【天皇賞秋2016血統傾向】過去10年の勝馬と3着内馬の一覧と共に

リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

天皇賞秋の過去10年の勝馬と3着内馬の血統構成を見ていきたいと思います。

と言っても、天皇賞秋らしい血統構成というのはなかなか見えてこなかったのですが、逆にそこが天皇賞秋らしいのかなと感じる部分です。

ただし、血統の勉強中なので、どこか間違っている部分があるかもしれませんが大目にご覧ください。私の勉強ついでと言ってはなんですが、自分が分かりやすくするようにまとめています。

それでは詳しく見ていきたいと思います。

過去10年の3着内馬の血統構成

過去10年で馬券に絡んだ馬について見ていきたいと思います。

開催年馬名開催年馬名
20151ラブリーデイ20101ブエナビスタ
2ステファノス2ペルーサ
3イスラボニータ3アーネストリー
20141スピルバーグ20091カンパニー
2ジェンティルドンナ2スクリーンヒーロー
3イスラボニータ3ウオッカ
20131ジャスタウェイ20081ウオッカ
2ジェンティルドンナ2ダイワスカーレット
3エイシンフラッシュ3ディープスカイ
20121エイシンフラッシュ20071メイショウサムソン
2フェノーメノ2アグネスアーク
3ルーラーシップ3カンパニー
20111トーセンジョーダン20061ダイワメジャー
2ダークシャドウ2スウィフトカレント
3ペルーサ3アドマイヤムーン

上記の馬の血統構成を見ていきます。

開催年1着2着3着
母父母父母父
2015キングカメハメハダンスインザダークディープインパクトクロフネフジキセキCozzene
ミスプロ系サンデーサイレンス系サンデーサイレンス系デピュティミニスター系サンデーサイレンス系グレイソヴリン系
2014ディープインパクトLyciusディープインパクトBertoliniフジキセキCozzene
サンデーサイレンス系ミスプロ系サンデーサイレンス系ダンチヒ系サンデーサイレンス系グレイソヴリン系
2013ハーツクライWild AgainディープインパクトBertoliniKing’s BestPlatini
サンデーサイレンス系ニアークティック系サンデーサイレンス系ダンチヒ系ミスプロ系ハンプトン系
2012King’s BestPlatiniステイゴールドDanehillキングカメハメハトニービン
ミスプロ系ハンプトン系サンデーサイレンス系ダンチヒ系ミスプロ系グレイソヴリン系
2011ジャングルポケットノーザンテーストダンスインザダークPrivate AccountゼンノロブロイCandy Stripes
グレイソヴリン系ノーザンテースト系サンデーサイレンス系ダマスカス系サンデーサイレンス系レッドゴッド系
2010スペシャルウィークCaerleonゼンノロブロイCandy Stripesグラスワンダートニービン
サンデーサイレンス系ニジンスキー系サンデーサイレンス系レッドゴッド系ロベルト系グレイソヴリン系
2009ミラクルアドマイヤノーザンテーストグラスワンダーサンデーサイレンスタニノギムレットルション
グレイソヴリン系ノーザンテースト系ロベルト系サンデーサイレンス系ロベルト系ネヴァーベンド系
2008タニノギムレットルションアグネスタキオンノーザンテーストアグネスタキオンChief’s Crown
ロベルト系ネヴァーベンド系サンデーサイレンス系ノーザンテースト系サンデーサイレンス系ダンチヒ系
2007オペラハウスダンシングブレーヴアグネスタキオンベリフアミラクルアドマイヤノーザンテースト
サドラーズウェルズ系リファール系サンデーサイレンス系リファール系グレイソヴリン系ノーザンテースト系
2006サンデーサイレンスノーザンテーストサンデーサイレンスMachiavellianエンドスウィープサンデーサイレンス
サンデーサイレンス系ノーザンテースト系サンデーサイレンス系ミスプロ系フォーティナイナー系サンデーサイレンス系

サンデーサイレンス系が結果を残しているが…

連対馬の実に13頭がサンデーサイレンス系で、ロベルト系を含めると15頭がヘイルトゥリーズン系が占めています。

しかし、2着馬に関しては結果を残しているサンデーサイレンス系ですが、勝馬となると話が違ってきて、10年で4頭しか勝馬が出ていません。

サンデーサイレンス系は勝ち切れない血統とも言えそうです。

母父ノーザンダンサー系に注目

2015年ステファノス・2013年2014年ジェンティルドンナ・2012年フェノーメノ・2010年トーセンジョーダン・2008年ダイワスカーレット・2007年アグネスアーク・2006年ダイワメジャーの7頭はSS系×ノーザンダンサー系の組み合わせを持つ馬。

7頭で8回も連対しているということで、サンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系のこの組み合わせの馬に注目したい。

特に母父にノーザンテーストを持つ馬の活躍が目立つ点も注意したい傾向の1つ。

この場合は、ナスルーラ系×ノーザンテーストでも当てはまり、傾向的に母父ノーザンダンサー系が活躍していると言える傾向です。

サンデーサイレンス系が活躍も母父になると不振

昨年のラブリーデイは母父ダンスインザダークでサンデーサイレンス系だったものの、この10年では2頭の母父サンデーサイレンス系の活躍があるのみでした。

1つ上の傾向で指摘している通り、母父ノーザンダンサー系が活躍

さらに3着まで目を向けると、母父ナスルーラ系が活躍している点には十分に注意したい。

仲良しのブロガーさんの記事を参考にしてみます

まだまだ血統の勉強中ということもあり、普段仲良くさせていただいているブロガーさんの血統考察を参考にしてみたいと思います。

天皇賞秋の血統傾向から走る血を探してみたんですが

このレースはとにかく2つの血が相性抜群

それがグレイソヴリンとダンチヒ

グレイソヴリン

14年1人気3着 イスラボニータ(母父)

13年5人気1着 ジャスタウェイ(父母父)

12年2人気3着 ルーラーシップ(母父)

11年7人気1着 トーセンジョーダン(父)

10年2人気3着 アーネストリー(母父)

09年5人気1着 カンパニー(父)

09年1人気3着 ウオッカ(父母父)

08年1人気1着 ウオッカ(父母父)

07年6人気3着 カンパニー(父)

ダンチヒ

14年2人気2着 ジェンティルドンナ(母父)

13年1人気2着 ジェンティルドンナ(母父)

12年1人気2着 フェノーメノ(母父)

11年2人気2着 ダークシャドウ(母母父)

10年2人気3着 アーネストリー(父母父)

09年7人気2着 スクリーンヒーロー(父母父)

08年3人気3着 ディープスカイ(母父)

これらは07年以降の天皇賞秋でグレイソヴリンまたはダンチヒの血を持ち馬券になった馬

グレイソヴリンは8年連続

ダンチヒは7年連続

それぞれの血が必ず1頭は馬券になりこれだけ連続して好走してるので

まずはこの血を持つ馬をピックアップしてそこから本命馬を選ぶという手もありでしょうし

逆に相手本線にこの血を持つ馬を据えるという手もありかと

引用:天皇賞秋2015 血統データ~毎年のように馬券になる2つの血

上の引用は、稀に的中?3代血統で重賞予想さんの昨年の血統考察記事。

これを見ると、昨年は母母父にトニービン(グレイソヴリン系)を持つラブリーデイが優勝。

2着のステファノスも母母母父にダンチヒを持つ血統で、3着のイスラボニータも母父はグレイソヴリン系と、この条件に合致。

今年もこの傾向は続きそうだと見ています。

血統表のどこかに、グレイソヴリンとダンチヒの血を持つ馬がいたら積極的に狙っていきたい傾向の1つです。

今年の出走予定馬の血統情報を見ていきます

馬名母父
アドマイヤデウスアドマイヤドンサンデーサイレンス
ミスプロ系サンデーサイレンス系
アンビシャスディープインパクトエルコンドルパサー
サンデーサイレンス系ミスプロ系
エイシンヒカリディープインパクトStorm Cat
サンデーサイレンス系ストームバード系
カムフィーダンスインザダークノーザンテースト
サンデーサイレンス系ノーザンテースト系
クラレントダンスインザダークダンシングブレーヴ
サンデーサイレンス系リファール系
サトノクラウンMarjuRossini
ノーザンダンサー系ミスプロ系
サトノノブレスディープインパクトトニービン
サンデーサイレンス系グレイソヴリン系
ステファノスディープインパクトクロフネ
サンデーサイレンス系デピュティミニスター系
ヒストリカルディープインパクトノーザンテースト
サンデーサイレンス系ノーザンテースト系
モーリススクリーンヒーローカーネギー
ロベルト系サドラーズウェルズ系
ヤマカツエースキングカメハメハグラスワンダー
ミスプロ系ロベルト系
ラブリーデイキングカメハメハダンスインザダーク
ミスプロ系サンデーサイレンス系
リアルスティールディープインパクトStorm Cat
サンデーサイレンス系ストームバード系
ルージュバックマンハッタンカフェAwesome Again
サンデーサイレンス系ヴァイスリージェント系
ロゴタイプローエングリンサンデーサイレンス
サドラーズウェルズ系サンデーサイレンス系

この中で血統傾向に当てはまる馬を見つけていきたいと思います。

まずは、母父ノーザンダンサー系の馬を見ていくと、

  • エイシンヒカリ
  • カムフィー
  • クラレント
  • ステファノス
  • ヒストリカル
  • モーリス
  • リアルスティール
  • ルージュバック

上記の8頭ですね。

その中で、母父ノーザンテーストなのが

  • カムフィー
  • ヒストリカル

上記の2頭となっています。

そして、稀に的中?3代血統で重賞予想さんの傾向に当てはめると、

  • アドマイヤデウス(父母父トニービン)
  • エイシンヒカリ(母母父Caro)
  • サトノノブレス(母父トニービン)
  • ステファノス(母母母父Chief’s Crown)
  • モーリス(父父母Ameriflora)
  • ヤマカツエース(母父母Ameriflora)
  • ラブリーデイ(母母父トニービン)

上記の7頭に関しては探し出すことができました。その他にいましたらスミマセン。

上記で名前を挙げた馬で追い切りで動いた馬を2頭選べばいいのかなぁという気がしますが、個人的には

サトノノブレス

はこのメンバーでも好走してもおかしくない血統構成かなと思います。

父ディープインパクト×母父トニービン、3着はあっても良さそうですね。

また、人気が一番無さそうなカムフィーではありますけど、血統構成から言えば好走出来てもおかしくはないかなと思います。

血統的に軽視したい馬

血統的に軽視したいのは、

  • アドマイヤデウス
  • ロゴタイプ

上記の2頭です。

アドマイヤデウスとロゴタイプの2頭ともに母父サンデーサイレンス系。

好走馬の特徴である、ダンチヒとグレイソヴリンの血を持ち合わせていません。

この2頭が好走するのはないのかなと感じるものでした。

以上で天皇賞秋の血統考察を終わります。ご参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク