天皇賞春 2017 出走予定|想定騎手と推定オッズに有力馬考察・注目馬

シェアする

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

この記事では、天皇賞春の想定騎手入り出走予定馬と推定オッズ(4月24日夕方頃公開)の掲載を行っています。
有力馬考察と現時点での注目馬も一緒に掲載していますので、ご覧いただけたら幸いです。

ちゃちゃ
3200Mの長距離レースです
こてつ
持久力が求められる舞台だが、意外と前走2000M台の馬も活躍しているから注意だな
リッキー
具体的には、G2時代の大阪杯の連対率33.3%と京都記念が40.0%ですね
ちゃちゃ
阪神大賞典組は、実は連対率は一桁なんですよね
リッキー
長距離レースを得意としているメンバーもいますが、あまりこだわりを持ってみるのはよろしくありません

それでは、出走馬を見ていきます。

スポンサードリンク

出走予定馬

馬名斤量想定推オッズ
アドマイヤデウス58岩田75.3
アルバート58川田22.3
キタサンブラック58武豊2.1
ゴールドアクター58横山典24.6
サトノダイヤモンド58Cルメール2.5
シャケトラ58田辺10.8
シュヴァルグラン58福永8.4
スピリッツミノル58358.3
タマモベストプレイ58吉田隼277.5
ディーマジェスティ58蛯名47.3
トーセンバジル58四位68.9
ファタモルガーナ58 浜中589.6
プロレタリアト56杉原698.2
ヤマカツライデン58松山306.5
ラブラドライト58酒井247.6
レインボーライン58Mデムーロ14.3
ワンアンドオンリー58和田85.2

除外対象

馬名斤量想定
カレンミロティック58池添
トウシンモンステラ58

有力馬考察

キタサンブラック
≪牡5/鹿 清水久詞厩舎≫

【前走】大阪杯 1着
【父】ブラックタイド
【母父】サクラバクシンオー

前走の大阪杯は、人気に応えて見事に勝利を収めました。
レースラップは終始12秒前後を刻む中で、なかなか息が入らない流れになりましたが、それでもあっさりと勝つ内容でした。
1番手から3番手を進んだマルターズアポジー・サクラアンプルール・ロードヴァンドールが下位に沈んだことからも、ペースは厳しかったと見るべきでしょう。

レースはマルターズアポジーが引っ張る中で3番手の内を追走。
前との差は7馬身程後方を追走し、4コーナーを迎えます。
4コーナーでは2番手にポジションを上げ、残り300Mの地点で前を交わすと、あとは押し切る内容でした。

今回は3200Mのレースですから、勿論スローの流れが濃厚です。
前年の覇者で連覇を目指す1頭ですが、間違いなく今回も筆頭候補となるでしょう。

仮にもサトノダイヤモンドの方が人気が出るとすれば、オッズは妙味が出てくるでしょう。
逆張り発想ではないですが、前走はそれでも仕上がりが甘いところがありましたので、使われた今回の方が面白いと思います。

サトノダイヤモンド
≪牡4/鹿 池江泰寿厩舎≫

【前走】阪神大賞典 1着
【父】ディープインパクト
【母父】Orpen

皐月賞でワンツーを決めた池江厩舎の期待の星、サトノダイヤモンドです。
サトノ冠の勢いが、今年に入り沈んだような気もしますが、サトノダイヤモンドの前走は余裕ある圧巻の走りでした。

着差は0.2秒差と辛勝だったようにも思いますが、内容はあっぱれと言って過言ではないと思います。
10頭立てと少頭数でしたが、4コーナーでは外々を回る内容でした。
直線を向いてから追われると、楽な手応えで前を走るシュヴァルグランを交わしてのゴール。
着差以上に強い勝ちっぷりでした。

1番凄いと感じるのは、阪神大賞典では少頭数だったとはいえ、やや後ろからのレースになりました。
しかし、3コーナーから4コーナーでポジションを上げると、最後もしぶとく伸び続けての内容でした。

普通の馬であれば、あのポジションの押し上げは、逆に致命傷になります。
脚を使ってしまい、最後に伸び脚が鈍るからです。

しかし、そんなことはお構いなしと最後まで伸び続けていますので、化け物の片鱗を見せましたね。

通算成績は≪7.1.1.0≫で、まだ底を見せていません。
ハイレベル皐月賞で3着、日本ダービーで2着というだけで、複勝率100%の成績を残しています。
今回はキタサンブラックと人気を分けることになるかもしれませんが、恐らく1人気が濃厚。
ただし、1人気が勝てないジンクスがある天皇賞春だけに、その点は心配材料も。

ゴールドアクター
≪牡6/青鹿 中川公成厩舎≫

【前走】日経賞 5着
【父】スクリーンヒーロー
【母父】キョウワアリシバ

前走の日経賞では1人気になるも、終わってみれば有馬記念よりも着順が低い5着でした。
得意としている中山での馬券外に飛ぶことは想像していませんでしたが、前走の追い切りでは【B-C】評価をしていて、雰囲気が悪かったのを覚えています。

休み明けでの1戦だったことも要因に上げてもいいかもしれませんが、単純に年齢による衰えの可能性は否めません。
また中距離のイメージが拭い去れず、3000M以上のこの距離では果たしてどんな結果になるのか楽しみでもあります。

シャケトラ
≪牡4/青鹿 角居勝彦厩舎≫

【前走】日経賞 1着
【父】マンハッタンカフェ
【母父】Singspiel

前走は日経賞を優勝し重賞制覇。
2着にも4歳馬のミライヘノツバサが入り、ハイレベル世代を印象付けた1戦でした。

ここまでの通算成績は≪4.1.1.0≫でいずれも複勝圏内。
デビューが16年6月だったことを考えれば、順調にここまで来ています。
この安定した成績を残している要因の1つが末脚。
ここまで、上り3F時計を見ると≪5.0.1.0≫で、上りタイムが3位だったのは日経新春杯で2着に入ったレースでした。

距離2200M以上の距離で≪3.1.0.0≫で安定した結果を残していて、まだこの距離では底を見せていません。
2着となった日経新春杯も、ミッキーロケットとはハナ差の接戦で、底を見せたとは言えないでしょう。

デビューから1年経たずしてG1制覇は夢が膨らむレースとなりますが、可能性は十分にあるとみています。

レインボーライン
≪牡4/鹿 浅見秀一厩舎≫

【前走】日経賞 4着
【父】ステイゴールド
【母父】フレンチデピュティ

菊花賞でサトノダイヤモンドの2着に入った実績を持つ馬。
距離が3200Mになる今回は注目しなければいけない1頭になるでしょう。

ただ、適距離がなかなか難しく、NHKマイルCで3着に入るなど、マイルのスピードも、菊花賞で2着に入る持久力も持ち合わせています。
距離は長ければ長いほどというタイプではないにしても、菊花賞で2着に入っている能力は十分に買える材料だと見ています。

前走は敗れたと言っても0.3秒差で1馬身半程の差しかありませんでした。
5着にはゴールドアクター、6着にはディーマジェスティと楽なレースではないのは明白です。

安定感を欠く走りをしていますが、現状では地力上位という見方をする方がいいでしょう。

現時点での注目馬

現時点で、天皇賞春で注目しておきたい1頭を掲載しておきます。

その馬は、アルバートです。
ステイヤーズSとダイヤモンドSを優勝しているように、長距離でこそ能力が発揮できる1頭であることは明白です。
昨年の天皇賞春では6着に沈みましたが、3200Mを走って0.5秒差であれば、まだ逆転の余地はあるでしょう。

今年もキタサンブラックやシュヴァルグランと、昨年好走したメンバーが揃っていますが、昨年末から今年に入り重賞で好成績を残しています。

今回は休み明けの1戦となることから、仕上がり具合が気になりますが、アルバートにとってみればここでG1が取れなければ来年はより厳しくなると思うので、ここを狙ってきているはず。
勝負度合いは必然的に高くなるでしょう。

以上、天皇賞春の出走予定馬でした。

夏競馬を絶好調の予想サイトで狙う。

7月になりました。
最も競馬で稼げる夏競馬のシーズンです。

夏競馬は「差」が出やすいので競馬予想サイトの実力差がはっきりします。

そんな中で今日は先月から絶好調を維持している競馬予想サイトを紹介たいと思います。

APLI(アプリ)という競馬予想サイトです。

まず、7/1の函館2R。

7/1 函館2R
3歳未勝利
三連単12点✕1000円
的中 1,956,400円

8-9-12(9番人気-8番人気-3番人気)での決着でした。
この荒れたレースをたったの12点で的中しています。

間違いなく普通では買えない馬券です。
この展開を読み切ったのは流石です。

そして、CBC賞も・・・

7/1 中京11R
CBC賞(G3)
三連単30点✕1000円
的中 1,660,900円

4番人気-9番人気-8番人気での決着でした。
こちらは広めに30点買いで的中です。

自信があれば絞って勝負、怪しいときは広く買って勝負。
このバランス感覚は多くの競馬予想サイトの中でもAPLIがトップでしょう。
予想の精度は間違いなく業界トップクラスですし、
APLIで勝負していけば安定してプラス収支を維持していけるでしょう。

堅いレースも荒れたレースも的中しているのはオッズに流されることなく、
本当に走れる馬をしっかりと見抜いている何よりの証拠です。

もちろん、APLIはこれ以外のレースでも的中しています。
平均して土日で10〜15本は的中しているイメージです。

固く数万円の的中を拾う時もあれば、大きく100万超の的中を叩き出す時もあります。

無理をして高配当狙いをするのではなく、的中最優先な姿勢は好印象です。

「走る馬を見抜く」

基本的なことですが、それをしっかり実践しているAPLIは利用していてとても安心できます。
オッズで予想をするのではなく、後からオッズはついてくるものです。

無料予想も充実していますし、抑えておいて損はありません。
是非、チェックしてみてください。

APLI(アプリ)に登録する方はコチラ

※メールアドレスだけで登録可能です

スポンサードリンク

シェアする

フォローする