高松宮記念 2018 出走予定|想定騎手と推定オッズに有力馬考察まで

高松宮記念に登録しているメンバーについて中心に書いています。
想定騎手と推定オッズ入りで、有力馬考察と現時点で注目している馬の話題についても記載しています。

G1シーズンの幕開けを告げる高松宮記念。
春の短距離馬の頂上決戦です。

スプリンターズSを連覇しているレッドファルクス。
昨年のスプリングSで2着に食い込んだレッツゴードンキ。
昨年の高松宮記念を制しているセイウンコウセイ。

その他、この舞台を狙う伏兵馬達。
春の頂上を目指してフルゲートで行われる見込みです。

外国からはブリザードが参戦。
昨年のスプリンターズSで5着に食い込んだ実績がありますので、怖い存在です。

色々な角度から出走馬を見ていきたいと思います。

出走予定馬

馬名斤量想定推オッズ
ブリザード57Kティータ34.1
キングハート57北村宏41.5
ダイアナヘイロー55松山19.5
レッドファルクス57Mデムーロ2.4
レッツゴードンキ55松田5.1
レーヌミノル55和田23.5
セイウンコウセイ57岩田9.4
スノードラゴン57大野155.4
ファインニードル57川田6.4
ネロ57Fミナリク71.2
リエノテソーロ55吉田隼98.4
ダンスディレクター57武豊12.1
ラインミーティア57西田266.5
シャイニングレイ57北村友25.2
ノボバカラ57武藤653.8
ジューヌエコール55○○285.6
ラインスピリット57森一135.7
ナックビーナス55三浦24.6

除外対象

馬名斤量想定推オッズ
ソルヴェイグ55田辺70.8
モーニン57○○546.5
ビップライブリー57○○187.9
フミノムーン57○○455.2
セカンドテーブル57水口688.2

有力馬考察

レッドファルクス
≪牡7/芦 尾関知人厩舎≫

【前走】阪急杯 3着
【父】スウェプトオーヴァーボード
【母父】サンデーサイレンス

昨年12月は香港には向かわずに、国内で休養に充てました。
前走は国内初戦となった阪急杯。
結果は3着でしたが、前哨戦ということを考えると上々の滑り出しとなったのではないかと見ています。

明け7歳となりましたので、衰えが来ると見ていたんですが、要らぬ心配だったようです。

昨年の高松宮記念では3着に入りました。勝ったセイウンコウセイとの差は0.3秒差でした。
昨年と違うのは、香港後に休養初戦で挑んだのかという点。
海外明けでいきなりの高松宮記念ということを考えると、今年の方が叩かれた上積みはあるでしょう。

レッツゴードンキ
≪牝6/栗 梅田智之厩舎≫

【前走】フェブラリーS 5着
【父】キングカメハメハ
【母父】マーベラスサンデー

昨年の2着馬で、今年は優勝の2文字を狙っているはず。
スプリンターズSでも2着に入るなど、短距離界でしっかりと成績を残しています。

ただ、今年は香港スプリントを経由してフェブラリーSに参戦。
香港では久々に480kg台だった馬体重も、前走は492kgまで回復。
タフな1頭であることは間違いありません。

注目度の高い1戦ですが、ここまで順調さを伺わせる内容でした。
しっかりと最終リハの様子を確認して買えるかどうかを見ていきたい。

セイウンコウセイ
≪牡5/栗 上原博之厩舎≫

【前走】シルクロードS 2着
【父】アドマイヤムーン
【母父】Capote

昨年の高松宮記念の覇者。
それ以降はさっぽりの成績ではあるものの、シルクロードSでは復活を感じさせる内容でした。

先行力がある1頭ですので、あとは枠順次第とも言えそうです。
昨年は3枠からのスタートでしたが、今年は外枠に配置されることになると少々厳しいか。
中枠より内枠が欲しいところ。

出走馬まとめと現時点でのオススメ馬

上位人気馬は以上の3頭に、阪急杯を制したダイアナヘイローやシルクロードSを制したファインニードルが人気しそう。

ただし、あまり上位人気馬が活躍するわけではないのが高松宮記念の特徴で、買い人気馬にもチャンスがあるレースです。
ただ、中京が改修された2011年以降の高松宮記念はあまり荒れた結果となっていていなくて、中波乱程度で収まる傾向にあります。

そんな中で注目しているのは、シャイニングレイです。
恐らく真ん中辺りの人気となる見込みです。

前走は阪神Cで18着でした。
大外からのスタートで、前に壁を作ることができずに掛かりっぱなしの内容となってしまいました。
直線入ったところでは既に手応えが怪しくなり、ダンスディレクターに交わされたところで急に失速する内容でした。
1400Mで掛かってしまうところを見ると、1200Mに短縮される今回の方が向くはず。
前走よりも前進は十分に可能だと見る方がいいでしょう。


高松宮記念の追い切り考察を行いました。

今週の栗東の馬場は、天候不良で荒れたものでした。
その為、時計の評価が難しい追い切り考察でした。

しっかりと映像をチェックしなければ判断できないと思います。

追い切りの映像を確認しながらしっかりと確認しましたので、もしよろしければご確認していただけたら幸いです。

[blogcard url=”https://bakuana.xyz/takamatunomiyakinenn-2018-oikiri/”][/blogcard]


2020年だからこそ指数にチャレンジ!

”今年も好調期待”
◇コラボ指数◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
20年1月重賞
指数無料公開
ーーーーー
京都金杯
シンザン記念
日経新春杯
アメリカJCC
ーーーーー

無料公開指数上位的中レース
↓ ↓ ↓ ↓
阪神JF、有馬記念、ホープフル
ARG共和国杯、マイルCS、ジャパンC
毎日王冠、菊花賞、天皇賞
神戸新聞杯、スプリンターズ

好調は続くはずです。
指数上位6頭まで絞り込んでくれます。
各会場1~6Rも無料公開

\ 1分で登録完了! /

無料で会員登録をする

多くの方が登録しています