天皇賞春 2019 予想|最終見解と馬連とワイドの2点勝負馬券

リッキー
どうも!リッキーです。

いよいよ春の天皇賞が行われます。G1ということで予想を公開しておきます。

平成最後の、という言葉は見飽きた人も多いと思いますが、元号が変わるという節目。
終わり良ければの精神で頑張っていきたいと思いますww

今回も馬連とワイドの2点勝負で馬券を買いたいと思います。
当たればラッキーの気持ちで買いますので、あくまでも参考程度まででご覧いただけたら幸いです。

天皇賞春の予想参考

サンデーサイレンス系の活躍が目覚ましいというのは、過去の天皇賞の血統情報にて書きました。
多くの人が気づいていることなので、ここで差を付けるというのは難しいと思います。

ただし、ディープインパクト産駒は勝ちきれないのと、長距離適正が乏しい感じ。
キレのある脚を持つサンデーサイレンス系の中でもさらにキレにバロメータが振れているので、持久力や体力の部分が乏しいので、その部分を補う母方の血統が必要ではないかと思います。

ディープインパクト産駒で言えば、日経新春杯を勝ったグローリーヴェイズと菊花賞を勝っているフィエールマンの2頭がいます。

菊花賞を勝っているフィエールマンは、長距離適正が高いと考えていいと思います。

母方のリョヌドールは、2000MG1のリディアテシオ賞を勝利。
G2ではポモーヌ賞を勝っていますが、その距離は2500Mと、概ね2000M以上の距離に良績が集まっています。

ディープのキレる脚に、母方の持久力の部分が合わさり、良い形で長距離適正が出ていると判断していいでしょう。

ただ、やはりディープインパクト産駒。
勝ちきれないレースが続いてるので、ここでも2着3着に沈む可能性は十分に高いのではないかとも思ってしまいます。
平成最後の天春を、平成を賑わせたディープインパクトの息子が優勝というのも見てみたいものですが、馬券的には悩みどころです。

さて、その他の傾向を少し探ります。
追い切り考察を主にしているので、あまり傾向に頼るのは好きではないのですが、覚えておきたいのが枠番の傾向です。

まずは以下をご覧ください。

枠番着別度数勝率連対率複勝率
1枠5- 1- 1-13/2025.0%30.0%35.0%
2枠1- 2- 2-15/205.0%15.0%25.0%
3枠1- 1- 1-17/205.0%10.0%15.0%
4枠1- 0- 2-17/205.0%5.0%15.0%
5枠0- 0- 0-20/200.0%0.0%0.0%
6枠2- 2- 2-14/2010.0%20.0%30.0%
7枠0- 2- 1-24/270.0%7.4%11.1%
8枠0- 2- 1-27/300.0%6.7%10.0%

6枠が頑張っているので、内枠が断然とは言い切れないものの、7枠8枠は未勝利であるにもかかわらず、一方の1枠は断然の成績を残していて、コース内をスムーズに回れる馬が有利だと考えるのが妥当ではないかと思います。

今回のメンバーで言えば、チェスナットコートやエタリオウは有利な枠に入れたものの、クリンチャーやフィエールマンは不安材料も出てきたと判断しても良さそうです。

今年は13頭立てと少ないですので、どこまで枠順が鍵となるのかはわかりません。
しかし、外枠はいずれにしても勝ちきれないのはやはりマイナス要素だと思いますので、その点はしっかりと押さえておきたいと思います。

あとは、追い切り考察から良さそうな馬を見つけていきます。

最終見解はエタリオウを1頭目に指名します

今回の枠順を見ると、エタリオウは2枠2番と内枠に入ることができました。
脚質的には外枠でもと思いましたが、傾向的には買える材料。

追い切りでは、上昇とまでは言い切れないものでした。

そこはやはりG1なので、勝負度合いが高い馬から狙っていきたいのですが、前走の走りができればここでもと思うこともできます。

枠順のパワーも加味して、しっかりと狙っていきたいと思います。

もう1頭は追い切りで動いたアノ馬

追い切りで動いたカフジプリンスとします。

父は天春でも好走歴の多いハーツクライ産駒。

追い切りでは上昇度も高い馬ですので、今回は必勝態勢を作ってきたと思います。

やはりG1ですので、迫力が大事です。
走っている雰囲気で、これは!と思わせてくれるのはこの馬でした。

直感を信じて、伏兵馬ではあるもののカフジプリンスとしたいと思います。

予想まとめ

今回は、内枠で固めた形になりましたが、内枠が強い傾向が出ているので、追い切り上位馬に枠番に恵まれた馬を選択しました。

エタリオウとカフジプリンスの2頭を選びました。

2-6の組み合わせに40倍前後。
ワイドは11倍前後の予想オッズです。

当たっても穴というほどではありませんが、狙えるならばこの辺りになると思います。

終わり良ければになれば嬉しいです。