東京大賞典 2019 追い切り評価予想|ゴールドドリーム51.4秒で駆け抜ける

東京大賞典の追い切り考察を行いました。JRA所属馬のみと考察となりますが、もしよろしければご覧ください。

ホープフルSは土曜日開催だったので、スケジュール的に間に合いませんでした。

東京大賞典はJRAの出走馬分しか考察することができませんが、頭数も少ないこともあって終えることができましたのでまとめておきます。

地方交流は情報も少ないので、皆様の参考になれば幸いです。

東京大賞典の追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

オメガパフューム【B】

12月25日(水)栗東 坂路(良)
【52.2-38.1-25.2-12.8】

単走強め。

しっかりと動けていますので、問題はないと思います。

末の時計が物足りなさが気になりますが、映像からは特に気にはなりませんでした。概ね悪くはないと思います。

前走の方がデキが良さそうな雰囲気は感じますが、キープは出来ていると思います。

ケイティブレイブ【B】

12月25日(水)栗東 坂路(良)
【54.4-39.8-25.8-12.7】

単走強め。

少し首が立っていますが、概ね悪くはないと感じます。

前走の時計しか分かりませんのでなんとも言えませんが、デキは平行線までと考えていいのではないでしょうか。

ローテーション的には少々微妙ではありますが、仕上がり自体は悪くはないレベルではないかと思います。

ゴールドドリーム【B】

12月25日(水)栗東 坂路(良)
【51.4-37.5-24.3-12.1】

単走強め。

いつも通り活気のある走りをしています。

時計も概ね悪くはなく、しっかりと重心を落として走れています。

秋3戦目となりますが、疲労などは感じなくていいでしょう。

欲を言えば、もう少し踏み込みが強い方が調子は良さそうかなと思います。許容範囲だとは思いますが。

サノサマー【B】

12月25日(水)美浦 南W(良)
【5F70.1-54.5-40.4-1F12.7】

単走強め。

集中力の高い走りをしていました。

この馬の過去の追い切り映像がありませんので考察が難しいです。

追い切り時計は、この程度から少し良かったようにも感じます。

ただ、今回のメンバーではさすがに厳しいのではないかと思います。

ロンドンタウン【B】

12月25日(水)栗東 CW(良)
【6F79.2-63.4-51.0-39.4-1F14.2】

単走強め。

末の時計を考えると、物足りなさがありますが、全体時計は良かったです。さすがに最後はバテたということで考えていいでしょう。

走りの雰囲気は悪くはないので、これでも前走程度には動けるものではないかと思います。

近走の成績は悪くはないとは思いますが、ここで勝ちきるには荷が重たいのではないでしょうか。

追い切りまとめと予想

今回は5頭の追い切りをチェックしていきました。

今回の追い切りでは、上昇気配を示した馬は不在でした。もう少しきっちりと仕上げてくると思っていましたが、状態キープ程度までとなってしまいました。

東京大賞典を考えると、少し寂しいレベルでの内容となるのではないかと思ってしまいます。

さて、最終リハの様子を見ると、今回オススメしたいのはゴールドドリームです。

昨年の2着の実績を考えると、この時期の大井は気にしなくていいと思います。

追い切りも動けていますので、このまま狙うのがベストでしょう。

次点でオススメするのは、オメガパフュームです。

ということで、堅い決着となりそうなレースとなりました。

穴馬の存在は、JRA馬の中ではないのでは。ケイティブレイブが怖い存在ではあるものの、追い切りを見る限りではパッとせずの内容でした。

その為、今回はゴールドドリームとオメガパフュームの2頭の馬連とワイドで勝負したいと思います。

いつも以上に堅い結果となりそうですので、少し厚めに入れたいと思います!

以上、東京大賞典の予想をお伝えしました。

2020年だからこそ指数にチャレンジ!

”今年も好調期待”
◇コラボ指数◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
20年1月重賞
指数無料公開
ーーーーー
京都金杯
シンザン記念
日経新春杯
アメリカJCC
ーーーーー

無料公開指数上位的中レース
↓ ↓ ↓ ↓
阪神JF、有馬記念、ホープフル
ARG共和国杯、マイルCS、ジャパンC
毎日王冠、菊花賞、天皇賞
神戸新聞杯、スプリンターズ

好調は続くはずです。
指数上位6頭まで絞り込んでくれます。
各会場1~6Rも無料公開

\ 1分で登録完了! /

無料で会員登録をする

多くの方が登録しています