【七夕賞2016予想】追い切り好調だった2頭の馬連とワイドで勝負!

こんばんは、リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

この記事では、七夕賞の最終予想について記載しています。今回も最終追い切りの様子を参考に、2頭の馬連とワイドで勝負していきたいと思います。

【関連】:七夕賞2016最終追い切り|5段階評価とお薦め馬|「爆穴」〜的中率が低くても回収率で勝負するブログ

最終予想

七夕賞のデータをチェックしていきます。いつものように、無料で使うことのでき有料プランも充実のKLAN様を利用しています。

※KLAN様では、七夕賞は無料会員登録で有料プランの方が見ることのできる情報が特別に提示してあります。まずは無料会員になってみて、有料プランの機能を使ってみてください。リッキーお薦めの競馬ツールでお薦めしている競馬データサイトです。

過去10年の枠の傾向を見ると、外枠軽視でも良さそうなデータが出ていて、8枠から優勝馬が出ているのは11年のみ。この11年は震災の影響で中山で行われたレースなので参考外。福島で行われた他9回からは8枠の優勝馬は出ていない。

となると、8枠は基本的に軽視で良い。

脚質別に見ると、逃げと先行が有利に働いていて、10年のデータ上では差し馬が優勢になっているが、11年は1着から3着までを差しタイプが占めていてこちらも参考外で、11年を除外すると逃げ先行脚質が他を圧倒している。

内枠の逃げ先行馬を狙っていきたいレースになっている。

上記のことも気にしながら予想していきたい。

1頭目はダコール

最終追い切りの動きを見て、かなり気にしておきたいと思っていた1頭。枠順が出て更に面白くなったと思っていました。

今回は2枠からのスタートと枠の利も得ることができた。ここ2走は後方からのレースとなっている点は気にしなければならないが、今回はメンバーを見るとそこまで後ろに下げそうにない。

58kgのハンデがどう響くかは分からないが、追い切りの動きからは年齢を感じさせない素晴らしい動き。ハンデも克服してくれるだろう。

2頭目はマイネルラクリマ

2頭目には人気が低くなっているが、だからこそ積極的に狙いたいマイネルラクリマ。

この3走はいずれも2桁着順と結果が出ていないが、追い切りの動きは復調気配を漂わせている。注意したい1頭に違いない。

前走は距離が長すぎた形での凡走だけに、距離が短縮されるのもプラスに働くだろう。

最後に

今回はダコールとマイネルラクリマの馬連とワイドで勝負。

推定馬連オッズは150倍前後。同ワイドは36倍前後と高配当に期待。

なんかないかなーと思ってた時に見つけたサイト

データ解析×人的要因網羅の情報分析”合致率94.8%”という触れ込みに触発されて登録したターフビジョン

オススメのコンテンツはグリグリくん。

今週も堅いと思われる馬をピックアップしてお伝えいるもの。あなたも試してみてください!

▽無料コンテンツ推奨馬結果一覧▽
【グリグリくん】
■9月7日(土)
[中山04R]◎ニーマルサンデー(1着)
[中山07R]◎エイプリルミスト(1着)
■9月8日(日)
[中山06R]◎マックスアン(2着)
[阪神02R]◎アージオン(3着)
推奨馬が馬券内に入線する確率が多いので要注目ですよ。

そして、先週は重賞2レースを見事に的中させています。

≪セントウルS≫買い目→3連単フォーメーション
1着7,2,12
2着7,2,12,11,6
3着7,2,12,11,6,4,8
7-6-4を的中、195.7倍を的中!

≪紫苑S≫買い目→3連単フォーメーション
1着15,14,6
2着15,14,6,8,1
3着15,14,6,8,1,2
15-6-14を的中、180.2倍を的中!

こんなにもしっかりと的中しているなら、週末の競馬予想は『ターフビジョン』で決まりですね!

タダで登録する方はコチラをクリック