【スワンステークス2016最終追い切り】調教診断と5段階評価|アラジン11.5秒の末脚!

リッキーです^^ ご覧いただきありがとうございます。

この記事では、スワンステークスの最終追い切りについて記載しています。調教タイムと時計から、各馬の考察を行っています。

最後にオススメの馬を記載していますので、最後までどうぞお付き合いください。

追い切り考察

評価は【S/A/B/C/D】の5段階評価です。評価についてはコチラをご覧ください。

アルビアーノ【B】

10月26日(水)美浦 南W(稍重)
【4F53.2-38.8-1F12.6】

単走末強め。最後に追われると好反応を見せてという内容で、ゴール後もやや長く追われています。ただ、コース5分のところを通っているので時計は参考程度でいいでしょう。

やや掛かるような仕草を見せているので、その点がどうかなと感じましたが、状態としては悪いということはないと思います。

高松宮記念からある程度の期間が開いていますが、前走に比べても遜色ないところまで仕上げられたとみてもいいかなと思います。

サトノアラジン【B】

10月26日(水)栗東 CW(良)
【6F84.9-69.4-53.8-39.6-1F11.5】

2頭併せ末強め3馬身程先着。状態はとても良さそうですね。道中は4頭併せのような形となりましたけど、その馬達は直線半ばで置き去り、外を走る僚馬もスッと置いていきました。

ただ、1つ不満を言えば首の位置がやや高い。その点は休み明けを感じさせる微妙なところですが、時計も出ていますのでそこまで心配しなくていいのかもしれませんね。

サトノルパン【A】

10月26日(水)栗東 CW(良)
【4F51.8-38.2-1F12.3】

単走末強め。最後の100mくらいからゴール後にかけて強く追われています。それまでは馬なりでの調教で、それでも最後に12.3秒ならば好感が持てます。全体も4F51.8秒であれば優秀。

前走のスプリンターズSで敗戦した為か、前走は木曜追い切りで坂路での調整でしたが、今回は水曜追い切りに変更し最終はCWを選択。この選択が吉と出るかは分かりませんが、仕上がりで言えば今回の方が良かったですね。

サンライズメジャー【C】

10月26日(水)栗東 坂路(良)
【56.2-41.0-26.5-12.9】

単走馬なり。調整程度の内容でした。最も馬場が荒れた時間だったので、その点では時計が掛かっても不思議ではありません。

ただいい時の雰囲気と比べると少々物足りなさが先行する格好。もう少し上手に首を使えていますし、春に比べるとデキ落ちを感じますね。

ダンスディレクター【C】

10月26日(水)栗東 坂路(良)
【53.5-38.7-24.8-12.0】

単走強め。徐々に左へと斜行していくような形となり、時計はそこまで気にする必要はありませんが、それでも状態に関して言えばややデキ落ちを感じる印象です。

追い切りでは時計が出る1頭だけに、このやや左へ左へと流れたのは少々不安を覚えます。前走の方が良かったですね。

ティーハーフ【B】

10月26日(水)栗東 坂路(良)
【54.8-39.1-24.9-12.1】

単走一杯。右側に鞭が入ったので、やや左へと流れる内容となりました。こちらも時計としてはそこまで不安視しなくていいんですが、近走の成績を見るともう少し時計が伸びた方が良かったかなと感じます。

一生懸命に走っている割には、最後もう0.3秒程伸びてくれたらよかったかなと思います。ほんとそれくらいの差なんですが、動きを見ると12秒を切ってもおかしくない気配でした。

テイエムタイホー【A-B】

10月26日(水)栗東 CW(良)
【6F85.8-70.0-54.6-39.7-1F11.5】

単走強め。時計が出ていますが、首の動きが今一つ。もう少し全体伸びやかなに走ることができれば、文句の付けようがないんですが。

追い切りでは動くタイプなので、時計を信頼すると痛い目をみてしまう1頭ではありますが、それでも最後に11.5秒は優秀。今回はデキは1つ上がったと見るべきかなと思います。ただし、首がもう少し上手に使えたら【A】評価も、今回はそこまでは。

バクシンテイオー【B-C】

10月26日(水)美浦 南W(稍重)
【5F69.2-54.4-39.0-1F13.1】

2頭併せ外強め併入。カメラの向きからして、もしかしたら1馬身程離されていたかもしれませんが、脚色は完全に僚馬の方がありましたね。

一息入ったことで、少々体が戻ってしまったのかなと思います。前走の時と比べてもあまり変化がないと言えば変化がありませんが、見た目が地味で判断に迷います。

フィエロ【B】

10月26日(水)栗東 坂路(良)
【52.3-37.5-24.4-12.5】

2頭併せ強め併入。脚色はフィエロの方が勝ってました。強めと書いていますが、馬なりにするかどうか迷うものでした。

さて、時計的には全体時計では前回の方が良かったですが、ラップ的には今回の方がいいのかなと感じる部分でした。

ただ、本数が若干微妙に思います。もう1本くらいは必要だったんじゃないかなと思うので、調整不足が響いてもおかしくないかなと思います。今は外厩制度が整っているので、その点では少々微妙ではありますが、調教を見た雰囲気でも少々物足りなさを感じてしまいます。

ブラヴィッシモ【B】

10月26日(水)栗東 坂路(良)
【53.7-38.8-24.8-12.6】

2頭併せ強め併入。前向きにも後ろ向きにも見れない微妙な内容となりました。最後は離されそうになったところで最後の最後にグイッと一伸びした格好となり、実質的には半馬身程遅れました。

最後によく粘ったと見るか、反応が悪いと見るか、僚馬が最後にバテてそうなったと見るかでしょうが、時計を見る限りではあまり前向きに見ない方がいいのかもしれません。

ペイシャフェリス【B】

10月26日(水)美浦 南W(稍重)
【5F64.7-49.2-36.9-1F13.1】

単走強め。走ってる時の雰囲気は決して悪くないんですが、どこか物足りなさを感じると同時に、覇気がなく走ってるだけという感じがしてあまり前向きには観れませんでした。

馬場も綺麗な時間帯でのものでしたので、稍重とはいえもう少し時計が出ていても良かったかなと思います。

ミッキーラブソング【B】

10月26日(水)栗東 坂路(良)
【54.1-39.4-25.3-12.7】

2頭併せ一杯半馬身遅れ。僚馬は天皇賞秋に出走するクラレント。脚色的には五分と言ったところでしたが、最後はやや離される結果に。時計も小牧騎手が跨ってのものだけに、少々物足りなさを感じてしまいます。

得意な舞台とはなりますが、休み明けが少々響ている雰囲気ですね。12秒台前半だったのであればもっと評価も変わりますが、今回は上昇気配は感じず。

ムーンクレスト【B】

10月26日(水)栗東 CW(良)
【6F82.1-65.4-51.1-37.6-1F12.0】

単走馬なり。追ったようには見えまえんでしたが、最後は12秒と好時計となりました。ただ、コース7分程を通っているので参考程度。

走っている時の具合も良さそうに見えますし、何よりリラックスして走っているのにも関わらず時計が出ているのはかなり好感が持てるポイントです。前走で準OPを勝ちあがっていますが、仕上がりに関しては良さそうですね。

メイショウナルト【B】

10月26日(水)栗東 CW(良)
【6F86.1-68.3-53.0-38.6-1F11.9】

単走強め。首が全く動かずという内容ですが、時計は11.9秒と好時計とも言える内容でした。もう少し動けて良かったかなと鞍上の腕の動きを見ては思いましたが、状態は下降線真っ只中なのかもしれませんね。

負荷自体はしっかりと掛けられたと思いますが、それでも状態としてはやや疑問です。

追い切り考察とオススメ馬の紹介

※木曜追い切りの情報が入りましたたら、最後に追記してお伝えします。

今回、上昇気配を感じさせる馬はサトノルパン・テイエムタイホーの2頭だけだったのは前哨戦らしいと言えば前哨戦らしい最終追い切りだと思います。

先は無理だろうからなんとしてもG2のこの舞台でというような究極仕上げという陣営もいないので、通常の前哨戦とも言えないかもしれませんね。

それでもオススメするとなると、今回はB評価の中からいくのが理想かなと思います。上昇気配を見せた2頭ですが、前走のレースを観ると上昇曲線を描くカーブよりも、前走好走した組の平行線の方がまだ上だと見ることができます。

オススメ1頭目はサトノアラジン。このメンバーであれば今回の仕上がりでも好走は十分に可能なところで仕上がっているのかなと見ることができます。

2頭目にはアルビアーノ。こちらも、地力は引き出せる部分までには仕上がりを見せていますので、今回は狙えると思います。マイルCSで今回の動きならば少々厳しいのかなと感じますが、このメンバーならば。

3頭目にはムーンクレスト。もしかしたら穴馬の存在になるかもしれませんが、追い切りの動きからは好調気配漂うものとなりましたね。近走の好走の勢いそのままに出走できるので、一発もあるんじゃないかなと見てます。

木曜追い切りが出揃ったら、追記してお伝えします。

無かったです。すみません。その為、上記のままいきます。

毎日的中のオンパレード!

高配当にこだわる『高配当21』。
ヤバい的中祭りが、あたなの人生を左右すること間違いなし。

2018年12月05日
大井9R『C1(五)(六)』
3連単 179,400円

2018年12月05日
大井1R『2歳270万』
3連単 135,400円

2018年12月04日
大井3R『C3(三)(四)(五)』
3連単 109,600円

2018年12月03日
大井2R『2歳70万』
3連単 113,800円

2018年12月02日
中山11R『ラピスラズリS』
3連単 158,200円

2018年12月02日
中京9R『豊川特別』
3連単 1,068,400円

2018年12月02日
中山8R『3歳以上500万下』
3連単 428,200円

2018年12月01日
中山10R『北総ステークス』
3連単 484,300円

投資競馬に必要なものとは、的中できる"根拠"を集めるだけ。
それが出来なければ、ここまでの的中を創り出すことは出来ません。

無料コンテンツも豊富。『ぶった斬り』は危険な人気馬を暴くもの。

先週はカペラS出走のオウケンビリーヴを指名。
思ったよりも人気が下がったものの、7人気6着と今週もぶった斬り成功。

あなたもこういう情報を手にするべきです。
不要な情報に踊らされていませんか?

知らないことが多いと、損することはあっても得をすることはありません。

まず気楽に登録してチェックしてみましょう。無料です。

無料でメルマガ会員になって情報を貰う

スポンサーリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク