【天皇賞秋2015サイン】プレゼンターは東出昌大 CMは画廊?

おはようございます、この記事では天皇賞秋のサインについてまとめていきたいと思います。

G1の中でも最も長い歴史をもつ天皇賞は、秋は東京競馬で行われます。

プレゼンターは東出昌大さん。杏さんとのご結婚が今年早々に賑わせたニュースでしたね。

CMは画廊というか、競馬博物館のような雰囲気の仕上がりです。

その辺りも考えながらサインを考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

プレゼンター

今年のプレゼンターに選ばれたのは俳優の東出昌大さん。

プロフィールを紹介すると、1988年生まれの27歳。高校時代にモデルとしてデビュー。2012年に映画「桐島、部活やめるってよ」に出演し俳優デビュー、以後、数多くの映画や舞台、ドラマに出演。本年、10月より放送中の名馬たちと人間の愛情が輝く感動のショートストーリー「緑の中の詩」ではナビゲーターとして出演し様々な角度から競馬の魅力を語っている。

もう少しプロフィールを付け足すと、1988年2月1日生まれ。埼玉県出身です。

そして、今年2015年1月1日に婚姻届を提出しました。お相手は女優の杏さん。結婚式は10月4日、港区の愛宕神社で行われたそうです。

特技は剣道にバスケットボールとサッカー。スポーツがお得意のようですね。

プレゼンターから関連することと言えば

東出昌大さん関連で気になるのは

やはり気になるのは、テレビ東京で放送されている『緑の中の詩』。ナビゲーターとして出演しています。

第1回目は、サイレンススズカの面影を求めて栗東トレーニングセンターにを訪れ、橋田調教師の感動ストーリーに迫るというものでした。

サイレンススズカと言えば、天皇賞秋で予後不良となりました。

奇しくも、1998年11月1日の出来事でした。今年は11月1日開催となる天皇賞秋。

サイレンススズカを彷彿とさせる逃げを見せているエイシンヒカリ。サイレンススズカと同じく、武豊騎手が騎乗し、毎日王冠を勝って挑みます。

この辺りがリンクする!?

杏さん関連も捨てきれない!?

やはりお相手の杏さん関連につい目が行ってしまいますね。結婚式が行われたのがつい最近ということで、その辺りも含めても杏さん関連も気にしても良さそう。

杏さんと言えば、日本の女優。1986年4月14日生まれ。父親はハリウッドでもご活躍の俳優、渡辺謙さん。

今回、特別登録をしている21頭を見ていくと、以下の2頭がなんだか面白そう。

  • アンビシャス
  • ワンアンドオンリー

この2頭には露骨に杏さんに関連しそう。ちょっと露骨ですけどね。

CM

気になるキーワード

気になったのが、過去の天皇賞秋を制した馬達。

  • 1965年のシンザン
  • 1989年のスーパークリーク(武豊)
  • 1997年のエアグルーヴ(武豊)
  • 2008年のウオッカ(武豊)
  • 2012年のエイシンフラッシュ

なぜこの5頭が選ばれたのか不明ですが、共通点を見つけようとすると完璧な共通点はありませんでしたが、5頭中なんと3頭が武豊騎手が乗っていた馬でした。

東出昌大さんの項目でも武豊騎手関連とサインらしきものが出ていましたが、ここまで共通点が出てくると武豊騎手に注目したくなりますね。

1週前ですけど、週刊誌も賑わせましたし、その前にテレビで自宅を初公開されてました。

ここ最近は武豊騎手の話題が尽きないですが、そろそろ本業での活躍に期待したいところ。

以上、天皇賞秋のサインについてでした。

スポンサーリンク

SNSでのシェアにご協力お願いします!

フォローしてください!