フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから

【天皇賞春2016出走予定馬】想定騎手と推定オッズ

2016/4/25/

こんばんは、リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

この記事では、天皇賞春に出走を予定している馬と想定騎乗騎手と推定オッズの掲載を行っています。

3200Mで行われるこのレースは、長距離の頂上決戦とも言えます。

出走予定馬

左から馬名・斤量・想定騎手・推定オッズ

  • アドマイヤデウス 58.0 岩田 56.4
  • アルバート 58.0 Cルメール 18.2
  • カレンミロティック 58.0 池添 224.1
  • キタサンブラック 58.0 武豊 3.9
  • ゴールドアクター 58.0 吉田隼 2.4
  • サウンズオブアース 58.0 藤岡祐 7.8
  • サトノノブレス 58.0 川田 86.9
  • シュヴァルグラン 58.0 福永 5.9
  • タンタアレグリア 58.0 蛯名 22.2
  • トゥインクル 58.0 勝浦 45.0
  • トーセンレーヴ 58.0 武幸 297.4
  • トーホウジャッカル 58.0 酒井 13.3
  • ファタモルガーナ 58.0 内田博 315.6
  • ファントムライト 58.0 三浦 195.8
  • フェイムゲーム 58.0 Hボウマン 9.7
  • マイネルメダリスト 58.0 柴田大 266.7
  • ヤマニンボワラクテ 58.0 丸山 336.2
  • レーヴミストラル 58.0 川田 46.2

除外対象

  • マドリードカフェ 58.0 -- 368.2

有力馬考察

ゴールドアクター

前走は日経賞を優勝。父スクリーンヒーロー・母父キョウワアリシバ。

14年の菊花賞を3着後は長らく休養を挟むものの、復帰後は3連勝でアル共杯を制すと、その勢いそのままに有馬記念を制しグランプリ馬となりました。

前走も危なげのない走りを披露しての勝利。

ハイペースでも残れるし、スローでもレースが出来る点では現役最強馬の呼び声も。

キタサンブラック

前走は大阪杯2着。父ブラックタイド・母父サクラバクシンオー。

昨年の菊花賞を制していることからも、母父サクラバクシンオーが不安視された距離も克服してみせた。

有馬記念でも3着に残っていることからも、地力の高さを証明した格好。

京都適正も菊花賞で証明しているので、不安な点はなし。

鞍上も引き続き武豊騎手ということで、乗り替わりがない点も○。

シュヴァルグラン

前走は阪神大賞典を優勝。父ハーツクライ・母父Machiavellian。

昨年の春の時点では成長途上だったが、一夏を超えて秋以降に一気の才能を開花させた1頭。500万条件から1戦ずつ勝ち上がってきました。

今年はG2を2戦して2連対という内容で、前走は3000Mで行われる阪神大賞典を勝ったことで一気に有力馬に名乗りを挙げました。

距離の不安はない1頭なので、初G1挑戦で優勝の2文字も見えてきています。

注目馬

現時点で注目しているのはゴールドアクター。

この時点で、まだ1週間前の追い切り考察を更新していませんが、その1週前追い切りではかなり良く見えた1頭。

その他の有力馬はやや疑問や不安の残る内容でした。

1週前の時点である程度完成している点はプラス材料と見ていいでしょう。

長距離で予想材料が乏しい天皇賞春こそ、プロ予想家にまず聞いてみよう。

1.週末の無料買い目はいつも楽しみ

【最新的中実績】

竹下かおり監修レープロ、天皇賞春週無料予想は以下をクリック

【公式】レープロの詳しい情報はコチラから

2.元調教助手 田端正照氏重賞無料公開予定

【最新的中実績】

田端正照の重賞無料予想はメールアドレスのみで受取可能!

【公式】シンジゲートの詳しい情報はコチラから

レープロ・シンジゲートの2つは頼もしい情報を与えてくれますので、まずは登録されて得られる情報を増やしてみて下さい。

-出走予定馬
-