高松宮記念 2018 サイン|プレゼンターは山崎育三郎さん CMは松坂桃李さんが選んだ馬がビリ!?

高松宮記念のサイン考察を行っています。

CMは、#20 『どこ行った?』と銘打ち、松坂桃李さんの馬券が全然当たらなくて拗ねてショッピングするという内容でした。
プレゼンターは、俳優の山崎育三郎さんが行います。
ヘッドラインは『春風を追い越せ、最速を極める偉才を体感する。』でした。
この辺りからサインを探っていきたいと思います。

プレゼンターは山崎育三郎さんが登場

今回のプレゼンターは俳優の山崎育三郎さん。

山崎 育三郎(やまざき いくさぶろう、1986年1月18日 – )は、日本のミュージカル俳優、歌手である。東京都出身。研音所属。妻は女優、歌手の安倍なつみ。

Wikipedia

残念ながら誕生日関連では見つけられませんでした。

特にこれと言って深読みするゲストではないと思いますので、特に気にしなくていいのではないでしょうか。

ただ、山崎育三郎さんは、『美女と野獣』でレコード大賞で企画賞を受賞しました。

美女と野獣 昆夏美&山崎育三郎

ディズニー実写版の美女の野獣のお話を整理すると、

ロココ時代のフランス。傲慢な王子が主催する舞踏会に一人の乞食が現れて「嵐で道に迷ったので、一晩泊めて欲しい」と頼み込み、一輪の薔薇を差し出す。王子は乞食の醜さを嘲笑い申し出を拒否したため、乞食は魔女の正体を表し、王子と家来たちに呪いをかける。王子は醜い野獣に姿を変えられ、家来たちは家具に姿を変えられた。魔女は王子に対し、「薔薇の花びらが全て落ちるまでに、愛し愛されることを学ばなければ、呪いは永遠に解けない」と告げ城を後にし、人々から王子たちの記憶を消し去ってしまう。

中略

野獣の遺体を前にベルは愛を告げるが、そこにアガットが現れて魔女の正体を表し、愛し愛されることを知った野獣の呪いを解く。すると野獣やルミエールたちは生き返って元の姿に戻り、人々も失っていた王子の記憶を取り戻す。元に戻った王子は人々を招待して舞踏会を開催し、ベルと愛を確かめ合いながらダンスを踊るのであった。

Wikipedia

野獣を王子だと考えると、王子の役(日本語声優)を演じていました。

それを考えると、キングハートはピッタリの馬名ではないかと見ています。

また、ミュージカルなどで活躍している点を考慮すると、ダンスディレクターも興味深い馬名です。


  • キングハート
  • ダンスディレクター

CMは松坂桃李さんが的中できずに拗ねるシーンに注目?!

「HOT HOLIDAYS!2018」~高松宮記念編~

松坂桃李さんが選んだ馬が最下位になることからスタート。
その次のレースも、その次のレースも、そして次のレースも外れてショッピングに逃げるという構成です。

松坂桃李さんの着ている服が、青色で横線が入っています。
どこか勝負服のような形に見えましたが、青色の勝負服と言えば、シルク・優駿ホースクラブ・近藤利一・山本英俊辺り。

注目したいのはファインニードルを所有しているのはゴドルフィン。
世界中でロイヤルブルーの勝負服を見かけます。

青の勝負服と言えばゴドルフィンでしょう。

これまでは日本での活動ではシェイク・モハメド氏が馬主でしたが、ゴドルフィン名義での初日本でのG1出走となりました。

この辺りは最下位を暗示している…!?
もしくは、名義変更でゴドルフィンに媚を売るために勝たせる可能性も…。

ファインニードルには要警戒と言えそうです。

ヘッドラインは『春風を追い越せ、最速を極める偉才を体感する。』

ヘッドラインは『春風を追い越せ、最速を極める偉才を体感する。』でした。

春風を英語で言うと、windもありますが、breezeもあります。
breezeで言えば、ブリザードを連想させますが、そこまで注目している馬でもありません。

また、個人的に気になったのは、『体感する。』というフレーズです。

我々、馬券を買う側は、最速を極めるスピードを体感することは不可能です。
どこか騎手側のことを言っているのではないかと感じてしまいます。

今回のヘッドラインからは、特に意味があるようなヘッドラインになっているとは思いません。

2018年もいよいよ残りわずか。
今年こそは競馬でプラスを望んでいませんでしたか?

『平成最後の』という言葉を最近よく目にするようになりました。
いよいよ来年の春には平成の世の中が終わり、新しい年号へと突入していきます。

今年の秋は、勿論ですが、平成最後の秋となります。

さて、突然ですが、あなたは2018年の初めに何を心に決めましたか?

競馬を愛する人は、もちろん『金運上昇』ではないでしょうか。

多くの悩みの殆どは『対人関係』か『金銭問題』です。

競馬をやる人は、初詣では言わずとも、その年初めの競馬に参加するタイミングで『初競馬』と言って験を担ぎます。
今年は勝てるように頑張ろうと思うものです。

さて、2018年の馬券の回収はどうなっていますか?

春先から好調だった人や、夏競馬で大きく負けを作ってしまった人。
夏競馬までは負け続きだったけれど、夏競馬で一気に負けを取り戻した人。
2018年はとにかく安定して勝てている人。

あなたはどのタイプですか?

今年こそはと思って競馬を始めても負けている人は、これまでの買い方や参考情報を変更して馬券を買うことも念頭に秋競馬に挑んだ方がいいです。

そこでご紹介したいのは『うまとみらいと』です。

\ 『金曜競馬CLUB』でもお馴染み! /

無料のお申し込みはこちら

※登録に必要なものはメールアドレスのみ

『うまとみらいと』の最大の特徴は、無料登録すると3つのサイトのサービスを利用できるという点です。

そんなお得なことってありますか?

そもそも『うまとみらいと』は、「競馬の殿堂」・「うまコラボ」・「HIT MAKE」の3つのサイトを吉成周蔵氏が統合して生まれたものです。

『うまとみらいと』に登録すれば、3つのサービスを一気に利用できるということになります。アカウントを作成すれば、3つのサイトを横断できると考えるといいでしょう。

この3つの中で、この文章を読んでいるあなたに1番にオススメしたいのが、指数攻略サイトの『うまコラボ』です。

指数を使って出走馬の力関係を明確に提示してくれますので、力関係はよく分からないレースでも、誰でも簡単に力関係が分かります。

もちろん、指数を使えば馬券が当たるのであれば、みんながみんな指数を利用しています。そう簡単にいかないのが競馬の面白いところでもあります。

しかし、予想のとっかかりがあるのとないのとでは、断然とっかかりがある方が良いです。予想の軸を決めることができるので、時短にも繋がりますから。

うまとみらいとに登録すると、うまコラボ以外にも、競馬の殿堂やヒットメイクを利用することができます。

『競馬の殿堂』は、完全無料主義を貫き、会員との信頼関係を第一に考える鈴木健一氏が作成したコンテンツサイトです。

うまコラボをオススメしていますが、指数が自分には合わないと思ってからでも、他のコンテンツが豊富だから損をした感じは受けないはずです。

登録に掛かる時間は2分も必要ありません。メールアドレスを用意して登録すると、すぐに自動折り返しのメールが登録したアドレス宛に届きます。そこに記載のURLをクリックすると本登録が完了、各コンテンツを利用できるようになります。

簡単登録で3つの統合されたコンテンツを利用できる。
『うまとみらいと』は、これまでの常識を覆す、とっておきの競馬情報サイトです。

この後の無料公開対象レースは以下の通りです。

■11/18(日) 京都11R マイルチャンピオンシップ(G1)
■11/25(日) 東京11R ジャパンカップ(G1)

今登録すれば、G1レースの指数を無料で見れるので、あなたの馬券に大きく影響するはず。

もちろん、毎週午前中のレースは無料登録でご覧いただけるので、これを使って午前中に資金を増やして重賞でデカく勝負することも可能です!

あなたもうまとみらいとに登録して、うまコラボの指数を使い倒してください。

\ 100%本気の情報をあなたに /

無料のお申し込みはこちら

※無料でご利用になれます

スポンサードリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク