【高松宮記念 2021 サイン】アストラエンブレムがアツい!?CMは展開について。

考察
この記事は約3分で読めます。

2021年3月28日(日曜)に行われる第51回高松宮記念のサインについて記事にしています。

サインは、数字のロジックなどもありますが、この記事では、CMやヘッドラインなどからサインを探っています。

なお、プレゼンターの来場はありません。

CMは展開について

レースの展開は、千差万別!というキャッチフレーズがついているように、展開を考えている様子。

ちなみに、松坂桃李さんがおすすめしているのは、黒帽の2番。
柳楽優弥さんのおすすめしていたのが、ピンク帽の11番でした。

ただ、このCMは大阪杯の予想でも同じものが使われています。

基本的に、G1レース1つにつき1CMという考えが古くなり、制作費の節約なのかネタ切れなのかは分かりませんが、大きなG1レースですらダブルヘッダーでのCMが普通となりました。

その為、あまりCMからサインが出ているという考えができなくなっています。

最後の実際のレース映像は、直近の3レースが使用されていました。

2018年のファインニードル、2019年のミスターメロディ、2020年のモズスーパーフレアの年です。

これも普通ですので、特にサインが出ているとは考えなくていいのではないでしょうか。

ヘッドラインは『自身を超えろ、最速の疾風が刹那を究める。』

自身を超えろ、という部分から、過去の高松宮記念を制していると考えても面白そう。

モズスーパーフレアの連覇示唆!?

疾風は、急に吹く風のこと。
刹那は、きわめて短い時間、瞬間、最も短い時間の単位を表す。
究めるは、極めると同義語。

モズスーパーフレアの、恒星の表面で起こるエネルギーの大爆発という馬名由来との合致するような言葉が続きます。

ヘッドラインからは、モズスーパーフレアがサイン馬としておきます。

ポスターは、昨年の勝ち馬モズスーパーフレア

※当ブログでは、Twitter社の規約に基づき埋め込み機能を利用しています。
※上記アカウントと、当ブログとは関係がありません。

昨年の覇者ですので、モズスーパーフレアが使われているのは理解できます。

背景に、三角形で構成された矢印が利用されています。
モズスーパーフレアを境にして、前側は、三角形そのものが大きな屋のような鋭い形になっています。

矢印の漢字にもあるように、矢が付く馬名はサンスクリット語で矢の意味を持つ『アストラエンブレム』です。

ちなみに、レースが行われる3月28日は、三ツ矢(328)サイダーの日、らしいですよ。

今回は、推定オッズでは一番人気薄の扱いまでとなっていますが、アストラエンブレムが走ったら、オッズ的には面白いことになりそうです。
押さえておくことも忘れずに。

考察
この記事を書いた人

追い切り評価を行うフリーのブロガー。ディープインパクトが菊花賞を圧勝した姿を目の当たりにし競馬の魅力に気付く。それから月日が流れ「爆穴」~的中率が低くても回収率で勝負するブログを2014年に立ち上げる。ただし、ブログ名に負けている模様。

リッキーをフォローしてください!
お気に召しましたらSNSでのシェアにご協力お願いします!
リッキーをフォローしてください!
追い切り考察を競馬予想へ-「爆穴」〜的中率が低くても回収率で勝負するブログ
タイトルとURLをコピーしました