高松宮記念 2018 最終追い切り評価|栗東は雨の最悪のロケーションで難しい土日の競馬となりそう

高松宮記念の最終追い切り考察を中心に記載しています。
注目はレッドファルクスやレッツゴードンキなどです。
穴馬として興味深いのはシャイニングレイですが、やはり調子が上がっていなければ買う材料にはなりません。

しっかりと追い切り考察を行い、予想のお役に立てるようにしたいと思います。

尚、高松宮記念の1週前追い切りの考察の記事を更新することができませんでしたので、この記事で一緒に見ていきたいと思います。
少し見づらい可能性がありますが、ご了承ください。

リッキー
今週の栗東馬場は非常に荒れ模様の天気。
基準時計も2秒近く遅く見ていい程です
ちゃちゃ
今週は時計の根拠が乏しいですね
こてつ
さすがにこの馬場の得意不得意まで考慮しないといけないからな
ちゃちゃ
不良馬場が得意な馬でも影響はありそうです
リッキー
もしかすると坂路はここ1年2年で一番状態が悪い追い切りだったかもしれません

追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

キングハート【B】

3月15日(木)美浦 南W(良)
【5F72.2-57.3-42.4-1F14.6】

3月21日(水)美浦 南W(良)
【6F83.2-66.8-52.2-38.3-1F12.7】

2頭併せ内強め半馬身程先着。
ゴール後もしっかりと追われていて、1ハロン程度は同じスピードで走っていました。

1週前の時計の根拠が乏し過ぎて、半馬身遅れの内容でした。
1週前だけを観ると、物足りなさしか感じないものでデキ落ち判断としますが、最終リハを見る限りではそこまで気にしなくていいのではないかとも見ることができます。

3月3日のレースを勝って挑む1戦ですので、仕上がり的には特に問題はないでしょう。
デキをキープ出来ているのか出来ていないのかを見極める必要がありますが、デキがキープしていると見ていいのではないでしょうか。

シャイニングレイ【B-C】

3月14日(水)栗東 坂路(良)
【50.9-37.3-24.8-12.7】

3月21日(水)栗東 坂路(不良)
【57.8-41.2-26.8-13.3】

単走強め。
最終リハの時計はさすがに擁護できないものでした。
しっかりと追われているにも関わらず、全く前に進んでいきません。
この不良馬場が全く合わなかったと考えるのが妥当でしょう。

先週は50.9秒で駆け抜けたものが、同じような負荷の掛け方で57.8秒ですから、今週の馬場がどれだけ悪いのか注意が必要です。
ただ、単純に時計が伸びていないだけということを考えなければならず、評価が難しいところです。

こういう時は、しっかりと映像をチェックして、状態がどうなのかを含めて確認しなければなりません。

ただ、この馬場に苦戦しているのか、頭の位置が高くもう少し状態が低くなれば良かったものの、馬もいつもと違う馬場に戸惑った可能性もあります。
デキで言えば、前走程度の可能性はありますが、走りの映像からはデキ落ちと判断しても良さそうです。

ジューヌエコール【D】

3月21日(水)栗東 坂路(不良)
【57.2-41.6-26.9-13.1】

単走末強め。
時計があまり出難い坂路の馬場ですが、最後は13.1秒でした。

脚元を取られて進行方向に対して大きく左へ流れるシーンが見受けられました。
デキが悪いというよりも、この馬場だからそうなったと見ることもできます。

ただ、映像の配信はありませんでしたが、1週前の坂路時計も変わらずのもので、全体57.6秒と時計の根拠が皆無。
明らかに前走の方が良かったですし、もしかすると冬馬は全く駄目なのかもしれません。

スノードラゴン【B-C】

3月14日(水)美浦 坂路(良)
【55.1-39.9-25.7-12.5】

3月21日(水)美浦 坂路(良)
【52.5-38.7-25.5-12.7】

単走馬なり。
残り1ハロンを前にしたところで、急に進行方向に対し右へと斜行を見せます。
ただ、時計自体は前走時とあまり変わりないと言えば変わりありません。

欲を言えば、前走は加速ラップを刻んでいたものが、今回は減速ラップとなりましたので、今回のデキが良くなったとは思いません。
影響の無かった美浦の馬場を考えると、前走の方が良かったのではないかと見ています。

セイウンコウセイ【B-C】

3月14日(水)美浦 南W(良)
【5F66.3-50.6-37.4-1F12.4】

3月21日(水)美浦 南W(良)
【5F65.6-50.1-37.3-1F12.9】

単走一杯。
1週前も強めに追われる内容でしたが、その時は完全な単走追いでした。
最終リハは、前に3頭併せを観ながらの内容で、それを追いかける展開の中でのものでした。

時計的には1週前の方が良かったのは良かったですが、3馬身差程開いていたところを最後は1馬身差まで詰め寄るものでしたので、決して悪いものではない内容でした。

状態的には前走の方が良かった可能性は高いです。
前走のラストは12.2秒でしっかりと伸びたのですが、今週は12.9秒で、その差0.7秒差。
馬身に直すとおよそ3馬身半違いますので、その点では前走の方が良かった可能性は高いです。

昨年の勝ち馬ですから、昨年の分を観ると、5ハロンを65秒で駆け抜けて、ラストは12.5秒でした。
今回と比較すると、全体0.6秒遅れで、ラストも0.4秒遅れです。
それぞれ3馬身差と2馬身差程前年の位置が違いますので、その点では評価し辛いものとなりました。

概ね力は発揮できるところにはあると見ていますが、前走との比較では前走の方が良かったのではないかと見ています。

ダイアナヘイロー【A-B】

3月14日(水)栗東 CW(良)
【6F80.4-65.4-51.3-37.8-1F11.6】

3月21日(水)栗東 坂路(不良)
【53.5-38.9-25.5-12.6】

単走強め。
1週前の追い切りでは、ゴール後も強めに追われていてしっかりと伸びています。
今週の栗東馬場を考えると、しっかりと時計を刻めていますので、概ね状態は良いと見ていいでしょう。

逆に見ると、今週の栗東の馬場を考えると、負荷を掛け過ぎた可能性は高いです。
ただ、追い切りの雰囲気を考えると、1週前と最終リハの雰囲気は上々でしたので、プラス評価にしています。
やり過ぎてリハの時点でピークとなっている可能性も捨てきれませんが、それを度外視すると前走以上に今回の方が仕上がりが良いでしょう。

ダンスディレクター【B】

3月14日(水)栗東 坂路(良)
【51.8-38.1-25.0-12.4】

3月21日(水)栗東 坂路(不良)
【54.6-40.0-25.9-12.8】

2頭併せ強め2馬身程先着。
1週前といい最終リハといい、僚馬に対してしっかりと脚色良く先着しています。
馬場差を考慮しても、ラストの12.8秒は評価できる内容でした。

伸びのある走りをしていますので、状態的には悪い部分はないです。
前走程度には走れるのではないかと見ています。

ナックビーナス【B】

3月21日(水)美浦 南W(良)
【5F69.9-54.0-38.9-1F12.8】

2頭併せ外末強め半馬身程先着。
併せの外ですが、内々を回ったものですので、時計は参考程度に観ておく必要があります。

時計は前走時から3秒近く落としていますが、走りの雰囲気では良かったです。
ラストの反応だけをチェックするものでしたので、3秒遅れは許容範囲でしょう。

前走程度には走れる見込みです。

ノボバカラ【B-C】

3月21日(水)美浦 南W(良)
【4F54.5-40.1-1F12.9】

単走強め。
雰囲気的には申し分ない走りです。
時計の雰囲気的には前走の仕上がりが良かったと感じますが、今回の時計でもまずまずでしょう。

これがダート戦で、特に地方交流程度であれば前向きに評価しても良かったのですが、中央の芝を考えると、そう前向きに見ることもできません。

昨年のキーンランドC以来の芝ですし、その前の芝が函館SSですので、単純に比較はできないものです。
芝適正に疑問が残る中、どの程度走れるのかは注目です。

ファインニードル【A】

3月15日(木)栗東 CW(良)
【7F94.7-78.3-63.7-49.8-37.0-1F12.1】

3月21日(水)栗東 坂路(不良)
【54.3-39.5-25.7-12.8】

単走強め。
時計的には仕方がない部分はありますが、それでも頑張って走っていたと思います。

1週前の雰囲気が非常に良かったですので、デキ落ちというのは考えられません。
最終リハの雰囲気も、しっかりと前を向いて集中して走れているのは好感が持てます。

前走からの評価はプラス評価としておきます。
1週前の雰囲気が非常に良かった点を考慮しています。
とっかかりが難しい最終リハですが、全体的には今回の方が良かったのではないかと映像を見比べて感じます。

ラインスピリット【B-C】

3月21日(水)栗東 坂路(不良)
【56.4-40.6-26.5-13.7】

単走強め。
今週の馬場ですので、多少フラフラしてしまっている部分もありました。
また、舌を出している状態ですので、集中力に難がありそう。

追い切りを観た雰囲気で言えば、前向きに見るポイントは皆無です。

ただ、映像配信が無かったものの、時計判断で言えば、1週前の時計はオーシャンSの時と比べて優秀でした。
最終リハの様子だけが残念な形になりましたので、評価は下げておきますが、デキ的にはあまり変わりのない範囲なのかもしれません。

ラインミーティア【B】

3月21日(水)美浦 南W(良)
【4F53.7-38.9-1F13.4】

3頭併せ内強め1頭1馬身遅れ、1頭半馬身先着。
外を走る馬とは遅れてしまいましたが、中を走る馬とは半馬身差の先着を果たしました。

特に悪い部分は感じませんでしたが、最後に遅れたのは地味に見えてしまいます。

ただ、1週前の時計だけを観ると、前走以上には走れそうな部分は感じます。
悪くはなっていない程度で見ていいでしょう。

リエノテソーロ【A-B】

3月21日(水)美浦 南W(良)
【5F69.0-52.7-38.9-1F13.5】

単走強め。
走りの雰囲気的には悪い部分は特に見当たりませんでした。
時計的には今回の方が仕上がりが良さそうで、オーシャンSの時に比べると前進は可能でしょう。

ただ、このメンバーに入って、上昇気配だからと言ってすぐに買えるかどうかは少々疑問も。
もう少し上昇が欲しかったとも言える内容です。

レーヌミノル【A-B】

3月21日(水)栗東 CW(不良)
【5F74.6-58.1-42.9-1F12.5】

単走馬なり。
先週猛時計を出していますが、映像の配信が無かったのでどんなものかは分かりません。
ただ、時計判断で言えば、これまででも上位の時計であるのは間違いないでしょう。

しっかりと走れているのは前向きに評価しても良さそうです。
ラストもしっかりと時計は出ていますので、ある程度力が必要な場面でも走れる見込みです。

レッツゴードンキ【B】

3月15日(木)栗東 坂路(良)
【49.2-36.3-24.5-12.6】

3月21日(水)栗東 坂路(不良)
【53.2-38.3-25.3-12.8】

単走馬なり。
少々追われているようにも見えますが、全体的には馬なりの範疇でした。
また、単走追いとなっていますが、渋滞中の追い切りですので、前に目標が多数いる中での内容です。

集中して走れているのは前向きに評価していいでしょう。

前走がフェブラリーSの追い切りとなりますが、仕上がり自体は今回も悪くはないでしょう。
前走程度の走りは見込めるものです。

レッドファルクス【A-B】

3月15日(木)美浦 南W(良)
【5F69.9-54.2-39.7-1F12.5】

3月21日(水)美浦 南W(良)
【5F66.5-51.2-38.2-1F13.1】

2頭併せ外一杯半馬身差先着。
1週前はしっかりと追っての内容でしたが、最終リハは本番さながらの追い切りを見せました。

1週前は末を意識して、最終リハは全体を通して負荷を掛けていますが、どちらも動きは上々でした。

阪急杯の追い切りでも書いていますが、目標はあくまでもここ。
前走から比べても時計の出し方は今回が明らかに良かったですので、単純に上昇気配としておきます。

木曜追い切り

ネロ【B】

3月22日(木)栗東 坂路(不良)
【50.7-38.1-25.9-13.4】

単走強め。
好時計を連発するネロですが、さすがに50秒後半の時計となりました。
水曜日と違い、木曜日の栗東は回復傾向にありましたので、時計が出ているのは気にしなくていいでしょう。
いつものネロらしい追い切りと言えば追い切りです。

いつも好時計は連発しますので、特にこの時計だからと言って褒めるポイントもありません。
繰り返しになりますが、いつも通りです。

ブリザード【海外馬】

3月22日(木)中京 芝(不良)
【5F72.0-55.8-42.0-1F14.8】

単走馬なり。
キャンターに近い内容でしたので、これだけを見てどうこうというのはできません。

不良馬場でも、芝を考えるともう少し走って欲しかった部分はありますけど、キャンター程度の内容でしたので、非常に評価が難しいです。

前走との比較もできませんので評価はそもそもできませんが、落ち付きが無い走りをしていましたので、その点では少々割引材料です。

スプリンターズSの時の方がデキはいいのでは。

高松宮記念の追い切りまとめとオススメ馬

以上で18頭の追い切りをチェックしていました。

今週の栗東トレセンの馬場状態が悪く、特に水曜日組を中心にいつも以上に時計が悪い内容となってしまいました。
時計だけを見ていると、全頭が状態が悪いとなりますので、背景を探ると決して状態が落ちたからではないことが分かります。

単なる不良馬場であれば良かったのですが、雨が降り続く中、しかもある記事によると横殴りの雨ということから風の影響があったことも考えられます。

一筋縄にはいきませんが、まとめを行っていきます。

今回の最終追い切りで上昇気配としたのは、【A】評価のファインニードルと、【A-B】評価のダイアナヘイローリエノテソーロレーヌミノルレッドファルクスの合計5頭でした。

ただ、【B】評価のレッツゴードンキも状態は良さそうで、オススメできそうなのはこの6頭の中から選ぶべきでしょう。

では、オススメ馬です。


  • ファインニードル
  • レッドファルクス
  • レーヌミノル
  • レッツゴードンキ

今回の追い切りからは、上記の4頭をオススメします。
恐らくですが、レーヌミノルはそこまで人気しそうにないので、穴があるとすればこの辺でしょう。

2018年もいよいよ残りわずか。
今年こそは競馬でプラスを望んでいませんでしたか?

『平成最後の』という言葉を最近よく目にするようになりました。
いよいよ来年の春には平成の世の中が終わり、新しい年号へと突入していきます。

今年の秋は、勿論ですが、平成最後の秋となります。

さて、突然ですが、あなたは2018年の初めに何を心に決めましたか?

競馬を愛する人は、もちろん『金運上昇』ではないでしょうか。

多くの悩みの殆どは『対人関係』か『金銭問題』です。

競馬をやる人は、初詣では言わずとも、その年初めの競馬に参加するタイミングで『初競馬』と言って験を担ぎます。
今年は勝てるように頑張ろうと思うものです。

さて、2018年の馬券の回収はどうなっていますか?

春先から好調だった人や、夏競馬で大きく負けを作ってしまった人。
夏競馬までは負け続きだったけれど、夏競馬で一気に負けを取り戻した人。
2018年はとにかく安定して勝てている人。

あなたはどのタイプですか?

今年こそはと思って競馬を始めても負けている人は、これまでの買い方や参考情報を変更して馬券を買うことも念頭に秋競馬に挑んだ方がいいです。

そこでご紹介したいのは『うまとみらいと』です。

\ 『金曜競馬CLUB』でもお馴染み! /

無料のお申し込みはこちら

※登録に必要なものはメールアドレスのみ

『うまとみらいと』の最大の特徴は、無料登録すると3つのサイトのサービスを利用できるという点です。

そんなお得なことってありますか?

そもそも『うまとみらいと』は、「競馬の殿堂」・「うまコラボ」・「HIT MAKE」の3つのサイトを吉成周蔵氏が統合して生まれたものです。

『うまとみらいと』に登録すれば、3つのサービスを一気に利用できるということになります。アカウントを作成すれば、3つのサイトを横断できると考えるといいでしょう。

この3つの中で、この文章を読んでいるあなたに1番にオススメしたいのが、指数攻略サイトの『うまコラボ』です。

指数を使って出走馬の力関係を明確に提示してくれますので、力関係はよく分からないレースでも、誰でも簡単に力関係が分かります。

もちろん、指数を使えば馬券が当たるのであれば、みんながみんな指数を利用しています。そう簡単にいかないのが競馬の面白いところでもあります。

しかし、予想のとっかかりがあるのとないのとでは、断然とっかかりがある方が良いです。予想の軸を決めることができるので、時短にも繋がりますから。

うまとみらいとに登録すると、うまコラボ以外にも、競馬の殿堂やヒットメイクを利用することができます。

『競馬の殿堂』は、完全無料主義を貫き、会員との信頼関係を第一に考える鈴木健一氏が作成したコンテンツサイトです。

うまコラボをオススメしていますが、指数が自分には合わないと思ってからでも、他のコンテンツが豊富だから損をした感じは受けないはずです。

登録に掛かる時間は2分も必要ありません。メールアドレスを用意して登録すると、すぐに自動折り返しのメールが登録したアドレス宛に届きます。そこに記載のURLをクリックすると本登録が完了、各コンテンツを利用できるようになります。

簡単登録で3つの統合されたコンテンツを利用できる。
『うまとみらいと』は、これまでの常識を覆す、とっておきの競馬情報サイトです。

この後の無料公開対象レースは以下の通りです。

■11/18(日) 京都11R マイルチャンピオンシップ(G1)
■11/25(日) 東京11R ジャパンカップ(G1)

今登録すれば、G1レースの指数を無料で見れるので、あなたの馬券に大きく影響するはず。

もちろん、毎週午前中のレースは無料登録でご覧いただけるので、これを使って午前中に資金を増やして重賞でデカく勝負することも可能です!

あなたもうまとみらいとに登録して、うまコラボの指数を使い倒してください。

\ 100%本気の情報をあなたに /

無料のお申し込みはこちら

※無料でご利用になれます

スポンサードリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク