菊花賞一覧

スポンサーリンク

菊花賞 2020 最終追い切り予想|長距離でこそ輝く調教を積んでいるのは?

10月25日の菊花賞の最終追い切りの様子をまとめています。無料で調教の情報を出していますので、追い切りの参考にされる方は是非ご覧ください。コントレイルが安定感ある走りを披露。一方で、ヴェルトライゼンデはやや懐疑的な見方をしています。複穴筆頭候補はダノングロノワールです。

菊花賞 2020 出走予定馬|想定騎手・推定オッズ・現時点での本命馬

10月25日に行われる菊花賞の想定騎手入りの出走予定馬情報と、今年の菊花賞の推定オッズについて記載しています。有力馬は2頭、コントレイルとヴェルトライゼンデです。ただ、オッズ的にはコントレイルの1強の様相です。現時点での注目は、セントライト記念を逃げ切ったバビット。逃げ馬の好走歴は少ないが、こういう馬が穴をあける!

菊花賞 2019 予想と最終見解|馬連とワイドの2点勝負馬券

いよいよクラシック最終戦である菊花賞のスタートが刻一刻と近づいてきました。どの馬も初距離となるこのレース。求められるのは長距離適正で、重要な要素となります。馬連とワイドの2点勝負で、1頭目は安パイな選択かもしれませんが、ヴェロックスを選びました。楽しみな存在です。

菊花賞 2019 サイン予想|プレゼンターは柳楽優弥。CMは毛色のお話。

10月20日の実施される菊花賞のサイン考察を行っています。CMはウマフラーの話題から、毛色の話となります。プレゼンターは、年間プロモーションを担当している柳楽優弥さん。度々プレゼンターとして登場しているので、ネタとしてはあまり新鮮さはないかもしれません。ポスターは柳楽優弥さんが登場。赤柄シャツを着てキターッと叫んでいます。

菊花賞 1週前追い切り評価|ワールドプレミアのデキが上々で楽しみ!

牡馬クラシック最終戦である菊花賞の1週前追い切りを考察していきます。今回の追い切りを見た上では、やはりワールドプレミアの動きの良さを無視することはできない内容でした。仕上がりの良し悪しで言えばメンバーの中でも上位だと思います。有力馬のヴェロックスですが、個人的には1週前の段階では、神戸新聞杯の方が良かったのではないかと思っています。

菊花賞 2019 出走予定馬と予想参考情報|想定騎手と推定オッズ、有力馬考察

菊花賞は、距離3000Mで行われるマラソンレースで、牡馬クラシック最終戦という位置づけです。今年の皐月賞はサートゥルナーリアが優勝。日本ダービーはロジャーバローズが優勝して驚きました。今回は、皐月賞馬も日本ダービー馬も出走しない菊花賞ですが、最後の栄冠を掴むのはどの馬なのか、今から楽しみですね。最も強い馬が勝つと言われている菊花賞だけに目が離せません。

菊花賞 2018 追い切り評価|エポカドーロは5F69.6秒で最終リハを終える

クラシック最終戦の菊花賞の追い切り考察を中心にお伝えしています。前走の映像やタイムを比較して、今回の調子の良し悪しを判断して評価をしています。エポカドーロが【A-B】評価で上昇気配としています。その他にもジェネラーレウーノやコズミックフォースなどがハイレベルな動きを披露してくれました。

菊花賞 2018 サイン|プレゼンターは松坂桃李。CMはウマ耳キャップ!?

菊花賞のサインについて中心にまとめています。プレゼンターはCMキャラクターの松坂桃李さん。CMは、ウマ耳を付けてチュロスを食べる柳楽優弥さん。ポスターは、赤とピンクの菊の前にポーズをキメる松坂桃李さんが映っているものでした。その他、ヘッドライン情報などからしっかりとサインを見つけていきたい。

菊花賞 2018 出走予定|想定騎手と推定オッズ|エポカドーロなど20頭が登録

菊花賞の出走予定馬情報をまとめました。想定騎手や推定オッズも掲載していますので参考にされて下さい。皐月賞馬のエポカドーロが登場。皐月賞と菊花賞の2冠達成馬が多くいますので期待したいですね。そして、やはり注目しておかなければならないのが夏の上がり馬です。

スポンサーリンク