天皇賞春 2019 サイン|CMは思い出が!?プレゼンターは葵わかな。平成最後も気になるヒント!?

クリック応援をよろしくお願いします!
 最強人気ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
リッキー
どうも、リッキーです。いつもご覧いただきありがとうございます。

天皇賞春のサインについてチェックしています。

CMは過去のレースの思い出話。
ただ、最後は負けたというオチでした。

プレゼンターは女優の葵わかなさん。
今年から年間プロモーションを担当している若い女優さんです。

ポスターは、年間プロモーションを担当している6人が登場。
遠くを見つけるその視線の先に何があるのかが気になりますww

その他、ヘッドライン情報や、いよいよ平成が終わるということからも、その辺りからサインの考察を行っています。

天皇賞春のCMは、2年前のとあるレースの思い出話

『#38 思い出が、教科書になっていく』

「HOT HOLIDAYS!2019」~天皇賞(春)篇~ 30秒

出演は、葵わかなさんと柳楽優弥さんのお二人。

柳楽「思い出すな~、2年前。」

葵「2年前?」

#38 思い出

柳楽「この直線入っても、俺が応援してた馬は後ろなの。もう駄目かな~と思うじゃん。そしたら外側をさ、ボンッと来るわけ、その馬が。それで追い上げるわけ、グングングングン直線を。もう声出たよね。」

葵「うふふ」

柳楽「次のレースも、あんな感じになる気がするんだよなぁ。」

葵「なんていう馬だったんですか?」

柳楽「忘れちゃったけど、茶色。」

葵「ふ~ん。で、勝ったんですか?」

柳楽「負けた。」

という内容でした。

ヒントになりそうなワードが沢山出ていますが、結局は負けたという部分が肝になりそう。

追い込み馬で茶色の馬は負けるということなので、こういう馬を選ばないようにしたいと思います。

消去法的には、チェスナットコートは追い込み馬で栗毛の馬です。

プレゼンターは葵わかなさん

プレゼンターには女優で、JRA年間プロモーションを担当している葵わかなさん。

葵 わかな(あおい わかな、1998年6月30日 – )は、日本の女優。

神奈川県出身。スターダストプロモーション所属。

Wikipedia

NHK連続テレビ小説の『わろてんか』ヒロインを演じ一気に注目される女優になった方。
主役級の役も多かったみたいですが、この役が一気に女優としての道を広げた作品ということは間違いないでしょう。

葵さんの誕生日は6月30日で、同じ誕生日には山内研二調教師が該当していますが、今回の出走馬の中にはいません。

6月29日であれば、藤原英昭さんが該当していますが1日違いです。

特に葵わかなさん関連でサインがあるようには思いません。
この項目からはサインが出ていないと考えるのがいいかと思います。

ポスターはどこかを見上げるような作り

©JRA ©Umabi

上記画像はJRAホームページからのスクリーンショット

葵わかなさんは紫色のドレスを着ています。
他の女性陣も、紫色や紺色という感じで、高貴な形を演出しています。

いつも天皇賞は、高級感溢れるというような作りをしているので、やはり天皇という名前があるだけあって、それにちなんだ形になっています。

『平成最後のドラマが走るっ』

というキャッチコピーが付いていますが、このレースは平成最後のG1レース。
それが天皇賞というのは、皇室や宮内庁、そして首相などがしっかりと何かの縁だと思って…いるわけないかww

何かを見上げるというか、過去に思いを馳せるという見方もできますね。
このポスター自体が、ある芸術作品のように、観る人によって感じることが違うのかもしれません。

見上げるという意味では、ヴォージュの馬名由来は『フランスにある山脈の名前』から。
また、リッジマンは『頂きの男。頂に立つ活躍を期待』という意味があります。

この2頭は伏兵馬として面白く、楽しみな存在です。

昨年の勝ち馬verはレインボーラインとクリンチャー

※Twitterの公式機能である共有機能を利用して掲載しています。当ブログは、Twitter社のポリシーを遵守しております。

『一瞬か、永遠か。』

今回書かれているキャッチコピーは、このように書かれています。
一瞬か、永遠かというのは、長距離のレースにしてはやや相反するもののように思います。

それよりも気になったのが、1着のレインボーラインが大きく写真に写っているのは仕方がないとして、問題は横に映るクリンチャー。
昨年のクリンチャーが3着で、2着はシュヴァルグランでした。

奥に小さく掲載されているのはややおかしい雰囲気を感じます。

クリンチャーの優勝を暗示している…と思うかもしれませんが、しかし、高松宮記念ではレッツゴードンキが大きく掲載されていて6着に敗れたので、この示唆というものはないと思います。

このポスターからのサインはないと考えるのが妥当ではないかと思います…果たしてどうなるでしょうか。

平成最後に優勝する馬はどの馬が相応しいのか

いよいよ平成が終わる日が近づいてきました。
天皇陛下が退位されることによって、次の年号が令和となりました。

政府は1日、「平成」に代わる新元号を「令和(れいわ)」と決定した。菅義偉(すが・よしひで)官房長官が記者会見し、墨書を掲げて公表した。安倍晋三首相も記者会見で自…

平成を生きてきた人間からすると、やや寂しい印象です。

平成の最初の天皇賞春を制したのは、武豊騎手が初めて天皇賞春を制しましたが、その時の馬はイナリワンでした。
翌年はスーパークリークで、そしてメジロマックイーンが2連覇となり、4年連続で天皇賞春で勝利を収めました。

そのイナリワンは、大井競馬でデビューし、東京大賞典を勝つとJRAに移籍した馬でした。
オグリキャップとスーパークリークとともに「平成三強」と称されたということらしいので、やはりそれだけ強い馬だったということでしょう。
令和三強はどの馬になるのか、非常に楽しみですが、ここでも平成という言葉が出てきます。

イナリワンと共通点を探ると、地方デビューの馬では、北海道出身のリッジマン。
ただ、天皇=リッジマンはちょっと考えにくく、共通部分を探すとリッジマンが挙げられるという感じ。

天皇はEmperor(エンペラー)です。
プリンス(カフジプリンス・プリンスオブペスカ※回避)や王(ケントオー)という名前の馬が多数いますが、それはちょっと考えづらい。

天皇賞という名前だけあって、王室関係や英国皇室などとかかわりが深いサインも多かった歴史があるので、その点では何かのサインがあるはず…。

やはり平成最初の天皇賞春と共通点があるように思います。

春の甲子園では、「平成最初」のセンバツを制覇した東邦が優勝。
このようにドラマがあるものなので、これはきっと競馬にもあるはず。

今回は武豊騎手は香港での騎乗の為不在。
調教師の鈴木清氏は既に他界しており、仮に生きていても既に引退している年齢です。

なかなか共通点を探すのは難しいですが、地方デビュー組のリッジマンが面白いのではないかと思います。

ヘッドラインは『矜持を誇れ、最強を決して来た伝統の輝きがある。』

今年の天春のヘッドラインが公開されていました。

『矜持を誇れ、最強を決して来た伝統の輝きがある。』となりました。

矜持(きょうじ)とは、自分の能力を信じていだく誇り。プライドのこと。

気高いという意味のフィエールマンは当てはまるか。

最強を決して来た伝統の輝きということからも、父が天皇賞春を勝っているということが求められるか。

ディープインパクト・マンハッタンカフェが該当。

フィエールマンの父はディープインパクトで、その部分も該当。

ヘッドライン情報からは、フィエールマンと判断したい。


音速で諭吉が飛んでくる競馬予想を運営している音速の馬券師さんが、天皇賞春のサインについて書かれていました。
共通する連動や正逆などについてお探しの方は、覗かれてみてください。

こんにちは。音速の馬券師です。 2019年4月28日(日曜)に開催される天皇賞春のサインの紹介になります。6年連続で出現している馬番連動や今年のG1でずっと出現している正逆、プレゼンター葵わかなさんの法則、JRAの天皇賞・・・

天皇賞春のサインまとめ

こういう風に色々な名前の馬が出てくるときはあまりサインとしての価値がないと思います。

しかし、リッジマンとフィエールマンは、名前が被っている項目が多かったです。

フィエールマンはヘッドライン情報から急に名前が出てきましたが、前半と後半共にフィエールマンを表す言葉となっていましたので、勝っておいて良さそう。

リッジマンとフィエールマンのワンツーに期待したいという終わり方にして、サイン考察を終わりたいと思います。

競馬歴3年以上でもプラスにならない人必見サイトです

読者様から度々良いですよ〜と的中報告を受ける「Switch」というサイト。
調べて見るとかなり良さそうだったのでご紹介します。

▼的中実績【7/14(日)】
7/14(日)の的中実績にすごいのがあったのでご紹介したいと思います。

函館7R 09→06→04
3連単1,314,080円的中◎(推奨金額)
9人気グッドブリッジ1着入線予想的中です!大穴馬をよく1着予想できたなと感心。。

福島2R 10→07→14
3連単1,134,000円的中◎(推奨金額)
6番人気スースー1着入線、1番人気着外で14万の3連単を800円推奨で的中!

函館3R 08→09→05
3連単710,000円的中◎(推奨金額)
8番人気ショウナンバニラ1着入線、7番人気2着で88,750円の3連単を800円推奨で的中!

どうしてこれほどの穴配当をこの点数で当てられるのか。。

この7/14(日)の函館7R・福島2R・函館3Rの的中。Switchさんもしっかり買っているみたいです。

私もこんなに大穴馬の入着を予想できるなら今週は私もベタ買いしようと思います!
これを見て登録をしたいと思った方、Switchは毎週土日の当日に無料提供レースを配信!これほどまで穴配当をドンピシャで当てるサイトも無料買い目なんて見るしかないですよね!

今週の注目レースは「中京記念(G3)」!このサイトの無料予想も精度も完璧だし自分はここの無料予想を毎週参考にして馬券が少しずつプラスになっていきました!オススメです!

無料の会員登録はこちらから

メールアドレスのみで登録です。

スポンサーリンク