【スワンステークス2016予想】2頭の馬連とワイドで|穴馬を狙う!!

リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

この記事ではスワンステークスの最終予想について記載しています。今回もいつもと同様に馬連とワイドの2点で勝負していきたいと思います。

今回は比較的穴馬を選んでいると思います。カッチリのハマればいい配当が付くんじゃないかなと思います。

枠が出て、なかなか面白い位置に入ったと思いますので、こういう時は積極的に狙いたい。

スポンサーリンク

最終見解

想定される馬場状態

まずは気になるのが京都競馬の馬場状況。金曜日正午時点で天気は曇り、芝は良馬場となっています。

しかし、前日の18時頃から断続的に日付が変わる時間辺りまで雨が降り続き、一時強くなる時間もあるそう。

そうなると、明日はパンパンの良馬場開催は見込めず、重馬場を視野に入れた稍重辺りの馬場状態を考えておく必要があるでしょう。

枠発表後の見解

さて、上でも書いていますが、枠が決まってちょっと面白いなと思っています。

というのも、京都1400Mは比較的内が好成績だが、このレースに限るとなぜかその枠の馬ばかりが突っ込んでくる傾向が出ています。

まずは、京都1400Mのデータから。

京都1400M過去10年の枠順データ

見ていただきたいのは薄くオレンジ色に塗った部分。7枠8枠に比べても、内枠と中枠が3着内に多く入っているとも言える数字。

一方で、スワンSの過去の傾向を見ると以下のようになっていますね。

スワンステークス2016枠順傾向

ご覧の通り、外枠の方が好走率が高くなっています。中途半端に内枠に入るよりも、外枠で揉まれずにスタートが切れる点がいいのかもしれません。

1枠は馬券内ならば十分に可能性がある数字とも言えます。この辺りが鍵になりそうです。

元々狙っていた馬がどの枠に入るかで決めようと思っていたんですが、今回は上記のことを踏まえて決めました。

最終予想

恐らく人気の中心となるのかもしれませんが、今回はサトノアラジンにしました。

6枠スタートの今回は盤石な成績を残せるんじゃないかと思っています。

そして、もう1頭をサトノルパンにしました。

1枠は複勝率が高いのが特徴。元々、コースの全体傾向でも1枠は決して不利な枠ではありません。

今回の追い切りを見ると、サトノアラジンとサトノルパンは好調さを見せていました。

サトノルパンは上昇気配を感じさせるなど、近走の成績以上の成績を残せそうな雰囲気があるので、ここは積極的に狙っていきたいと思います。

1発も十分にあるんじゃないかと思うので、今回はサトノの2頭に注目したい。

今回はサトノアラジンとサトノルパンの2頭の馬連とワイドで勝負したいと思います。

無料予想で224%の回収!

今週も日曜重賞は1開催
まだ迷ってる方はココ見ればOK!

好調予想さんが無料で予想プレゼント!

\ 1分で登録完了! /

無料の会員登録はこちらから

エントリーは↑からメールアドレス登録のみの簡単登録!

おすすめはワイド買い目と合わせての使い方!
先週もこの無料情報ワイド2/2で完全的中◎

土曜札幌10R
大倉山特別
ワイド2.3倍
1点4000円的中!
5000円投資
→9200円獲得◎
回収率184%

実際の買い目↓

日曜札幌7R
3歳以上1勝C
ワイド5.6倍
1点2000円的中!
5000円投資
→11200円獲得◎
回収率224%

実際の買い目↓

ワイドで軍資金稼いで重賞チャレンジというイメージができますね!

クイーンSは昨年も穴馬絡んで一筋縄ではいかないレース
なのでぜひ公開中のワイド買い目の新潟6Rで軍資金稼ぎを狙いましょう!

\ 1分で登録完了! /

無料の会員登録はこちらから

エントリーは↑からメールアドレス登録のみの簡単登録!