スプリンターズステークス 2019 サイン|CMはGの説明!?プレゼンターはなし…

スプリンターズステークスのサインが何があるのか調べてみました。

CMはグレードのGについて。新メンバーの方が、Gとはどういう意味だろうかと聞いてるものでした。

プレゼンター情報はありませんので、プレゼンター不在です。昨年はDAIGOさんが登場しましたが、今年はいませんでした。

ポスター情報は既に秋華賞と菊花賞のものが提示されていますが、スプリンターズステークスのものはありませんでした。

ここまで冷遇されている年というのも珍しいかもしれません。

残念ですが、情報が乏しい記事となりそう。

しかし、色々な角度から見つけていきたいと思いますのでご覧いただければ幸いです。

CMは#19に関連して

「HOT HOLIDAYS!2019」~スプリンターズステークス篇~ 30秒

中川「気になってたんですけどー、」

(柳楽)「G1だよ、G1!」

中川「G1のGって何ですか?」

タイトル『知ってる?3』

柳楽「やっぱそこ気になった?」

葵「たしかに」

土屋「私たちも1回その話しましたよね」

(高畑)「(#19の映像)Gってなに?」

柳楽「なんのGだと思う?」

中川「グランド!」

葵「グッド!」

中川「ギガ!」

土屋「はいはいはいはい」

柳楽「笑ってるけど、太鳳ちゃんも頑張れのGとか言ってたからね」

土屋「優弥さんも、(ゲットじゃなくて?)とか言ってました…」

中川「え、ゲット違うんすか」

柳楽「ゲットなわけないだろ」

葵「えー、答え教えてください!」

土屋「はい、優弥さん!」

柳楽「おー、おほほ…。」

土屋「桃李さんの方がいいかもしれない」

『スプリンターズステークス』


新メンバーが入ったことで、過去のCMのおさらいというところでしょうか。こういう仕組みが多くなってきましたね。ネタ切れ…ではないと思いますが、新規開拓に力を入れていることが分かります。

ちなみに、実際にわからない人のために記載しておくと以下のようになります。

GⅠ(ジーワン)レースの「G」は、GRADE(グレード)のイニシャルに由来します。

HOLIDAYS MEMO | 週末は競馬場で遊ぼう! | HOT HOLIDAYS!

よく「重賞のG」という人がいますが、微妙に違いますのでお気を付けください。

ちなみに、#19は以下のような作りでした。

「HOT HOLIDAYS!2018」~フェブラリーステークス編~

2018年のフェブラリーステークスがCM対象レースでした。2018年のフェブラリーステークスを振り返ります。

1着:12ノンコノユメ 内田博 加藤調教師(東)
2着:14ゴールドドリーム ムーア 平田調教師(西)
3着:6インカンテーション 三浦 羽月調教師(西)

以上の結果でした。

共通点があまり見られませんでしたが、やはり馬番には警戒。12-14-6の順番で決まる可能性がある点は覚えておくべきかもしれません。

ヘッドラインは『秋風の進化、疾風の真価。』

ヘッドラインが更新されていました。

今年のヘッドラインは、『秋風の進化、疾風の真価。』となっています。

『しんか』という文字を二度使っていますので、その辺りにヒントが隠されていそう。

しんかというのは、その他にも色々な意味がありますが、芯化・深化・新化・新華・神歌…と色々とあります。

例えば神化という『しんか』であれば、アレスバローズは戦いを司る神のことですので、神化に当てはまります。

今回のメンバーでは、しんかというワードで強調されるのはアレスバローズのみ。よって、アレスバローズが該当していると考えていいはずです。


アレスバローズ


【速報!】TOKIO城島茂 24歳年下グラドル菊池梨沙と結婚!

土曜日の朝に速報が入ってきました。

あのTOKIOのリーダー城島茂(48)が結婚を決めたそうです。噂されたグラドルと結婚してしまうなんて…しかも年の差24歳差…。男としては羨ましいですねw

 TOKIOリーダーの城島茂(48)が28日、ファンクラブ会員向けサイトで結婚を発表した。お相手は、24歳年下のグラビアアイドル・菊池梨沙(24)。17年5月に熱愛が報じられてから2年以上、交際を続け

TOKIOと言えば、LOVE, HOLIDAY.でJRAのCMやプロモーションとしてもお馴染みでした。もう懐かしい気もしますが、これはサインに繋がるはず。

やはり24歳差婚が1つヒントになりそうです。

ヒントになりそうなものとしては、TOKIO結成25周年。

とりあえずは24歳差婚ということで、馬番2ダノンスマッシュ-4リナーテは十分に考えたいところです。

スプリンターズステークスの予想を公開しました!

スプリンターズステークスの予想を行いました。今回も、馬連とワイドを各1点ずつ、2点勝負で行いたいと思います。どちらも追い切りで動いた2頭を選びましたが、過去のデータなどから絞り込みました。1頭目は追い切りオススメ1頭目のアノ馬。ここは必勝態勢で挑んできたと高評価していました。