スワンステークス 2017 最終追い切り評価|レッツゴードンキはさすがの動き

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

10月28日に京都で実施されるスワンステークスの追い切り評価を行いました。
映像配信のあった10頭について記載しています。
マイルCSの前哨戦だけに、しっかりと穴馬の存在も確認しながら、評価していきたいと思います。

スポンサーリンク

追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

カラクレナイ【A-B】

10月25日(水)栗東 CW(重)
【6F82.3-66.0-52.2-38.5-1F12.3】

単走馬なり。
動き自体は平凡なんですが、見た目以上に時計が出ていると感じました。
リラックスして動いている状態なので、前向きな評価ができる雰囲気です。

一息入っていますが、全体的には良好と言える内容だったのではないでしょうか。
前走のローズSではデキ落ちを感じさせる内容でしたので、今回の方が単純に状態は良いと言えるでしょう。

キャンベルジュニア【B-C】

10月25日(水)美浦 南W(良)
【4F52.8-38.3-1F13.0】

2頭併せ内強め半馬身程遅れ。
追いつきそうで追いつけずという内容で、もどかしい内容となりました。

休み明けの影響を色濃く受けている印象は受けます。
ここを使われてから次走以降に狙い時があればという印象です。

サングレーザー【B】

10月25日(水)栗東 坂路(重)
【58.8-42.3-26.2-12.3】

単走馬なり。
最後の部分だけサラッとやった程度で、全体的には馬なりという評価でいいと思います。

パターンとしてはこれまで同様です。
日曜日と最終リハは坂路でという仕上げ方ですが、前走時は日曜日に加速ラップを刻んでいますが、今回の22日(日)の追い切りは減速ラップです。
その点が前回と違う部分ではありますが、全体的には前走程度のデキで出走できるのではないでしょうか。

ジューヌエコール【B-C】

10月25日(水)栗東 坂路(重)
【51.7-37.8-24.9-12.6】

単走強め。
鞭を振るっていますが、見せ鞭の内容でした。
ただし、ずっと見せ鞭を最後まで入れている状況でしたので、何かが違うと感じたのかもしれません。

【A-B】評価としていた前走ですが、内容的には微妙な印象を受けます。
坂路で51.7秒は、自己ベスト。
しかし、51.8秒を出したデイリー杯2歳Sでは、加速ラップを刻んで本番を優勝しました。

その時に比べると、減速ラップというのがどうしても気になる内容です。
前走と比べても、今回はデキ落ちと考えていいのではないでしょうか。

セイウンコウセイ【B】

10月25日(水)美浦 南W(良)
【5F67.4-51.8-37.7-1F12.6】

単走強め。
デキで言えば、前走【A-B】評価としていた時と、仕上がりは変わらないと思います。
高松宮記念の時とも変わらないデキにあると思いますが、スプリンターズSでは惨敗。

仕上がり的には走れる状態にあると思うんですが、強く推せないところがもどかしい1頭です。

トーキングドラム【C】

10月25日(水)美浦 南W(良)
【6F85.0-69.1-53.9-39.6-1F13.2】

2頭併せ外強め併入。
ゴール後にさらに追われる内容で、1ハロン程度は上記の時計以上に走っています。

7歳も暮れになりましたので、上積みを見込むのは酷なのかもしれませんが、状態的には前走に比べてもデキは落ちたのではないかと思う時計の刻み方です。
惨敗はしてしまいましたが、安田記念の仕上がり方が良かった分、その反動が出ているのではないかと思う部分もあります。

ビップライブリー【B】

10月25日(水)栗東 CW(重)
【6F83.9-66.1-51.7-38.4-1F12.1】

単走強め。
重馬場でしたが、関係ないパワフルな走りをしていました。
前走の準OP勝ちはたまたまということはないと思います。

夏場にずっと使われていますが、その疲労といったものは感じません。
さすがに上積みまでは感じませんが、状態良く出走できるのではないでしょうか。

ヒルノデイバロー【B】

10月25日(水)栗東 坂路(重)
【53.4-38.8-25.2-13.0】

2頭併せ強め1馬身程遅れ。
やや重馬場に手こずった印象を受けますが、それにしても最後は失速し過ぎた印象を受けます。

ここまでOP未勝利なのですが、前走の仕上がりは良かったと思います。
それでもソルヴェイグ相手に敗れていますが、今回はデキをキープしているかどうかだと思いますが、今回はさすがにデキ落ちを感じさせる内容でした。
せめてラスト1ハロンを、12秒台後半でまとめてくれていれば良かったと思います。

ミスエルテ【B】

10月25日(水)栗東 CW(重)
【5F66.1-51.1-37.2-1F11.8】

2頭併せ強め1馬身程先着。
僚馬は一杯に追われる中で、強めの範疇で先着できのは良かったと思います。

ただし、脚色は僚馬の方が良かったので、その点は若干ですが見劣りしてしまうかなという感想も抱きました。

NHKマイルC以来の1戦で、やや長めの休養となりましたが、仕上がりは万全です。
NHKマイルCでは【A-B】評価としていましたが、結果は7着でした。
その為、強く推すのは難しいですが、仕上がり自体は変わりなく来ているのではないでしょうか。

レッツゴードンキ【B-C】

10月25日(水)栗東 坂路(重)
【55.3-39.7-25.1-12.0】

単走末強め。
ゆったりとしていながらも、加速ラップを刻む好内容でした。

さすがにG1の後のレースですので、前走の方が仕上がりはよかったと思います。
時計の出方も全く違いますし、香港スプリントへ向けての調整での出走でしょう。

それでも、ある程度のところまでは作られていますので、大きく凡走をするということはないのではないかと思います。
香港スプリントを目標にしているので、恥ずかしい競馬はできないでしょう。

好走に期待したいです。

スワンステークスの追い切りまとめとお薦め馬

今回は10頭の映像配信がありましたので、10頭をチェックしていきました。

今回の追い切りで上昇気配を感じるのは、【A-B】評価のカラクレナイ1頭のみでした。
さすがに前走のデキが悪かったですので、そこから比べるとという1頭でした。
ただ、フィリーズレビューを制しているように、1400Mとなってどうなるでしょうか。

その他【B】評価組から見ていくと、前走スプリンターズSで11着と大敗したものの、追い切りの内容的には問題なかったセイウンコウセイや3連勝中と勢いに乗っているサングレーザーも、状態的には問題ない範囲で出走できそうです。
他にも、ビップライブリーやミスエルテまでは良かった内容でした。

ただし、こういう前哨戦のレースは、本命馬の仕上がりが甘く、前哨戦の重賞をメイチで作られた馬ですと、メイチで作られた方が上回ることがあります。
前哨戦の穴馬の見つけ方だと思います。
ただし、今回の追い切りの内容で言うと、【B-C】評価でもレッツゴードンキの内容が良かったようにも思いました。
レッツゴードンキを上回るデキの馬は、今回はいなかった印象です。

以下、追い切りからお薦めできる馬をご紹介しておきます。


  • レッツゴードンキ
  • サングレーザー
  • ミスエルテ
  • カラクレナイ
  • セイウンコウセイ

映像配信がなかったダノンメジャーと前走OPを制したムーンクレストやラヴァーズポイントの追い切りを観て判断したかったのですが、それができずに残念に思います。
映像がない中で言い切るのは難しいですが、ムーンクレストとダノンメジャーの追い切りの内容自体は良かったんじゃないかと想像できる時計だけに、悩むポイントです。

映像がないメンバーで決まっても仕方がないかなと思う時計ではあるので、注意されて下さい。

回収率638%が飛び出した先週!

2週連続的中期待の日曜無料買い目

タダでもらえる情報でこれはアツい!
先週の的中実績をご紹介します!

7/26札幌08R
3連複3-4-6的中
800円×38.3倍
→3万640円!回収率638%

▼公開された買い目▼

そして気になる今週日曜版も公開中!

札幌7R/3歳以上1勝Cを無料公開中◎
日曜版厳選無料情報
点数少ないのでお試し気分で買いやすい!
ぜひ好調3連複予想を無料でご覧あれ!

\簡単に登録できます/

無料の会員登録はコチラ

/メールアドレスを用意するだけ\

こちらから無料でゲットできますよ!重賞以外のレースが選ばれること多いのでメイン前の軍資金稼ぎにうってつけ!