その前に東京マイルの条件戦を優勝、東京新聞杯後は京王杯SCで2着、安田記念2着と、東京コースで強さを発揮した1頭でした。

一昨年の優勝馬ホエールキャプチャは、ヴィクトリアマイルを制するなど、東京巧者と言われていた1頭。東京新聞杯では8番人気の低評価をひっくり返す優勝を見せました。

3年前の優勝馬クラレントは、NHKマイルCで3着に入ると、その秋に行われた富士Sで優勝し、東京新聞杯を制覇。その後もエプソムCを優勝したり毎日王冠で3着に入ったりと、東京コースで強さを発揮する1頭でした。

この3年の流れを見ても、東京コースを上手く立ち回る馬が、ここでも例外なく勝っていると言える結果を残しています。

その点も考慮しながら組み立てていきたいと思います。

予想

いつものように馬連とワイドで勝負していきたいと思います。

1頭目

1頭目にお薦めしたいのはダノンプラチナ

東京新聞杯の追い切り記事では、テイエムタイホー、マイネルラウアート、スマートレイアーの3頭をお勧めしていましたが、今回は東京での立ち回りも考慮に入れて組み立てたいと思います。

ダノンプラチナは昨年秋に富士Sを勝利。その前には未勝利戦とベゴニア賞の条件戦を勝ち切るなど、東京を得意としている1頭。

追い切り自体は、富士Sと比べると若干の疑問を感じるものの、コースとの相性であっさりということも想定できますし、メンバーを見てもそこまで強い馬が出走してきたという感じはありません。

好走は十分に出来ると思いますので、1頭目で勝負したいと思います。

2頭目

2頭目にお薦めしたいのはスマートレイアー

3番手評価だった追い切りですが、筆頭に挙げたテイエムタイホーは東京コースの経験不足。

2番手に挙げたマイネルアウラートも、条件戦の勝ちあがりは東京でもあるものの、連対率も低く強くは推せない1頭です。

となると、ある程度の成績を残しているスマートレイアーを選択する方がここは良さそうと判断。

東京での実績を考慮して考えると、ここで好走を見せて、VMでは弱さを見せる1頭だけに買わないというのがこの馬の買い方かなと思っています。

最後に

ダノンプラチナとスマートレイアーの馬連とワイドで勝負したいと思います。

こちらもあまりオッズは付かないかなと思いますが、きさらぎ賞の予想も含めて、本日は勝負度合いは少ないかなと思います。

今日のメイン前に勝負するレースを見つけて、重賞の2つのレースは観戦程度に留めておく方が良さそうな1日となるのではないと思います。

1週獲得平均60万円以上の実力は凄かった!

日本ダービーの買い目の公開が決まっている『金の鞍』さん。

1週獲得平均60万円以上と豪快な言葉が躍るサイト。達成率58%は多いのか少ないのかわかりませんが、モノは試しだと思って体験してみました。

5月18日(土)
東京4Rワイド 17→1.7.14
ワイド1-17
560円×10,000
56,000円的中はお見事ですが...。もう1つが凄い。

ワイド14-17
1,890円×10,000
189,000円は本当にびっくりして心臓が痛くなりましたww

土曜日の無料予想だけで、245,000円的中とはさすがとしか言いようがない。

買わなくてはいけない馬と買わなくいい馬を選んでくれるから、すっかりと虜になってしまいました。

何よりも利益を出すから感じる信頼。積み上げた実績が、さらなる利益を生む。

何を言ってるんだって思うだろ?だけど、これが本当なんだ。

無料で得られる情報もしっかりと提供されているので、しっかりとそれを使って、金の鞍の実力を試して欲しいと思います。

\\0円登録//

無料の会員登録はこちら

メールアドレスを登録するだけ。

LINE@はじめました

爆穴ブログのLINE@を開設しました。

正直、勢いで始めたので何をするのかはまだ決めていません。他の競馬ブロガーさんに比べるとコンテンツは乏しいのが現状です...。

それでもいいよという方、登録をお待ちしております!

下の画像をタップするか、QRコードを読み込んでご登録お待ちしております!

爆穴ブログLINE@登録画像
スポンサーリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク