フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから

スワンステークス 2017 出走予定|想定騎手と推定オッズに有力馬考察まで

2017/10/24/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

この記事では、10月28日に京都で実施される第60回スワンステークスの想定騎手入りの出走予定馬について書いています。
推定オッズや有力馬考察に、現時点で注目している馬についても書いています。

マイルCSの前哨戦です。
前哨戦ということは、何度もお話している通り、本番の有力馬が狙うはここではどうしても仕上がりが甘くなります。
その為、前哨戦こそ荒れやすい1戦と言えます。

先週の富士Sは、人気薄のクルーガーが激走を見せました。
追い切りは超抜で、本番よりもまずは富士Sで今後の目途を立てたいという思いを感じるものでした。
こういうことは前哨戦ではよくあることなので、しっかりと追い切りを確認して、ここを狙いに来た馬を、こちらも狙うだけです。

そういった馬を、今週も見つけていきたいと思います。

スワンSの登録馬

馬名 斤量 想定 推オッズ
カラクレナイ 52 Mデムーロ 5.8
キャンベルジュニア 56 Aシュタルケ 21.4
ケントオー 56 ○○ 142.3
サングレーザー 54 Cデムーロ 4.9
ジューヌエコール 52 北村友 12.5
セイウンコウセイ 58 6.8
ダノンメジャー 56 武豊 13.4
ティーハーフ 56 国分優 67.2
トウショウピスト 56 古川 226.5
トーキングドラム 56 藤岡康 189.6
トーセンデューク 56 浜中 87.5
ビップライブリー 56 松若 51.4
ヒルノデイバロー 56 四位 24.7
フミノムーン 56 和田 66.8
ベステンダンク 56 ○○ 413.6
ミスエルテ 52 川田 12.8
ムーンクレスト 56 萩野極 91.4
レッツゴードンキ 54 岩田 2.1

除外

馬名 斤量 想定 推オッズ
ラヴァーズポイント 54 川須 268.5
ダイシンサンダー 56 松山 301.2
アルマワイオリ 56 ○○ 214.9

有力馬考察

レッツゴードンキ
≪牝5/栗 梅田智之厩舎≫

【前走】スプリンターズS 2着
【父】キングカメハメハ
【母父】マーベラスサンデー

今年2月の京都牝馬Sを制している舞台で、コース実績があるのが前向きな評価。
前走のスプリンターズSを叩かれて調子は上向きで、恐らくは作り込みはしてこないものの、ある程度は仕上がっているのではないかと思います。

今年は≪1.2.0.1≫と、VMのみ11着と大敗していますが、これは掛かってしまってのもの。
1400M以下のレースでは安定して走れているのは、掛かることがない裏返しとも言えそう。
気性が荒いため、短い距離は歓迎材料。

ただし、距離延長は≪0.1.0.4≫と安定感を欠いています。
距離延長のレースでは、割引が妥当と言えるでしょう。

また、この後は香港スプリントへ向かう予定で、上でも書いた通り作り込みは甘くなるのは確実。
元々はJBCスプリントを目標にしていただけに、この1週前倒しのスケジュールがどういう意味を持つのかを考えるべきです。

サングレーザー
≪牡3/青鹿 浅見秀一厩舎≫

【前走】仲秋S 1着
【父】ディープインパクト
【母父】Deputy Minister

武豊騎手のお手馬だったものの、7月30日の札幌1000万の道新スポ賞から福永騎手が騎乗。
5月の500万条件から3連勝と勢いに乗ります。
3歳夏前に本格化の兆しが見えてきて、春の頃に比べて力を付けてきたのが分かります。
2走前の道新スポ賞ではプラス16kgで、馬体の成長も感じる馬です。

今回はCデムーロ騎手が騎乗。
短期免許での来日で、いきなりの重賞勝利も見込めそうな1頭ですが、逆にいえばポン乗りでの騎乗ですので割引も必要でしょう。

また、後方からのレースで勝ち星を重ねていますが、重賞レベルになるとさすがに展開が向かなければ厳しいか。
上がり時計もある程度のところまでですので、周りのアシストも必要になりそうです。

カラクレナイ
≪牝3/栗 松下武士厩舎≫

【前走】ローズS 14着
【父】ローエングリン
【母父】アグネスタキオン

今年の函館SSを制したジョーヌエコールを基準に見ると、Fレビューと桜花賞で先着を果たしているカラクレナイの方が地力が上と見ることもできます。
前走はローズSでしたが、14着と大敗。
2000Mの秋華賞は諦め、1400MのスワンSへと舵を切ってきました。

前走は休み明けの1戦で、言い訳ができる内容。
馬体重も500kg手前の496kgで、未完成な仕上がりでした。
馬体重的には485kg前後がベストだと思いますので、その辺のことも見ておきたい項目です。

2走続けて2桁着順と、整っていなかったとはいえ負け過ぎた部分も感じますので、今回は正念場でしょう。

現時点での注目馬

現時点での注目馬について記載して終わりたいと思います。

1週前の段階で注目しているのは、今年の高松宮記念馬のセイウンコウセイです。

なぜかG1を制したあとは、函館SSは4着で驚きもありましたが、展開が向きませんでした。
入りの3ハロンを32.4秒で入れば、後半は辛くなります。

前走のスプリンターズSでは、いつものこの馬らしさがない中での内容となってしまいました。
先行出来ずに馬郡に沈んでいくだけとなりました。
そのため、まだ言い訳ができる敗戦です。

今回はレッツゴードンキの方が注目されると思います。
その為、マークはG1馬ではあるものの、そこまでマークは厳しくないはず。
楽に先行ができてしまえば、このメンバーであれば前が残れるはず。

そして、京都は、不良馬場で行われた土日の開催で芝は相当痛んでいるはずです。
重馬場実績が豊富のこの馬であれば、力のいる馬場でも問題なくこなしてくれるでしょう。
期待の1頭です。

以上、スワンステークスの出走予定馬情報まとめでした。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

第92回 中山記念(G2)

新聞の印に惑わされたくない方へ
【買うべき穴馬はコレ!】
万券ハンターの買い目を大公開!

▼ここをクリック!▼

暴露王の詳細はコチラ

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、3連単で万券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、
作られた『虚構の人気馬』を把握と、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ること
です。

そもそも、陣営の“ホンネ”というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕の万券ハンターと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

▼1月も情報力で違いを見せつけました!▼

◆年始の重賞でも!
1月6日  京都11R
『第56回京都金杯』
◎クルーガー
△ブラックムーン
○レッドアンシェル
3連単 1万1480円
3連複   1720円
馬 単   3610円
━━━━━━━━━━━

▼ ▼ ▼

◆2桁着順続きの凡走馬でも!
1月13日  中京8R
『Tトラ・重大機密策略弾』
◎テイルバック
(9人気・単勝33.9倍)
◯スズカフューラー
△ナポレオンズワード
3連単 5万5180円
3連複 1万1400円
馬 単   8320円
━━━━━━━━━━━

▼ ▼ ▼

◆殿堂的中(=1000倍以上の万券)でも!
1月20日 中京8R
◎カトルラポール
(9人気・単勝21.7倍)
▲シンボリバーグ
(7人気・単勝19.3倍)
◯カウントオンイット
(3人気・単勝6.8倍)
3連単 20万2070円
3連複  3万4920円
━━━━━━━━━━━

▼ ▼ ▼

◆単勝75倍の9人気馬でも!
1月28日 東京4R
◎フルコスト
(9人気・単勝75.3倍)
○ダンシングチコ
△ラブリーアゲン
(7人気・単勝33.1倍)
3連単 5万9960円
3連複 2万3030円
━━━━━━━━━━━

▼今週限定の買い目を入手!▼

暴露王の詳細はコチラ

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『中山記念(G2)』を初めとして、万券ハンターだからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
完全無料・中山記念
【買うべき穴馬はコレ!】

暴露王の詳細はコチラ

-出走予定馬
-