天皇賞秋一覧

天皇賞秋 2019 最終見解と予想|馬連とワイドの2頭2点勝負!

近年稀に見るレベルの豪華なメンバーが揃った天皇賞秋。アーモンドアイが筆頭候補として挙げられますが、その他にもサートゥルナーリアやスワーヴリチャードなど、G1馬が10頭も揃いました。そんな中で、今年の天皇賞秋の予想は、アーモンドアイです。普通の予想かもしれませんが、こればかりはしゃーない。

天皇賞秋 2019 最終追い切り評価|アーモンドアイは追われる好気配

10月27日の天皇賞秋の最終追い切りの様子がアップされていましたので、その映像を基に多段階にて評価を行いました。今回の天皇賞秋の最終追い切りを見て、どこまでやれているのかというのをしっかりとチェックしておきたいと思いますが、この記事のタイトル通り、アーモンドアイは絶好の仕上がりで出走できるのではないかと思います。w

天皇賞秋 2019 サイン予想|プレゼンターは高畑充希。CMは菊花賞と同じ

天皇賞秋のサイン考察を行いましたので、最後までご覧いただければ幸いです。CMは菊花賞と同じ内容でした。特に意味はない、いつものパターンですので気にしなくていいでしょう。プレゼンターは高畑充希さん。JRA年間プロモーションを担当している女優さんです。ポスターは懐かしい大正時代を思わせる絵というか、ロマン感じる作りとなっています。ヘッドライン情報などからチェックしています。

天皇賞秋 2019 1週前追い切り考察|サートゥルナーリアは正直よく見えない

天皇賞秋の1週前追い切り考察を行いました。前走時の追い切り映像やタイムと比較して、今回の調子の良し悪しについて判断しています。古馬路線でもいきなり好メンバーが揃いました。並みの馬ではさすがに厳しいのではないかと思いますが、1週前の段階で調子の良い馬を見つけていきたいと思います。

天皇賞秋 2019 出走予定馬|アーモンドアイやサートゥルナーリアなど豪華メンバーが集結

豪華なメンバーが揃った今年の天皇賞秋。この記事では、その想定騎手入りの出走予定馬情報と推定オッズ、有力馬考察や予想の参考情報などを記載しています。中心視されるのは、最強牝馬の呼び声高いアーモンドアイに、今年の皐月賞馬のサートゥルナーリアが激突するレースで、想定の段階で物凄く話題になっていましたが、直前回避がないことを祈るばかりです。

天皇賞秋 2018 予想|馬連とワイド|動き良かったマカヒキともう1頭

天皇賞秋の予想を公開したいと思います。今回も馬連とワイドの2頭で勝負をしますので、参考にされる方は参考までに。追い切りで3頭目にオススメしていたサクラアンプルールですが、東京2000Mでは避けたい8枠。内枠から選ぶ方がいいと思うので、今回はさすがにパスします。

天皇賞秋 2018 最終追い切り評価|有力馬達の状態を見極めろ!

天皇賞秋の追い切りについてチェックしています。前走のタイムや映像を比較して、今回の調子の良し悪しを判断しています。注目はレイデオロとマカヒキのダービー馬対決。レイデオロの方が人気が出そうですが、マカヒキの方が動きは良かったです。1週前の動きを見る限りでは、レイデオロの方は少々不安視したい内容でした。

天皇賞秋 2018 サイン|プレゼンターは反町隆史。CMは菊花賞と同じ。

天皇賞秋のサインについて見ていきましょう。プレゼンターは反町隆史さん。ドラマ相棒シリーズでは冠城亘役で4シーズン目に突入するなど、存在感を示しています。CMは菊花賞と同様のものが使われていますので、CMのサインはないものと思いますが一応考察を。その他、ポスター情報やヘッドライン情報などからチェックしていきます。

天皇賞秋 2018 出走予定馬|G1馬が多数揃った豪華なメンバーが激突!

注目度の高い今年の秋天。中間の気配などからしっかりと好走馬を見つけていきたいと思いますが、まずは登録馬をチェックしていきたいと思います。想定騎手や推定オッズなども掲載していますので参考までにご覧ください。レイデオロやスワーヴリチャードやマカヒキなどが登場!

天皇賞秋 2017 最終追い切り評価|ヤマカツエースが絶好の動きを披露

10月29日に実施される天皇賞秋の最終追い切りの評価を行っています。最終追い切りの動きを見て、タイトルの通り、メリハリのある良い動きを披露していましたので、期待が持てます。その他の馬についても、各馬の考察の後に推奨馬を掲載していますので最後までご覧いただけたら幸いです。

天皇賞秋 2017 出走予定|想定騎手と推定オッズに有力馬考察まで

10月29日に行われる第156回天皇賞秋の想定騎手入りの出走予定メンバーについて書いています。推定オッズの掲載と有力馬考察に、現時点で注目している馬について記載しています。キタサンブラック・サトノアラジン・サトノクラウン・ソウルスターリングと、登録20頭の内8頭がG1馬という豪華なメンバー。

スポンサーリンク