フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから

東京新聞杯 2017 予想|内枠のブラックスピネルは上積みある調教を消化していたので。

2017/2/4/

こんばんは!
爆穴ブログの管理人のリッキーです。

この記事では、東京新聞杯の予想について書いています。

本日の午後にきさらぎ賞の予想を公開しましたが、きさらぎ賞は8頭立てのレースでした。
この東京新聞杯も10頭立てと寂しいレースとなりましたね。

少頭数の場合は、枠の有利不利の差が小さい点、内で包まれたり差し追い込み馬の前が壁になっても、なんとか抜け出せるので、
追い切りなどでの完成度が大事になってくると感じます。

追い切りを中心に考察・予想している人間からすと、ここはなんとしても当てたいところです。

それでは予想を行っていきます。

東京新聞杯の最終見解

東京新聞杯は東京1600Mが舞台。

スタートから最初のコーナーまで530Mの直線がいきなり待ち受けるため、ペースが上がりやすいのが特徴です。
さらに、コーナー部分で下り坂を超えるため、そのままのスピードを保って進入していくため息が入らないコース形態をしています。
最後の直線は525.9Mで、マイル戦独特のスピードもが要求されるものの、上記の通り最後は息が入らないことでスタミナが要求されるコースとなっています。

要は、豊富なスタミナとスピードが要求されるコースである、ということになります。

東京マイルは中距離馬が強いと言われるのも頷けますね。


東京マイルは中距離をこなせるスタミナとスピードが必要。


スムーズなレース運びが必要となるコースですが、最初の直線が長いことで枠の有利不利はあまり考えなくても良いのが特徴です。

ただし、内枠は多頭数で包まれてしまい前に蓋ができてしまう。
外枠は、外を回ることになるので、よりスタミナが求められることで、不利になっていると言えます。

中枠の成績が僅かに良い点は覚えておくべき傾向です。

東京新聞杯も例外ではなく、このレースの過去10年のデータを見ると、1枠2枠は不振で、7枠8枠も不振。
一方で、3枠は4勝2着2回の6連対、4枠は3勝を挙げています。


枠は内過ぎず、外過ぎず。


最終予想は馬連とワイドの2点勝負

1頭目は追い切りで高評価した馬を

1頭目に選択するのは、ブラックスピネルにします。

2枠というのは微妙で、上記に書いたデータの未勝利という部分はどうしても引っ掛かります。

ただ、連対率は2番目に高く、17.6%の枠となっています。

そこだけを見ると、決して悪くないと思います。

追い切りでは上昇気配を感じる好内容。

富士Sでは敗れた舞台ですが、調整が上手く行った前走と比べてもさらに良くなっているのであれば、積極的に狙いたい1頭です。

2頭目には伏兵馬のあの馬

上昇気配を見せていたヤングマンパワーは大外配置となり、10頭立てとは言え、さすがに手が出しづらいのが本音。
ロイカバードも同じく8枠で、有力馬と目されている2頭が8枠に入ったことで、2頭目は内枠の追い切り好調馬から選びたいと思います。

2頭目に選んだのはブラックムーンとします。

3頭併せの内容も、実質的には2頭併せとなりましたが、しっかりと負荷は掛けられています。

もう少し綺麗な上昇曲線を描いていることが伝わってくれば良かったのですが、今回の最終の動きを見ただけで、前走に比べると今回の方がいいでしょう。

ただ、前走からいきなりここでの勝ち星と考えるとなかなか難しいかもしれません。

それでも2着3着は十分に考えられると感じています。

まとめ

今回は馬連とワイドでの勝負とします。
馬連とワイドの買い目は1:10がオススメです。

ブラックスピネルとブラックムーンの2頭に頑張っていただきましょう。

長距離で予想材料が乏しい天皇賞春こそ、プロ予想家にまず聞いてみよう。

1.週末の無料買い目はいつも楽しみ

【最新的中実績】

竹下かおり監修レープロ、天皇賞春週無料予想は以下をクリック

【公式】レープロの詳しい情報はコチラから

2.元調教助手 田端正照氏重賞無料公開予定

【最新的中実績】

田端正照の重賞無料予想はメールアドレスのみで受取可能!

【公式】シンジゲートの詳しい情報はコチラから

レープロ・シンジゲートの2つは頼もしい情報を与えてくれますので、まずは登録されて得られる情報を増やしてみて下さい。

-競馬予想
-