【秋華賞2016出走予定馬】想定騎手と推定オッズ|登録は22頭

秋華賞の想定騎手入り出走予定馬と推定オッズについて記載しています。有力馬考察と記事作成時に注目している馬についても載せています。

出走表は分かりやすく、優先出走と賞金順(10月4日付)に並べています。

牝馬3冠の最後の1戦、秋華賞。桜花賞馬ジュエラーとオークス馬シンハライトの激突。

その他、トライアルを勝ちあがってきたビッシュなどを中心に、夏場の成長を感じさせる馬など、今年もまた混戦模様を感じさせる秋華賞となりそうです。

出走予定馬

登録22頭。フルゲート18頭。

優先出走

※回避が決定しているシンハライトは削除しています。

ローズS組

馬名想定推定オッズ
クロコスミア岩田16.1
カイザーバル四位12.4

紫苑S組

馬名想定推定オッズ
ビッシュ戸崎2.4
ヴィブロス福永5.8
フロンテアクイーン蛯名63.7

賞金順

馬名想定推定オッズ
ジュエラーMデムーロ4.7
ウインファビラス松岡132.9
エンジェルフェイス浜中37.3
パールコード川田16.3
ダイワドレッサー川須23.2
デンコウアンジュ内田博14.4
ゲッカコウ145.6
ミエノサクシード川島17.8
レッドアヴァンセ武豊14.6

抽選 4/5

馬名想定推定オッズ
キンショーユキヒメ169.8
ネオヴェルザンディ松岡169.8
パーシーズベストFヴェロン53.6
フロムマイハート和田1018.9
ワンダーピルエット小牧422.3

除外

馬名想定推定オッズ
クリノサンスーシ509.1
クリノラホール500.9

有力馬考察

シンハライト
≪牝3/黒鹿 石坂正厩舎≫

※故障発生

2016年オークス(GI)等に優勝したシンハライト号(牝3歳 栗東・石坂 正厩舎)は、左前浅屈腱炎が判明しましたのでお知らせいたします。

同馬は今後9ヶ月以上の休養を要する見込みです。

【前走】ローズS 1着
【父】ディープインパクト
【母父】Singspiel

春は桜花賞2着、オークス1着で、G1でもハイレベルな1戦を演じた。ここまで6戦消化し、5勝2着1回で連対率100%の実績が光ります。

前走のローズSでは能力の違いを見せつけました。クロコスミアが逃げるペースは、59.9秒と3歳牝馬のレースを考えればややハイペース寄りのレース。

それでも2着には逃げたクロコスミア、3着には4番手を進んだカイバザールと、前有利のレースだった。

そこを追い込んでメンバー唯一の上り33秒台の脚を使っており、ハナ差の決着以上の内容だったと言った方がいいですね。

これまでの秋華賞の勝ち馬の殆どはローズSに出走し、上位争いを行ったメンバーでした。秋華賞はローズSさえ見ていればいいと言い切れてしまうほどの結果でしたが、そのローズSを勝って挑めるのはなによりもプラスに見た方がいいですね。

ビッシュ
≪牝3/鹿 鹿戸雄一厩舎≫

【前走】紫苑S 1着
【父】ディープインパクト
【母父】Acatenango

オークスで3着に入った実績を持つビッシュですが、前走の紫苑Sを優勝しての参戦となります。

前走の紫苑Sでは、序盤は後方を進むものの、向正面で順位を押し上げ、4コーナーでは2番手と早々に先頭を伺うレースを行いました。

上り最速の35.3秒をマークし、2着のヴィブロス相手に2馬身以上もの差をつけての完勝でした。

前走で馬体重がプラス4kgと、増えていたのは高評価も、前走使われて体重の減少があれば気にしたい項目です。

前走時が420kgでしたので、420kgを割り込むようであれば当日の気配には注意が必要。仮にも420kgを割り込んでカリカリしたり、落ち付きが無いようなら割引材料とも言えるでしょう。

ジュエラー
≪牝3/鹿 藤岡健一厩舎≫

【前走】ローズS 11着
【父】ヴィクトワールピサ
【母父】Pistolet Bleu

姉はワンカラット(父ファルブラヴ)。Fレビューや函館スプリントなど、短距離で成績を残した1頭でした。

桜花賞を制してから骨折が判明し、オークスは回避。ローズSで復帰となったが、休養が響いたのか11着という結果。

デビューからここまで良馬場開催だったものの、意外なレースで馬場が荒れた時に置いて行かれることが分かったのは本番前に馬券を買う方からすれば収穫。

当日の天気は気にしておいて良さそう。

また、これまでの後方待機策から先行策に切り替えたのも影響がありそう。追い切りの雰囲気から、当日どちらの作戦で来るのかを見極めていくのが必要です。

それでも、前走はスムーズに先行出来ていましたので、当日の馬場状態、そして骨折休養明けというのが響いたレースだったとも言えます。

ただ、上にも書いているように、姉は短距離で活躍していました。ジュエラー自身もスプリント寄りで結果を出していく可能性もありそうですね。

現時点で注目している穴馬

2週前の登録が出たところで注目している馬を記載しておきますね。

私が現時点で注目している馬はクロコスミアです。

前走は思い切った先行策で、最後はシンハライトとのハナ差を演じました。

これまで控えたり先行させたりと、陣営も苦戦していましたが、乗り換えもプラスに働いたのか、岩田騎手がスムーズな逃げを披露。

また、一回り大きく成長し戻ってきたところを見ると、夏場の成長が一番大きかったんじゃないかと見ることができます。

ステイゴールド産駒らしく、成長が比較的緩やかなのは、この馬自身も一緒なのかもしれません。

ディープインパクト産駒は、成長力が乏しいと言われていますが、秋華賞の頃になると、クロコスミアの成長力の方が上回っている可能性は大きいですよね。

しっかりと中間の追い切りをチェックしてから、どのくらい上積みがありそうなのか見極めていきたいと思います。

ユラノト買えなかった雑魚wwwwwwww

今年のフェブラリーSが終わりました。
買ったのは断然の人気に応えた形の武豊騎手騎乗のインティでした。

2着にもゴールドドリームと堅い決着。馬連と馬単までの人は、この2頭さえ買っていれば的中となったわけです...。

しかし、問題は3連系の馬券を買った人で、3着のユラノトを買えたか買えなかったという部分。

  • 福永騎手を信頼できなかった。
  • 根岸Sの内容を評価しなかった
  • 8人気は買えない
  • 名前が弱そうww

切った人は色々な事情で買い目から消してしまったという人が多かったと思います。

僕はというと、意気揚々とフェブラリーSを終えることができましたが、某掲示板で面白ネタを探していると、『ユラノト買えなかった雑魚wwwwwwww』というスレが立っていました。

意外にも、買えない人が多かったんだなと思いました。

逆に、僕はなぜ買えたのかというと、≪利用者10万人の競馬指数「うまコラボ」
というサイトを参考にしていたからです。

\ フェブラリーS的中! /

うまとみらいとをチェックする

うまコラボは指数で結果を残し続けています

うまとみらいとは、説明がメンドイのですがww、自分が主に使っているのは『うまコラボ指数』というものです。
指数という名の通り指数を提供してくれています。

先週はフェブラリーSの指数が、そして今週は中山記念の指数が無料公開されるのですが、実は各競馬場の午前中のレースも無料で提供されています。

指数上位6頭には要注意、積極的に買いたいところなんですが、ちなみに、フェブラリーSの指数はこんな感じでした。

インティ 指数順位1位
ゴールドドリーム 指数順位5位
ユラノト 指数順位3位

ゴールドドリームが指数5位というのは驚きましたが、一方でユラノトを高く評価している指数が算出されていました。

これがあったらフェブラリーSを的中させることができたかもしれません。

ユラノトを買えずにフェブラリーSをハズシたあなた、今週の中山記念はうまコラボ指数を使って、的中を導き出しましょう!

\ 指数と言えばコラボ指数 /

無料会員登録を行って無料指数をチェックする

メールマガジンに登録するだけで指数を見ることができます