小倉記念一覧

小倉記念2019最終追い切り評価!各馬の寸評と考察と好調馬をピックアップ!

小倉記念の追い切り考察から行っていきます。今回の追い切りでは、上昇気配を示した馬を見つけることができませんでした。そうなると、近走で好成績を残している馬を選ぶのが戦略的に正しいと思います。目黒記念で2着のアイスバブルや重賞連勝中のメールドグラースの2頭は選んでおいて問題ないでしょう。

小倉記念 2018 最終追い切り評価|トリオンフは55.3秒で坂路を駆け抜ける

小倉記念の最終追い切りの考察を行っています。前走からの映像やタイムを比較して、今回の仕上がりの良し悪しを多段階にて評価しています。有力馬のトリオンフですが、個人的には輸送を考慮したとしてもちょっと物足りないかなという印象を受けました。今回の追い切りで上昇気配を示していたのは、【A】評価のマウントゴールドと、【A-B】評価のストーンウェアの2頭でした。

スポンサーリンク