東京大賞典 2016 確定した出走表と有力馬考察|コパノリッキーは戸崎騎手

シェアする

ブログランキングに参加中です。

励みになります。もしよろしければ、1日1クリックの応援をよろしくお願いします。

  • 競馬ランキング
  • にほんブログ村 競馬ブログへ

こんばんは、リッキーです^^

今週もご覧いただきありがとうございます。

東京大賞典の考察に行く前に、有馬記念の振り返りから。

勝ったのはサトノダイヤモンドでした。

ゴール前の3頭の叩き合いは、近年稀に見る混戦、良いレースだったと思います。

私の中では圧勝して終えたディープインパクトやオルフェーヴルの引退レースも感動はしますが、ジェンティルドンナが接戦を抜け出したり、今回のように有力どころが勝ちに行くレースをしてくるのは本当に面白いですね。

着を狙いにいくのではなく、どう負かしにいくか。

競馬の醍醐味を思い出させてくれる有馬記念だったと思います。

里見オーナーは3週連続G1勝利という偉業とも言える内容で今年のJRA開催が終わりました。

今年の世相を表すとはよく言ったもので、後半の流れを最後の有馬記念でも見せつけた内容でした。

予想では、メイチ漂うミッキークイーンを選択。

今回は濃霧の中難しい予想となりましたが、さすがに2頭を選べる状況ではなかったので単勝と複勝で勝負。

有馬記念は毎年ポイントサイトで貯めたポイントを換金して軍資金にプラスして使うので、今回は多めの資金をつぎ込んでいつもの割合で勝負するも結果は5着と奮わず。

また来年1年間ポイントをちまちまと貯めて、来年こそは大きな配当をまた得ることができれば嬉しいですね。

有馬記念が終わって、いよいよ年の瀬。

それでもまだまだ競馬は終わりません。

地方競馬で唯一のG1レース、東京大賞典がまだあります!

地方は難しいからやりたくないという方もいるかと思いますが、東京大賞典は、唯一地方の中でG1格付けが許されているレース。

まだまだ巻き返しは十分。

終わり良ければすべて良しにするべく、しっかりと当てにいきたいと思います。

スポンサードリンク

東京大賞典の出走表

1-1 メジャープレゼンス セ6 加藤和博・(兵庫)山口浩幸
2-2 コパノリッキー 牡6 戸崎圭太・(栗東)村山明
3-3 スパイア 牡7 的場文男・(大井)宗形竹見
3-4 モズライジン 牡4 田辺裕信・(栗東)矢作芳人
4-5 ノンコノユメ セ4 C.ルメール・(美浦)加藤征弘
4-6 ハッピースプリント 牡5 吉原寛人・(大井)森下淳平
5-7 サンドプラチナ 牡3 矢野貴之・(大井)市村誠
5-8 アウォーディー 牡6 武豊・(栗東)松永幹夫
6-9 カゼノコ 牡5 川田将雅・(栗東)野中賢二
6-10 ヴァーゲンザイル セ8 秋元耕成・(浦和)冨田敏男
7-11 アポロケンタッキー 牡4 内田博幸・(栗東)山内研二
7-12 コスモカウピリ 牡5 赤岡修次・(大井)宗形竹見
8-13 ストゥディウム 牡4 石崎駿・(船橋)矢野義幸
8-14 サウンドトゥルー セ6 大野拓弥・(美浦)高木登

馬名が青色がJRA所属。

有力馬の見解

サウンドトゥルー≪セ6/栗 高木登厩舎≫

【前走】チャンピオンズC 1着
【父】フレンチデピュティ
【母父】フジキセキ

前走はチャンピオンズCを優勝しました。最後に追い込んでのレース内容も、ピッタリとハマりましたね。

ただ、何よりも最終追い切りの動きが抜群でした。

前走のチャンピオンズCの最終追い切りは、好内容と書きながらB評価止まり。

その点で、今回再度仕上がるのかというのは注目ポイント。

最終追い切りの動きをしっかりと確認したい1頭です。

コパノリッキー≪牡6/栗 村山明厩舎≫

【前走】チャンピオンズC 13着
【父】ゴールドアリュール
【母父】ティンバーカントリー

前走はまさかの敗戦。せめて掲示板には残れるだろうと思っていたものの、ルメール騎手の騎乗が合わなかったか。

テン乗りの厳しさがあるといってもよかったかもしれません。

レースは3番手付近での先行策。

前半36.3秒と少々流れた影響もあってか、直線に入るころには手応えがなくなっていました。

気持ちよく走れるかどうかが1つの鍵となる同馬。

今回のメンバーを見ると、どうやらマイペースでポジションを取れそう。

あとは、乗り替わった戸崎騎手がどのようなエスコートをするのか。

大井凱旋となるだけに、その騎乗にも注目したいですね。

アウォーディー≪牡6/鹿 松永幹夫厩舎≫

【前走】チャンピオンズC 2着
【父】Jungle Pocket
【母父】Sunday Silence

11月3日にはJBCクラシックを勝利して、G1(Jpn1)馬となりました。

メンバー的には強化されたチャンピオンズCで、一旦は先頭に立つも、最後はサウンドに交わされてしまいました。

悪い癖となっているのが、先頭に立つとソラを使うこと。

先頭に立った瞬間から集中力がなくなるのはこの馬の悪い癖で、前走もソラを使っているところを差された結果となりました。

今回はコパノリッキーが後ろでレースをしてくるはずで、コパノリッキーが最後まで粘って欲しいと思っているはず。

コパノリッキーが最後粘って、見計らったタイミングで先頭に立ちたいと思うはず。

そこでしっかりと差し切れるかどうかが鍵となるでしょう。

コパノリッキーが早々に潰れるようなことがあれば、今回も怪しくなりそう??

枠順確定後のレース見解

今回の追い切りを見て、ガッカリしてしまったファンも多いのではないでしょうか。

チャンピオンズCを優勝したサウンドトゥルーが大外に入ることになってしまいました。

ただ、前走勝った人が正解で、今回買う人が負けとなる可能性も十分にあるので、思い切った馬券の買い方は必要になると思います。

私は地方競馬は基本的にパスしている人間で、交流受賞の結果とレースをおさらいする程度。

なので地方馬の力関係はわかりません。

それでも今回のメンバーを見ると、地方馬はいきなり切って考えてもいいでしょう。

唯一、注意しなければならないのは交流重賞でも勝ち鞍のあるハッピースプリント。

しかし、目標は好走歴のある川崎記念。

東京大賞典後に開催されるG1(Jpn1)のため、メンバーが薄くなるのがいつものこと。

ここは川崎記念前の力比べで、メイチの仕上げは川崎記念と見ていいでしょう。

調子がいいから出走してきたというコメントを見ましたが、さすがにJRAのこのメンバーでは厳しいと言ってしまっていいでしょう。

馬券の行方は、今年から7頭に出走頭数が増えたJRAの出走馬をどう処理していくのか。7頭から3頭が入るとしても、他の4頭をどう切っていくのか。

この10年の東京大賞典の結果を見ると、優勝しているのはJRAから出走してきた馬のみとなっているので、JRA馬を中心に考えていくのが正しい馬券の買い方となります。

基本的には上位独占はJRA馬となっていますが、馬券内は3頭だけ。

しっかりと追い切りなどから良し悪しを判断していき、最高の締めくくりにしたいですね。

夏競馬を絶好調の予想サイトで狙う。

夏競馬。
今年も調子いいです。

今年もというか、去年よりはるかに調子いいです。

APLIという競馬予想サイトのおかげです。

夏競馬は「差」が出やすいので競馬予想サイトの実力差がはっきりします。
そこで、現在進行形でぶっちぎっているのがAPLIです。

まず、7/15の函館2R。

7/15 函館2R
3歳未勝利
三連単3点✕500円
的中 542,450円

これ、普通の人じゃ3点買いで的中させるのまず無理です。

そして、同じ日の福島7Rでは・・・

7/15 福島7R
3歳未勝利
三連単3点✕500円
的中 2,325,650円

こちらも3点買いです。
凄いとかそういうレベルじゃないです。
馬の実力、騎手との相性、コースとの相性、展開等、多くの要素を完全に読み切らないとできません。

自信があれば絞って勝負、怪しいときは広く買って勝負。
このバランス感覚は多くの競馬予想サイトの中でもAPLIがトップでしょう。
予想の精度は間違いなく業界トップクラスですし、
APLI(アプリ)で勝負していけば安定してプラス収支を維持していけるでしょう。

堅いレースも荒れたレースも的中しているのはオッズに流されることなく、
本当に走れる馬をしっかりと見抜いている何よりの証拠です。

もちろん、APLIはこれ以外のレースでも的中しています。
平均して土日で10〜15本は的中しているイメージです。

固く数万円の的中を拾う時もあれば、大きく100万超の的中を叩き出す時もあります。

無理をして高配当狙いをするのではなく、的中最優先な姿勢は好印象です。

「走る馬を見抜く」

基本的なことですが、それをしっかり実践しているAPLIは利用していてとても安心できます。
オッズで予想をするのではなく、後からオッズはついてくるものです。

無料予想も充実していますし、抑えておいて損はありません。
是非、チェックしてみてください。

APLI(アプリ)に登録する方はコチラ

※メールアドレスだけで登録可能です

スポンサードリンク
ブログランキングに参加しています

もしよろしければ、1日1クリックの応援をよろしくお願いします。

  • 競馬ランキング
  • にほんブログ村 競馬ブログへ

シェアする

フォローする