天皇賞秋 2018 予想|馬連とワイド|動き良かったマカヒキともう1頭

リッキーです。ご覧いただきありがとうございます。

天皇賞秋の予想を公開したいと思います。
今回も馬連とワイドの2頭で勝負をしますので、参考にされる方は参考までに。

さて、天皇賞秋の追い切りでは、1頭目にオススメしたのはマカヒキでした。
詳しくは以下をご覧下さい。

天皇賞秋の追い切りについてチェックしています。前走のタイムや映像を比較して、今回の調子の良し悪しを判断しています。注目はレイデオロとマカヒキのダービー馬対決。レイデオロの方が人気が出そうですが、マカヒキの方が動きは良かったです。1週前の動きを見る限りでは、レイデオロの方は少々不安視したい内容でした。

そのまま1頭目はマカヒキを選択したいと思います。
武豊人気と相まって5.4倍というのはさすがに人気し過ぎのような気もしますが、動きは良かったと思うだけに楽しみが広がるものでした。

前日オッズを見ると、1人気はスワーヴリチャード。
レイデオロとの差は僅かなので、もしかしたらレイデオロの方が人気になるかもしれません。

ただ、そのスワーヴリチャードは追い切りではあまり前向きには評価できないものでしたので、その点ではこの人気は追い切り的には怖いなと思います。

積極的に買わなくてもいいのではないかと思いますので、ここは切っていきます。

追い切りで3頭目にオススメしていたサクラアンプルールですが、東京2000Mでは避けたい8枠。
内枠から選ぶ方がいいと思うので、今回はさすがにパスします。

ここは仕方がないものの、レイデオロを選択して、マカヒキとレイデオロの2頭の馬連とワイドで勝負したいと思います。

穴を狙うならサクラアンプルールでしょう。
8枠を気にしないのであれば買ってもいいかもしれません。

そこまでの内容ではないとも思いますので、ここはマカヒキとレイデオロで。
馬連1とワイド10の組み合わせが良いと思いますので、参考にされてみてください。