阪神大賞典一覧

阪神大賞典 2020 最終追い切り評価|キセキは67.5秒で駆け抜け好調アピール

阪神大賞典の追い切り考察を行いました。キセキやボスジラなど各馬の考察のあとに、追い切りオススメの馬を今回は少頭数ながら4頭挙げています。もう少し絞りたかったですが、好調馬がいたのは事実で、これ以上は削れませんでした。阪神大賞典を買って天春で活躍する馬を見つけたいと思います!

阪神大賞典 2019 最終追い切り予想|シャケトラ楽々で11.9秒をマークも

阪神大賞典の最終追い切り考察をまとめています。前走の追い切り映像やタイムを比較して、今回の調子の良し悪しを判断しています。シャケトラも侮れないところはありますが、隙はありそうです。概ね良好状態と言えそうですが、どこか買いたいという気持ちにはなりませんww

阪神大賞典 2019 出走予定|今年は高齢馬が集結したレースとなりました

天皇賞春を意識したメンバーが集結する阪神大賞典の出走予定馬をチェックしていきたいと思います。想定騎手や推定オッズを記載していますので、週の早い段階での予想に参考にしていただければ幸いです。阪神大賞典は、1番人気が比較的堅いレース。過去10年の成績は≪5.2.2.1≫で、勝率50%と、前哨戦のレースとしては堅い傾向になっている。

阪神大賞典 2018 最終追い切り評価|注目すべきは4歳馬!?上々の好気配

阪神大賞典の最終追い切りの考察を行っていきたいと思います。前走と今回の阪神大賞典の追い切り映像を見比べたり、タイムの比較を行ってから、今回の状態が上がっているのか下がっているのかなどをチェックして評価を付けています。有力馬としてはクリンチャーがいますが、その他の馬にも注意して穴馬となりそうなメンバーがいれば指名していければいいなと思います。

阪神大賞典 2018 出走予定|想定騎手と推定オッズに有力馬考察まで

大阪杯や春天の前哨戦である阪神大賞典が実施されます。この記事では、有力馬考察や現時点での注目馬について記載しています。クリンチャーやアルバートが中心。現時点で注目している穴馬はトミケンスラーヴァです。昨年7月の阿武隈Sで3着となると、その2走後の古都Sで1着となると、続く万葉Sでも勝ち星を重ねて連勝しました。