天皇賞春 2018 予想|最終結論は動きの良かった2頭の馬連とワイドで

クリック応援をよろしくお願いします!
 最強人気ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ

こんにちは、リッキーです。
いつもご覧いただきありがとうございます。

この記事では、天皇賞春の最終予想を行っております。
距離3200MのマラソンG1を制するのはどの馬なのかをしっかりと考察していきます。

推定オッズ1人気はシュヴァルグランとしていましたが、前日オッズでも同様に1人気になっています。

しかし、人気上位馬のオッズは割れています。

シュヴァルグランが実績では最上位なものの、前走の敗戦でみんなが疑心暗鬼になっている状態。
こういう時にシュヴァルグランが逆に狙い目になるのですが、最終追い切り評価では上昇気配とはしていますが、それが完調しているというところまではいっていない範囲でした。

こういった状況で買うのは、私はオススメしません。
大阪杯の追い切りではデキ落ちと判断して13着でした。
勿論、鞍上の三浦騎手の手腕が悪かったと見ることも出来ますが、デキがそもそも悪かったという評価がないのは驚きでした。

1週前のシュヴァルグランは【B-C】評価で、最終リハで【A-B】評価に切り替えました。
ただ、前走のデキ落ちをカバーしている程デキが戻っているかというと疑問の方が大きいです。

能力だけで走ってしまうかもしれませんが、今回も頭は無いだろうと判断しています。
それならば違う馬の2頭で勝負した方が、オッズを吸ってくれて良かったと考えるべきではないかと判断します。

追い切り的には買いづらい1頭であることは間違いないので、その他の馬で勝負したいと思います。

春天は内枠有利の傾向も

それでは馬券考察です。

簡単にデータを見ていきますと、春天は1枠が明らかな有利と言えるレースとなっています。
長距離で最後も平坦コースですので、ロス無く回ってきた馬が、最後まで止まることなく突っ込んでくるというのはセオリーになっていると考えるべきです。

枠番成績勝率連対率3着内率
1枠5-1-1-1226.3%31.6%36.8%
2枠1-2-2-145.3%15.8%26.3%
3枠1-1-1-175.0%10.0%15.0%
4枠1-0-1-185.0%5.0%10.0%
5枠0-1-0-190%5.0%5.0%
6枠1-1-2-165.0%10.0%20.0%
7枠0-2-1-240%7.4%11.1%
8枠1-2-2-243.4%10.3%17.2%

データ分析:天皇賞(春) 今週の注目レース JRA

特に1枠が驚異的な成績を残しており、この傾向は無視するのは危険。

特に1枠に入ったチェスナットコートは、最終追い切りで【A】評価を与えています。

[blogcard url=”https://bakuana.xyz/tennnousyouharu-2018-oikiri/#A”][/blogcard]

オススメの1頭目に指名していますので、この枠順からスタート出来るのであれば非常に面白いのではないかと見ています。
京都は4角で外に膨れやすいため、内ラチ沿いが開くことが多いですので、そこを蛯名騎手が見逃さなければ内々を回っても勝機は十分にあると見ていいでしょう。

いきなりですが、もう1頭はガンコにします。
追い切りでも元気な姿を見せていました。

日経新春杯では2番手を追走し3着に残りました。
前走の日経賞では勝負根性を見せつけてくれました。

今回は更に距離が伸びますが、それはどの馬も一緒。
3走前から体重も増えていて、5歳にして成長を感じます。

もう1つ、この2頭に共通して血統的に面白いということ。

チェスナットコートは父ハーツクライ。
私が更新した、血統記事にてハーツクライ産駒は好走しているということは解説いたしました。

[blogcard url=”https://bakuana.xyz/tennnousyouharu-2018-kettou/”][/blogcard]

チェスナットコートの父ハーツクライ。
この傾向に当てはまりますが、母父の方がやや弱いかと思って血統考察では推奨していませんでした。

しかし、いつも親しくさせていただいている『稀に的中?3代血統で重賞予想』を運営されているmenkさんの天皇賞春の予想記事を読んで考えを改めました。

[blogcard url=”http://bloodkeiba.com/tenno-sho-spring-2018/”][/blogcard]

詳しくは上記サイトで見ていただきたいのですが、少し引用させていただきます。

母父クロフネ×母母父Miswakiの配合はスピード特化されていて
近親にダッシャーゴーゴーというスプリント重賞実績馬が居る血筋

(以下略)

天皇賞春 2018 予想 初志貫徹でチェスナットコート本命

あまり他の方が運営しているブログは極力見ないようにしているのですが、menkさんの血統考察、特にこの天皇賞春では大事だと思いましたので確認しました。
餅は餅屋ではないですけど、詳しい人の考察を見るのは非常に大事だと思います。

追い切りの動きが非常に良かったですので、血統的に買えるとなると楽しみが広がるなと思いました。

ガンコは、私の血統考察で最上位指名していますので、追い切りを考慮しても買いたいと思います。

  • チェスナットコート
  • ガンコ

買い目は馬連とワイドの2点勝負。
馬連1:ワイド10の組み合わせが便利だと思いますので、もしよろしければご参考にされてみて下さい。

PS
GWに突入しました。
先ほど、車を運転する用事があったのですが、渋滞が酷く歩行者の方が速いのではないかと思ってしまいました。
行楽地に行くと、渋滞渋滞なんでしょうね。

以前、とある行楽地の近くに住んでいました。
GWを始め、お盆の時期などは慢性的な渋滞が発生し、家から出るのも帰るのも一苦労した記憶があります。

また、一度、G1の日に車で競馬場に行ったことがあるのですが、入る時はそこまで酷くなかった渋滞も、出庫時は駐車場を出るまで大変長い時間を費やしました。
1時間くらいは車の中でボケッとしていたように覚えています。

幸い、今の仕事はGW期間中など関係なく、暦どおりのスケジュール。
苦労もありますが、皆さんと休みが被らないというのは、道も空いているし、駐車場の出待ちをしなければならないということもなく、その点では良かったと思います。

多くの方は、GW期間中の暇な時間にサイトを覗いてくれると思っています。
NHKマイルCについての追い切り考察等をしっかりと更新していきます。
GW期間中もご覧いただければ幸いです。いや、GW期間を過ぎましても、今後とも爆穴ブログを宜しくお願いします。

競馬学会の厳選買い目無料公開!

今週の『競馬学会』では、『新潟ジャンプS(J.G3)』と『新潟2歳S(G3)』の厳選買い目を無料公開するそうです。

新潟ジャンプSでは京都ハイジャンプ(J.G2)を優勝しているシゲルヒノクニ(牡7)が参戦予定。
実績では同馬が頭1つ抜けています。昨年の七夕賞(G3)を制したメドウラーク(牡8)も登場。障害入りしてから4戦して2勝しています。
絶対的な存在は不在で混戦模様です。

新潟2歳Sでは、現段階で17頭出走を予定しています。
早くもクラシック候補と呼び声高いモーベット(牝2)が登場。
新潟2歳Sは春の3歳GI路線に繋がる1戦でもあり2018年に優勝したケイデンスコールは今年のNHKマイルCで2着に入線。後の活躍馬も多数誕生している1戦なので注目したいですね。

先週『競馬学会』では無料情報として公開された札幌記念(G2)が見事的中!
▼先週の無料予想の的中実績▼

08/18(日)───────
【札幌11R】15:45
札幌記念 芝2000m
《三連複》ながし
─────────────
軸:9
相手:1‚3‚8‚10‚12
─────────────
買い目合計:10点
推奨購入馬券代:500円
------------------------------
計5000円
─────────────

【3連複ながし】
1-10-9の決着。12.6倍×1点あたり500円=6300円の的中!
3連複10点で回収率は126%!お見事です!

『競馬学会』では無料公開する新潟ジャンプSと新潟2歳S以外にも土日2鞍ずつ無料情報を公開しています。
これを機に登録して使ってみてください!

用意するのはメールアドレスのみ。フリーアドレスで構いませんよ。僕もフリーアドレス(Gmail)を利用していますから。

\ リッキーもオススメ! /

無料申し込みはこちら