【高松宮記念2016出走予定馬】推定騎手と有力馬考察

こんにちは、リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

この記事では、高松宮記念に出走を予定している馬と推定騎手についてかいています。最後に有力馬の考察と注目している馬を挙げています。

春の短距離路線の頂点を決めるレースに相応しく、また昨年優勝したエアロヴェロシティも参戦して盛り上がりを見せていますね。

※エアロヴェロシティは回避が決定しました。

スポンサーリンク

出走予定馬

左から馬名・斤量・推定騎手

  • アクティブミノル 57.0 藤岡康
  • アルビアーノ 55.0 Cルメール
  • アースソニック 57.0 –
  • ウキヨノカゼ 55.0 四位
  • ウリウリ 55.0 戸崎
  • エイシンブルズアイ 57.0 石橋修
  • サクラゴスペル 57.0 勝浦
  • サトノルパン 57.0 和田
  • スギノエンデバー 57.0 –
  • スノードラゴン 57.0 大野
  • ダンスディレクター 57.0 横山典
  • ティーハーフ 57.0 池添
  • ハクサンムーン 57.0 酒井
  • ビッグアーサー 57.0 福永
  • ミッキーアイル 57.0 松山
  • レッツゴードンキ 55.0 岩田
  • ローレルベローチェ 57.0 中井
  • エアロヴェロシティ 57.0 Zパートン

除外対象

  • ヒルノデイバロー 57.0 –
  • ブラヴィッシモ 57.0 –
  • サドンストーム 57.0 武幸
  • ワキノブレイブ 57.0 –

有力馬考察

ミッキーアイル

前走は阪急杯で1着。父ディープインパクト、母父Rock of Gibraltar。

3歳時にNHKマイルCを制した逸材も、その後はG1に6回出走(内国内5回)し高松宮記念3着という成績以外は厳しい結果続き。

ただし、スプリントG1に限定すると、国内では高松宮記念3着とスプリンターズSで4着と大きく敗れてはいない。

3歳時にはマイル王の称号を得た1頭。古馬となりスプリント王の称号を手に入れる事ができるのか、今年は注目されています。

前走は先手を奪うとスムーズにコーナーを回ると残り1ハロンから底力を見せつけた。

今回も先手が奪えると好走出来そうだが、同型の馬もいる中でどういうレースを組み立てるのかが見どころ。

ダンスディレクター

前走はシルクロードSで1着。父アルデバラン2、母父はサンデーサイレンス。

重賞参戦4戦目のシルクロードSで重賞初勝利を収めた。ここまで勝てそうで勝てないレース続きも、重賞参戦2戦目の昨年のCBC賞で2着に入ると、年末の阪神Cでも2着。そして前走で嬉しい初重賞制覇となりました。

今回は浜中騎手から横山典騎手へと乗り替わりが発生しているので注意が必要。復帰が待たれるが復帰は5月上旬とのこと。名コンビでの参戦ではない今回はどのような結果となるのか気になります。

エイシンブルズアイ

前走はオーシャンSで1着。父Belgravia。母父Siphon。

オーシャンSで嬉しい初重賞制覇となりましたが、ここまで重賞には8回参戦。8回目で勝利することができましたが、距離もここ最近はマイルを使われたりと適正距離に疑問を持たれていた。

しかし、オーシャンSではハクサンムーンやスノードラゴンを退けての勝利。2着ハクサンムーンには1馬身以上もつける好内容でした。

相手が比較的揃っていたレースで勝ち切ったのは大きな収穫。当日も侮れない1頭となるのは間違いない。

アルビアーノ

前走はオーシャンSで5着。父Harlan’s Holiday、母父Unbridled。

昨年のNHKマイルCで2着に入り、秋に行われた毎日スワンSで、3歳時のフラワーC以来のとなる重賞2勝目をマーク。

マイルCSでは5着に敗れるも、能力の高さを感じさせる走りだった。

前走は休み明けの1戦であったこと、8枠16番と大外発走であることを踏まえると、それでも5着の成績は底力を見せた格好。

能力は非常に高く素質ある1頭。巻き返しに期待がかかる1戦。

サクラゴスペル

前走は香港スプリントで12着。父サクラプレジデント、母父Cure the Bluse。

スプリンターズSではストレイトガールに次ぐ2位の実績。

昨年の高松宮記念で8位から続く京王杯SCに出走し1位となり、オーシャンS2勝を含む重賞3勝目をあげました。

スプリンターズSでは11人気を裏切る2位好走。今回は前回より人気しそうだが、乗り替わりなどを考えると人気は集まりそうにない。

今回も穴馬の存在となりそうだが、不気味。

その他

その他にも、昨年の高松宮記念で2位に入ったハクサンムーン。重賞では1つも地力はあるビッグアーサー。長期休養明けの前走で3着に好走したスノードラゴンなど、春のスプリントの頂点に決めるに相応しいメンバーが揃った。

注目馬

今現在注目しているのがウキヨノカゼ

今の中京は内がかなり重たくなっていて外が伸びる馬場。

そう考えると、先行するよりもやや後方寄りから外をついて伸びてくる馬を狙いたい。

前走は大外を膨らみながら直線を迎えて距離ロスがあった。あれではどんなに伸びる馬場だとしても厳しいと言える。

今回も同様のレースになりそうだが、今回は展開も味方してくれそう。

追い切り次第の判断だが、穴馬候補としては面白い存在だと思う。

しかし、それにしても今年の高松宮記念はかなり混戦ですね。

王道

主役不在の菊花賞で特大万馬券を狙い撃つ

ノーザンF生産馬が上位独占した、ローズS・セントライト記念を的中!満を持して牡馬クラシック第3弾『菊花賞』の提供が決定したそうです!

今週末行われる牡馬クラシックのラストを飾る菊花賞。

今年は、皐月賞馬サートゥルナーリアが、前哨戦の神戸新聞杯を完勝したにも関わらず事前の情報通り菊花賞をパスし天皇賞秋へ向かい、また日本ダービーを制したロジャーバローズは屈腱炎を患い残念ながら引退と2冠を制した両馬不在。

また、毎日王冠を古馬相手に末脚一閃で制した日本ダービー2着馬ダノンキングリーやセントライト記念を制したリオンリオンも不在。

となれば、3歳世代の実力上位馬がおらず、皐月賞2着、日本ダービー3着とクラシック戦線で実績のあるヴェロックスに人気が集まることが予想されます。

ヴェロックスにも不安材料がないわけではない。

新種牡馬として2018年から産駒がデビューしたジャスタウェイ。デビュー直後の2歳戦を賑わせ勝利数を増やしたが、未だこの産駒から重賞ウィナーが表れていない。

その代表格と知られるヴェロックスだが、果たして菊花賞のタイトルを手にすることができるかに牧場関係者も注目しているに違いありません。ここまでおぜん立てされている状況下で結果を残せるのか。

────────────────

菊花賞提供M氏直近的中実績

9月14日松戸特別 馬連24.1倍
9月15日ローズS 3連単107.0倍
9月16日セントライト記念 3連単586.9倍

▼【王道~外厩特選情報~】詳細はこちら

\ 登録無料 /

無料の会員登録はこちら

メールアドレスを入力するだけ

無料メルマガ登録後、【外厩特選情報】の詳細はTOPページより確認できます↑

近年波乱傾向の強い菊花賞らしい一筋縄ではいかないレースとなることが濃厚。

全馬初めての「3000m」という長丁場の未知なる挑戦。
どの陣営にもチャンスがあり、昨年の10万馬券や一昨年の55万馬券など条件戦上がりの馬が高配当を演出していることから伏兵馬の台頭に着目し精査。

調教後の様子など続々とレポートが届くの取材班が追いかけてる各馬情報は要チェックです。

今年の菊花賞を当てたい人は、登録してみる価値はあるでしょう!

\ 登録無料 /

無料の会員登録はこちら

メールアドレスを入力するだけ