高松宮記念 2019 見解と予想|2頭の馬連とワイドで勝負馬券

どうも、リッキーです。
ご覧いただきありがとうございます。

G1レースということもありますので、通常は追い切り情報までしか出していませんが、今回は高松宮記念の見解と予想をお届けします。

当たるといいなとこちらも思っていますので、あまり参考にされないでくださいww

さて、高松宮記念の追い切り情報はこちらに記載しています。

追い切り考察では以下の3頭をオススメしていました。

この3頭の雰囲気は上々だったんですが、枠順を見るとどの馬が得をしているのか。
意外と癖があるという情報を見たので、そのあたりはチェックしたいと思います。

高松宮記念は外枠が不利だが

改修後の中京1200Mは傾向がまるっきり変わってしまいました。
まずは芝1200Mの全データをチェックします。

ご覧の通り、外枠が不利なのは明白なのですが、意外にも1枠もあまり良いとは言い切れません。
中京はあまり内外の有利不利はないと言われていますが、こと短距離となると話は別なようです。

昨日の5R3歳未勝利では、8枠18番のシセイタイガが勝ちました。大外差しは決まりやすいので、そこは押さえておくべきでしょう。
ただ、2着2枠、3着1枠、4着3枠、5着1枠と、それ以降は比較的内枠決着でした。

馬場は外が伸びますが、内が伸びないということはないでしょう。
ただ、傾向的には内3頭から4頭分は開けて走っていますので、内々だと伸びないということでしょう。

差しが有利とも言い切れない馬場であることは明確ですが、逃げ切るのは難しい馬場状況とも言えそうです。

開催が進んで外枠も届くかもしれないと仮定して馬券を組み立てるのも、あながち間違いではないでしょう。

それでは予想です。

予想の1頭目は追い切りで動いたロジクライ

素直に1頭目はロジクライとしました。

追い切りオススメ馬2頭目に挙げた馬ですが、中京は最後に急坂があるようにタフなコース。
短距離をスピードだけで押し切るタイプよりも、マイルを走るだけの力がある馬、タフな方が買える材料となります。

追い切りでも、ここを目標に作られたのは明白で、とりあえずはここで作ってから、最終的には安田記念を目指すはず。
ルメール騎手を確保したのも勝負度合いが高い証拠。

ここは堅いのではないかとみています。

2頭目は有終の美を飾れるかのあの馬

2頭目は思い切ってレッツゴードンキとしました。

引退の足音が聞こえてる7歳春。
そのこともあってか、今回の仕上がりは十分に高いですし、勝負度合いは高いです。
究極仕上げと言ってもおかしくはないはずです。

高速馬場であるのが少し気になるポイントですが、2年連続2着と相性はいいコース、いいレース。
仕上がりの良さで好走に期待したい。

2頭の馬連とワイド勝負で

今回は、馬連とワイドの2点勝負とします。

1頭目はロジクライと2頭目はレッツゴードンキとしました。

組み合わせは、馬連1に対して、ワイドは10がベスト。
1:5くらいでもいいのですが、馬連100円ならワイドは1000円くらいが丁度良いかもしれません。

馬連33.9倍、ワイドは10倍前後。
今回なら1:5くらいでも楽しみですね。

PS

今回の高松宮記念はサイン馬券として、5-1馬券は買っておこうと思いますww
さすがに、イチロー(1-6)馬券はないと思うんだけど、16-5-1の3連複も握りしめておきますかww