天皇賞春 2017 予想|馬連とワイドの2点勝負!|伏兵扱いの2頭で

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

この記事では、天皇賞春の最終見解と予想について書いていきたいと思います。
相変わらず予想の方がスランプが続いていますが、軸馬予想はについては土曜日に公開した全頭が3着以内を確保しました。
機械的に走る馬を見つけているので私の実力ではないですが、嬉しいです。
ガチガチの決着でしたが、京都11R天王山Sも当てることができました。
回収率に影響しない程度の的中でしたので、それが非常に残念ですが、この勢いを天皇賞春にも繋げていきたいと思います。

天皇賞春は、距離は3200Mととても長い距離を走ります。
運動不足の私からすると、この距離はゾッとしますww

注目はキタサンブラックとサトノダイヤモンドの2強対決。
その2強のうち、サトノダイヤモンドに大口投票が入ったそうです。

サトノダイヤモンド
08:20 複勝124万
10:35 複勝168万
11:00 単勝105万
11:25 単勝111万
14:06 複勝320万
14:41 複勝133万
15:57 単勝182万
16:22 単勝189万
16:32 単勝252万
16:37 単勝878万

天皇賞春 2017 オッズ サトノダイヤモンドの単勝に878万!

大口投票には、その根拠が必要となります。
外枠に入ったにも関わらず、これだけの大口投票が入っているということは、オッズの妙味以上に、何かの情報を掴んでいる可能性はありますよね。
追い切りを見た感じでは、勝つこともありそうだけど、2着3着も有り得そうかな程度で、絶対に勝てる見込みがあるという風には思いませんでした。
地力は十分に引き出せるものはありますが、その方は、何らかの意図をもって買っていると思います。

だけど、878万円は、私の年収にも届かないので、世の中に金があるところには金があるんだなと思いましたww
その1%でいいので欲しいですww

競馬で稼ぎましょう!!

天皇賞春の最終見解

天皇賞春は、京都3200Mで実施されるレース。
3200Mを走るスタミナも大事ですが、血統的には欧州血統・スピード血統のどちらも大事というお話をさせていただきました。
[blogcard url=”https://bakuana.xyz/tennnousyouharu-2017-kettou/”][/blogcard]
血統的考察的には、稀に的中?3代血統で重賞予想をご覧いただければ(いつも朝方に更新されているようです)と思いますが、今注目の予想ブロガーさん「音速の馬券師」さんの記事にも血統について詳しく分析をされていました。
[blogcard url=”http://kousoku-keibayosou.com/tennousyouharu2017yosou/”][/blogcard]
ディープインパクト産駒の考察なども行っていますので、興味が沸きましたらご覧になっても時間は惜しくないと思います。

色々な方が見解を発表していますが、やはり最終的には追い切りを中心に見ていく方がいいかなと思います。
難解な1戦ですから、特に仕上がりが大事になると思った方がいいです。

[blogcard url=”https://bakuana.xyz/tennnousyouharu-2017-oikiri/”][/blogcard]

1頭目は枠順で運も味方につけたシャケトラ

1頭目は、追い切り評価で【A-B】評価を付けたシャケトラとしました。
今回は、枠順で最内を引く、引きが強いのも好感です。

枠の実績を見ると1枠が抜けた成績を残している天皇賞春。
以下、表を用意しましたのでご覧ください。

1着2着3着以下勝率連対率複勝率
15111226.3%31.6%36.8%
2022150.0%10.5%21.1%
32011710.0%10.0%15.0%
4101185.0%5.0%10.0%
5010190.0%5.0%5.0%
6113155.0%10.0%25.0%
7021240.0%7.4%11.1%
8131233.6%14.3%17.9%

さすがにこのデータは、たまたまとは言い切れないデータです。
これは無視することはできません。

しかも、今回は上昇気配を感じさせる追い切りを消化したシャケトラが入りました。
これを狙わずしていつ狙う。
オッズ妙味で言えば、2強ばかりに注目が行く今回がベスト。
ここで結果を残せば、次からが異常人気になる可能性は大いにありますから、ここを狙うのがベストだと判断。
1頭目はシャケトラで挑みたいと思います。

2頭目は同じく内枠を引けたシュヴァルグラン

昨年3着に入りましたが、血統的にも走って不思議ではない構成。
追い切り評価では【A】評価で、上昇気配漂う追い切りでした。

3枠もデータ的には悪くない数字です。

データと言えば、『わがまま♪新馬券生活!!』さんも興味深い記事を書かれていました。
データと言えば、というブログでしょう。興味がある方は覗いて見てください。
[blogcard url=”http://wagamamakeiba.com/tennousyou-spring2017-yosou/”][/blogcard]

有馬記念⇒阪神大賞典の臨戦は王道路線で、過去30年は【3.2.1.14】。勝率15・連対率25・3着内率30とまずまずなんですが、過去10年は【0.0.0.10】。2006年にディープインパクトが勝ったのが最後となっております。

天皇賞春2017予想|血統よりも追い切りとデータを重視しました

この10年は1頭も馬券内に入っていないというのは大変怖いデータですが、追い切りを見れば買いたくなる1頭。
2強ばかり注目されていますが、1人気が沈むデータもある天皇賞春ですので、十分に狙える1頭です。

天皇賞春の予想まとめ

注目の天皇賞春ですが、今回はシャケトラとシュヴァルグランの馬連とワイドで勝負したいレースです。
1人気の成績が【0.0.1.9】と絶不調な天皇賞春だけに、毎年のように波乱が起きています。
キズナやゴールドシップだけでなく、あのオルフェーヴルも1人気の呪いとも言えるスランプに巻き込まれました。
今年もそう易々とは走ることはできないでしょう。

データ的には2人気~4人気に妙味あり。
上記の馬券も十分に現実的です。

以上、天皇賞春の予想でした。

TAZUNAさんは無料提供情報が充実!

■イチオシ””TAZUNA””
今週から舞台を中山に移し、春のG1や3月末のドバイミーティングに向けて有力馬が始動するG1並みのメンバーが揃う中山記念が行われます!
好メンバーが揃った中山記念の注目のデータを発見したのでご紹介しますね~!

【中山記念データ】
08,09年連覇→カンパニー
12年2着,13年3着→シルポート
14年3着,15年2着,17年3着→ロゴタイプ

非根幹距離の中山芝1800mは特殊なレースでリピーターよく来るレース。
去年1着ウインブライト、3着マルターズアポジーは人気なくても要注意!

今オススメしている競馬予想サイト『TAZUNA』は、今週は中山記念の無料予想&買い目提供が決定!!
まだ登録していない方は、春のG1シーズン前に相性の良いサイトを作っておくことをオススメしています。

ー直近の重賞的中実績ー

クイーンC→⇒(4点1,200円→58,200円)
京都記念⇒(6点1,000円→170,600円)
東京新聞杯⇒(6点1,000円→181,900円)
きさらぎ賞⇒(24点200円→ 283,920円)

中山記念に直結しそうな中距離古馬重賞の京都記念・東京新聞杯も的中してるので今週も期待できそうです!
十万円以上の払戻を3度も出していて破壊力抜群の予想サイトです。

17日(日)に行われたG1フェブラリーS、G3小倉大賞典の両レースで3連単を小点数で的中。
どちらも3着に福永騎手、小牧騎手の好騎乗が光って人気薄が激走!高配当になりました。

こちらは土曜夜に公開された無料情報。少し分かりづらいスクショですが、よくご覧下さい。
6人気-1人気のワイドを1点で的中。メインレースの軍資金作りに最適な無料情報をいつも提供してくれます!

簡単メルマガ登録のみ。まずは無料でお試しください。確認メールきたらクリックしてログイン!
配信が確定している中山記念の買い目をチェックしましょう。

前日の夜に公開されます。オススメサイトなので、あなたも一緒に利用してみてくださいね。

\無料登録をするだけでOK/

今週末の無料情報を獲得する方はコチラ