秋華賞 2019 サイン|CMもプレゼンターもなし。ゲストはお笑い芸人のミキ

10月13日に行われる秋華賞のサイン考察をお伝えします。

CMとプレゼンターはいませんでした。サインの材料としては乏しいレースとなりました。

ポスターは葵わかなさん。紅葉を片手に、色っぽい表情を見せています。可愛いですね。

ヘッドライン情報などからサイン考察をまとめたいと思います。

ポスターは葵わかなさんが登場

©JRA. ©Umabi. ※公式サイトのスクリーンショット

『ケイバの秋、み~つけたっ。』

秋華賞の華の部分に蹄の形になっていたり、賞の部分が耳だったりと可愛いですね。葵わかなさんのピアスも蹄の形になっています。

紅葉を手にして、ふっと吹くような仕草を見せています。本当に可愛いです。

さて、やはり紅葉ということからも、赤色。

ちなみに、秋華賞の秋華とは何かというと、『「秋華」とは、中国の詩人である杜甫や張衡が「あきのはな」として詩のなかで用いた言葉。「秋」は大きな実りを表し、「華」は名誉・盛り・容姿が美しいという意味がこめられている。』らしいです。(Wikipediaから引用

勝手にそれこそ紅葉のことかなんかだろうと思っていましたが、どうやら違うようです。

ただ、今回は紅葉をアピールしていますので、赤枠を注目しておくべきだと思います。

昨年の勝ち馬verはアーモンドアイ

※当サイトはTwitterの利用規約を基に作成しております。

『秋の才華が舞いおどる』

才華とは、はなやかに外に現れた才能。また、すぐれた才能のこと。

はなやかという意味では、カレンブーケドールのブーケの部分。
ブーケトスという文字からも、舞いおどるという意味では当てはまる部分はあると思います。


カレンブーケドール


プレゼンターは不在も、ゲストはミキ

当日のゲストとして、お笑い芸人のミキのお二人が登場します。

サインとは違いますが、予想会をされるそうなので、ファンの方は行かれてもいいかもしれません。

ミキの秋華賞爆笑予想会

ミキは、昴生と亜生の兄弟コンビ。

私は断然昴生さんのファン。一人でも輝けるのは才能だと思います。いじられ役が合うというのもいいですよね。あまり関西芸人は好きではないのですが、このコンビは人を傷つけない漫才ってのはいいと思います。

ヘッドラインは『才媛の昇華、才女の開花。』

才媛とは、学問・才能が優れた女性のこと。

昇華とは、この場合は、ある状態から、更に高度な状態へ飛躍することでしょう。

いずれも華と開花と、花に関係のある言葉が使われていることからも、カレンブーケドールの存在が大きく見えてしまいます。

今回のサインは、カレンブーケドールを選ぶのが良さそうです。