天皇賞春 2019 1週前最終追い切り|エタリオウは順調に走れてそう…かな?

クリック応援をよろしくお願いします!
 最強人気ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ
リッキー
どうも、リッキーです。ご覧いただきましてありがとうございます。

天皇賞春の1週前の追い切り考察を行っています。
前走時の追い切りやタイムと比較して、今回の調子の良し悪しを判断しています。

混戦模様となった今年の天春。
1週前の追い切りをと思いましたが、木曜の栗東は濃い霧に覆われてしまいました。

G1は最終リハよりも1週前の完成度が大事だと思っているので、その点では少々残念。
特に優勝候補のエタリオウが木曜追い切りでしたので、これは非常に難しいとなりました。

天皇賞春の1週前追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

ヴォージュ【B】

4月17日(水)栗東 坂路(良)
【53.9-38.4-24.9-12.6】

2頭併せ強め1馬身先着。
脚色は僚馬の方が良かったですが、1馬身先着できたのはプラス材料と見ていいでしょう。

1週前の段階では特に変わりなくて来ていると思います。
前走時の1週前もこの程度の内容でしたので、後は最終リハで加速ラップの追い切りを消化してきたら順調に出走の準備が整ったと思います。

エタリオウ【濃霧】

4月18日(木)栗東 CW(良)
【1F12.1】

3頭併せ外1頭併入、1頭1馬身先着。

最後の100M程度の動画となりましたが、その部分だけを見ると、しっかりと追われていて、中を走る馬と併入に持ち込んでいます。
併入したのは昨年8月以来となり目黒記念に出走予定のポポカテペトルでしたが、脚色はエタリオウの方が断然良かったように見えました。

ただ、全体的によく分からないというのが本当のところです。
鋭く伸びてきているので、状態は悪くはないんだろうと思います。
デキ自体は悪くはないと判断して、1週前考察とします。

カフジプリンス【A】

4月18日(木)栗東 坂路(良)
【51.5-37.7-24.8-12.6】

2頭併せ末強め1馬身半先着。

僚馬は今回出走を決めてきたチェスナットコート。
チェスナットコートは一杯に追われていましたが、軽々1馬身半先着という形になりました。

しっかりと時計を刻んで51.5秒は上々のデキだと判断できます。
阪神大賞典2着からの前進を狙っている、本気仕上げの様相となりました。

足捌きの力強さや真っ直ぐに走れている点を考慮すると、前走の疲労や反動は心配なさそうです。

現時点では楽しみな1頭であることは間違いないでしょう。

クリンチャー【B】

4月17日(水)栗東 CW(良)
【6F82.0-66.2-51.6-37.9-1F11.6】

単走一杯。
最後は鞭が飛ぶ中での追い切りで、本番を強く意識した内容となりました。
時計も上々となりましたので、順調だと思います。

前走時は【A-B】評価と上昇としていましたが、有馬記念の時の追い切りがさっぱりでしたので、戻った形になりました。
前走時の状態にはあると思いますので、1週前の追い切りとしては上々ではないかと思います。

悪くはない内容でしたので、最終リハでしっかりと判断したいと思います。

見た目が良かったので、勝ちに来ていると判断できる内容でした。

グローリーヴェイズ【B】

4月17日(水)美浦 南W(良)
【6F82.5-66.4-51.3-37.7-1F12.9】

2頭併せ外一杯併入。
最後は鞭がしっかりと入る内容でしたが、最後は並ばれてしまいました。
僚馬はそこまで追われたわけではないので地味と言えば地味ですが、美浦南Wでの時計を考えると、僚馬は走ったと考えていいのではないでしょうか。

横からの映像になるためよくわかりませんが、直線入ったところで、内の僚馬の方へ斜めに走っているのではないかと思います。
斜行とまでは言えませんが、比較的移動しているように思います。

時計は悪くはないのですが、1週前を考えると地味な内容となりました。
G1前ですので、見た目も大事です。
少し頼りない感じがしてしまい、あまり前向きには見れず。
前走程度には走れる見込みですが、G1だと荷が重たいか。

ケントオー【C】

4月17日(水)栗東 坂路(良)
【53.7-39.4-25.8-13.0】

単走一杯。
肩鞭が3発入っていますが、反応しているのかは微妙なところで、最後は13.0秒は褒められた時計ではありません。

疲れてきたからなのか、ダラッとしたので鞭を入れたという感じだと思います。

1週前の段階では、少々厳しいと考えるべきではないかと思います。

チェスナットコート【B】

4月18日(木)栗東 坂路(良)
【51.5-37.7-24.9-12.7】

2頭併せ一杯1馬身半遅れ。
僚馬はカフジプリンスでしたが、最後は一生懸命に走りましたが遅れる内容となりました。
全体的には地味な動きとなりました。

日経賞の1週前と同じような時計を刻んでいます。
状態が悪いということはないと思いますが、今回上昇気配とも感じず。

デキは前走程度までと判断します。

フィエールマン【B】

4月17日(水)美浦 南W(良)
【6F82.3-66.9-52.5-38.3-1F13.0】

3頭併せ内強め1頭1馬身半先着、1頭4馬身先着。

しっかりと先着できたのはさすがG1馬というべきか、脚色が鈍ったかなと思ったところからもうひと伸びして1馬身半の差を付けることができました。
時計も概ね良好でしたが、内容を見る限りでは末は12秒台はあってもとは思いました。

順調に仕上がっていると判断します。
前走時よりいいのかというと少し疑問もありますが、前走程度の走りには期待が持てます。

メイショウテッコン【A-B】

4月17日(水)栗東 CW(良)
【6F83.1-67.7-52.1-38.0-1F11.6】

3頭併せ内馬なり1頭半馬身先着、1頭3馬身先着。
半馬身差の外を走る僚馬は強め、中を走る3馬身差の僚馬は一杯に追われていましたが、いずれにも先着することができました。
脚色は外を走る僚馬の方が断然上でしたが、軽く促してあげると僚馬の勢いを交わすほどにはトップスピードに持ち込めていました。

馬なり+α程度の負荷ながらも、最後は11.6秒出たことに凄さを感じます。

順調に乗り込まれていると感じる内容で、迫力も十分。
今回の方が仕上がりは上と感じるものでした。

ユーキャンスマイル【B】

4月17日(水)栗東 CW(良)
【7F97.5-81.5-66.5-51.9-38.0-1F11.9】

3頭併せ内末強め1頭1馬身半先着、1頭2馬身先着。
僚馬も含めて全頭が強めでの内容でしたが、しっかりと先着できたのは前向きに評価したいと思います。
全体時計も上々ですが、末の時計も11.9秒ならば申し分ない仕上がりのはずです。

迫力も増してきましたので、雰囲気も十分。
ダイヤモンドSから一息入ってのレースとなりますが、十分に準備は整っていると判断できます。
前走時も同じような時計を刻んでいますので、1週前の段階では前走程度まで。

しかし、概ね良好状態と感じています。

リッジマン【B】

4月17日(水)栗東 CW(良)
【6F86.4-69.5-53.1-38.6-1F12.2】

単走馬なり。
斜め前に2頭併せの馬がいますので、それを目掛けて走るという形になりました。
それでも最後まで持ったままなので、負荷自体は掛かっていないと判断していいと思います。

ステイヤーズSを勝っているので、伏兵としては面白い存在だと思うのですが、1週前にしてはちょっと地味な内容までとなりました。

ロードヴァンドール【B】

4月17日(水)栗東 CW(良)
【6F79.8-65.0-50.8-37.9-1F12.3】

2頭併せ外一杯約5馬身先着。
約としているのは、画面から消えてからの僚馬の場所がおおよそでも分からないためです。
画面から消える勢いから逆算したら5馬身ほどの差があるのではないかという部分で5馬身差としています。

内を回った僚馬に比べ、コース8分ほどを通過しています。
ゴーサインが出ると一気に加速していますが、重心が低く走れています。

途中顔を上げそうになるかというところでなんとか耐えており、しっかりと負荷が掛かっていると判断していいでしょう。

1週前追い切り考察とまとめ

今回の天春の1週前の追い切り考察で上昇気配を示していたのは、【A】評価のカフジプリンス、【A-B】評価のメイショウテッコンでした。

さすがは天春だけあって、長距離でこその馬は本気仕上げをうかがうことができる内容ばかりでした。

復活を狙うクリンチャーも仕上がり良さそうですし、フィエールマンも巻き返し可能な雰囲気を感じます。

ただ、現時点で1番にオススメしたいのは、【天春B】[最強]競馬ブログランキングへ

雰囲気はとても良かったです。
昨年の今頃と比べても、完成されてきた感じを受けます。

本番の騎手に不安を抱きますが、追い切り的には仕上がり良好と感じます。
最終リハでも力強い走りに期待したい。

以下、オススメ馬です。

  • 【天春B】メイショウテッコン
  • クリンチャー
  • カフジプリンス
  • フィエールマン

全景が見れなかったエタリオウは、1週前のオススメからは外しました。

1ハロンだけの映像からは調子が悪いということはないと思います。

現時点では面白くはないと思いますが、上記の4頭をオススメしています。
最終リハの様子もしっかりとチェックしていきますので、もしお時間がありましたら、また見に来てくれたら嬉しいです。