【東京スポーツ杯2歳ステークス2015最終追い切り】5段階評価とお薦め馬

クリック応援をよろしくお願いします!
 最強人気ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ

こんばんは、リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

この記事では、東京スポーツ杯2歳ステークスの最終追い切りタイムと5段階評価とお薦め馬について書いています。

2歳G1、来年のクラシックを占う上でも大事な1戦となっている東京スポーツ杯2歳ステークス。今年はどの馬が優勝するでしょうか。

楽しみな1戦になることは間違いありませんね。

追い切り考察

評価は【S/A/B/C/D】の5段階評価です。評価についてはコチラをご覧ください。

アグレアーブル【A-B】

11月19日(木)美浦 南W(重)【6F82.7-66.9-52.4-38.5-1F12.6】

2頭併せ内末強め2馬身差程先着。2頭併せですが、画面上はアグレアーヴルしかいないなと思っていたんですが、直線向いたら外から凄い反応で僚馬が映りました。それだけ内々を通ったのですが、並びかけられそうになった時に追われだすと、そこから鋭い伸び脚。コース5分を回ってきたのはあまり評価できませんが、好調さは十分に感じます。

カミノライデン【C】

11月19日(木)美浦 南W(重)【6F84.3-67.8-42.9-39.8-1F13.9】

2頭併せ外一杯併入。終始並走状態をキープしていたんですが、直線入ると馬なりの僚馬相手に鞭が何度も入るほどハードな追い切りでしたが、反応している感じは受けません。休み明けという点もあるのでしょうが、前走に比べてデキ落ち感を感じさせます。

キラージョー【A-B】

11月18日(水)栗東 P(良)【62.6-48.5-35.8-1F11.2】

2頭併せ外末強め2馬身半差程先着。僚馬は6発程鞭が入る中、こちらはゴーサインが出るとスッと突き抜ける内容で高評価できる追い切りだったと思います。前走から間隔があまり空いていないですが、疲れといったものは感じさせない柔軟な走りをしていました。

スマートオーディン【A-B】

11月18日(水)栗東 坂路(重)【53.8-39.1-24.9-12.0】

2頭併せ馬なり1馬身差先着。時計自体は前走と変わりありませんが、今回は加速ラップを刻めていました。走っている姿も力強さを感じますし、調子落ちはなく、やや上昇気配も。

ダイワリアクション【B】

11月18日(水)美浦 南芝(稍重)【5F69.3-54.0-40.0-1F12.9】

2頭併せ外馬なり併入。最後は調整程度の仕上げ。前走はハードな追い比べとなりましたが、接戦をものにしました。その疲労がうまく抜けていればいいなと思うんですが、それにしても最終追い切りが調整色が濃く、前走以上のデキを望むのは難しいのかもしれません。

ハレルヤボーイ【B-C】

11月19日(木)美浦 南W(重)【66.9-51.6-37.8-1F13.2】

2頭併せ内末強め半馬身差遅れ。残り200mのところで僚馬にスッと離されると、半馬身差のまま並走しゴール。時計も最後は伸びきれなかったという感じで、前走の方がまだよかったように感じます。

プロディガルサン【B】

11月18日(水)美浦 南W(重)【5F70.4-54.5-39.6-1F13.0】

2頭併せ内末強め半馬身程先着。内を回っていますが、どちらも外ラチ沿いを回ってきているので、その点でこの時計ならば良いと言えるのでは。最後の最後の部分で強めに追われた格好ですが、基本馬なりなのでこの時計でも十分だと思います。ここまで2戦2勝と勢いに乗る1頭ですが、デキ落ちはないかなと感じますが、ただ、中間の動きを見ても上昇気配はあまり感じないのは事実です。

マイネルラフレシア【B】

11月18日(水)美浦 南W(重)【5F70.2-55.0-40.3-1F12.8】

単走馬なり。馬なりでの走りですが、目一杯体を使えていて、柔軟性に富んでいるのかなと感じます。フォームも綺麗で、ダイナミックさも感じます。状態は前走のパフォーマンスは出せる状態であると思います。

レインボーライン【A-B】

11月18日(水)栗東 坂路(重)【56.7-40.4-24.7-12.2】

単走末強め。難しいのですが、データ上は単走での追い切りも、実際は、単走1頭、併せ調教2頭が横一列になっている状況でした。しかも、単走の馬を併せ調教の2頭が追いこす際に、レインボーラインの方に寄った為に、進路が狭くなりました。やや進路を斜めに切りながらの追い切りで、それで末の時計が12.2秒ならば悪くないと思います。ただ、単走であまり負荷をかけたくなかった場合は、今回の最終追い切りはややオーバーワークとも言えそうで、この辺が甲乙つけ難いのですが、時計を見る限りは好調さを維持しているのかなと感じますし、前走よりも今回の方が良いのかなと感じます。

ロスカボス【B】

11月18日(水)栗東 坂路(重)【54.2-38.7-24.5-12.2】

2頭併せ末一杯3馬身程先着。前走に比べてデキ落ちは感じないものの、前走の方が末の時計がかなり良かった分、今回はやや不安視も出来るかなと思います。ただ、かなり追われている点は前走と変わりませんし、そこまで悪くはないのでは。

お薦め馬

正直なところ、追い切りを観たせいで難しく感じる最終追い切りでした。

いつも、あいうえお順に追い切りをチェックしていくのですが、「さっきも良かったけどこっちも良いな。」の連続でした。

A評価を付けた馬はいませんでしたが、前走よりかは良化しているのではと思うA-B馬がアグレアーブル・キラージョー・スマートオーディン・レインボーラインの4頭。

B評価ですが、マイネルラフレシアとロスカボスの2頭は、引き続き調子が良さそうに感じますし、ここでも堅そうな気配も受けます。

お薦め馬を1頭決めるのであれば、そうですね、キラージョーの追い切りは凄く良かったと思いました。

次点でロスカボス、アグレアーブルも好調さを感じさせる追い切りだったと思います。

今回は、基本的にはどの馬も調子が良さそうに思うので、波乱含みのレースとなってもおかしくはないと思いますよ。

競馬学会の厳選買い目無料公開!

今週の『競馬学会』では、『新潟ジャンプS(J.G3)』と『新潟2歳S(G3)』の厳選買い目を無料公開するそうです。

新潟ジャンプSでは京都ハイジャンプ(J.G2)を優勝しているシゲルヒノクニ(牡7)が参戦予定。
実績では同馬が頭1つ抜けています。昨年の七夕賞(G3)を制したメドウラーク(牡8)も登場。障害入りしてから4戦して2勝しています。
絶対的な存在は不在で混戦模様です。

新潟2歳Sでは、現段階で17頭出走を予定しています。
早くもクラシック候補と呼び声高いモーベット(牝2)が登場。
新潟2歳Sは春の3歳GI路線に繋がる1戦でもあり2018年に優勝したケイデンスコールは今年のNHKマイルCで2着に入線。後の活躍馬も多数誕生している1戦なので注目したいですね。

先週『競馬学会』では無料情報として公開された札幌記念(G2)が見事的中!
▼先週の無料予想の的中実績▼

08/18(日)───────
【札幌11R】15:45
札幌記念 芝2000m
《三連複》ながし
─────────────
軸:9
相手:1‚3‚8‚10‚12
─────────────
買い目合計:10点
推奨購入馬券代:500円
------------------------------
計5000円
─────────────

【3連複ながし】
1-10-9の決着。12.6倍×1点あたり500円=6300円の的中!
3連複10点で回収率は126%!お見事です!

『競馬学会』では無料公開する新潟ジャンプSと新潟2歳S以外にも土日2鞍ずつ無料情報を公開しています。
これを機に登録して使ってみてください!

用意するのはメールアドレスのみ。フリーアドレスで構いませんよ。僕もフリーアドレス(Gmail)を利用していますから。

\ リッキーもオススメ! /

無料申し込みはこちら