スプリンターズステークス 2017 サイン|CMは9文字が鍵!?プレゼンターは藤原竜也!

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

10月1日に中山で実施されるスプリンターズSのサインについて書いています。
今年のスプリンターズSは、プレゼンターに藤原竜也さんが来場。
CMは、9文字の馬名が鍵となるかもしれません。

そんな流れでお伝えします。

プレゼンターにはJRA-VANイメージタレントの藤原竜也さん

今年のプレゼンターには藤原竜也さんが来場されます。
スプリンターズSの回顧に、凱旋門賞直前のトークショーにも参加されるということで、競馬好きを公言しているだけあって、協力的なスケジュールとなっています。

このブログだけでも、何度か取り上げたことがありますが、藤原竜也さんの簡単なプロフィールを掲載しておきます。

1997年、蜷川幸雄演出「身毒丸」の主役オーディションで15歳にしてグランプリを獲得。以降、蜷川作品をはじめ多くの舞台で座長を務める。00年、「仮面学園」の主演で銀幕デビュー。続いて深作欣二監督の遺作となった「バトル・ロワイアル」(00)では、迫真の演技で日本アカデミー賞主演男優賞と新人俳優賞をダブル受賞、若手実力派俳優の筆頭になる。その後、「デスノート」前・後編(06)や、「カイジ」シリーズ(09、11)など人気漫画の実写映画化作品に主演。その他、「パレード」(10)、「藁の楯 わらのたて」(13)、実写版「るろうに剣心」3部作の「京都大火編」と「伝説の最期編」(ともに14)といった話題作で存在感を放ち、「僕だけがいない街」(16)、「22年目の告白 私が殺人犯です」(17)などで主演を務める。近年のTVドラマの出演作に、「ST 赤と白の捜査ファイル」(14)、「そして、誰もいなくなった」(ともに16)、「リバース」(17)などがある。

藤原竜也 – 映画.com

競馬が好きなことを公言されている方のプレゼンターですので、とても楽しみではありますが…。
そういえば、皐月賞と菊花賞、さてもう1つのクラシックは?という問題に、桜花賞と答えてドン引きさせた今年の藤原竜也さん。
名誉回復となるのか、回顧トークショーでは巻き返して欲しい気持ちです。

今年は2回目の登場とのことですが、6月18日に実施された函館SSにてプレゼンターを務めています。
ヴィクトリアM(15)・桜花賞(16)・新潟記念(16)でもプレゼンターとして参加されています。

ヴィクトリアMの時は、藤原厩舎のストレイトガールが優勝し、サインが出ていたと言われています。
しかし、その後は共通するポイントも無いような形になっています。

今年のスプリンターズSで藤原厩舎の馬は不在ですが、生産牧場に藤原牧場の名前を発見。
その馬は、ダンスディレクターです。

プレゼンター情報からは、ダンスディレクターが有力視されるかと言えるでしょう。

PS
TBS系で放映されている世界遺産という番組。
10月からは女優の杏さんがナレーターを務めるそうです。
これまで藤原竜也さんの声に聞き慣れていたため、少し違和感を覚えそうですね。
SONYだった世界遺産の提供が、キャノンに変わり、時代の変化を感じましたが、こういったところでも変化があるとはという感じです。
藤原竜也さんのナレーター、好きだったんですけどね。

世界遺産で言えば、シルクロードSを連覇しているダンスディレクターは十分にありそうですね。
ディレクターという名前も、映画やテレビ関係でよく聞く名前ですし、サインは十分に出ています。

CMは

「HOT HOLIDAYS!」~スプリンターズステークス編~

仕事をしている松坂桃李さんからスタート。
そこに、土屋太鳳さんからLineでしょうか、意味不明な内容が送られてきます。

「タオラブユー」
「タオアマゾネス」
「タオハッピネス」
「タオダンシング」
「タオインザレイン」
「タオニモサキニモ」
「タオカラボタモチ」
「タオヨリダンゴ」
「タタタンド」
「スターオーズ」
「ターオネーター」
「ターオネーターツー」
「タオダンシンインザレイン」
「タオダンシンインザレインボー」
「タオダンシンオーバーザレインボー」

『馬名は、カタカナ9文字まで。』

「タオル」

そして、最後に松坂桃李さんが「短くなった」とツッコミを入れます。


ここまでが今回のCMの流れです。

気になるのは、数字の9番

そもそも、今回のCMは#9。
そして、馬名の9文字までの9です。

途中、有名洋画の名前を弄ったような馬名候補が出てきますが、これも映画に繋がります。
プレゼンターの藤原さんとの接点も出てきました。

馬番9番には要注意。
もしくは馬名が9文字の馬には警戒しておくべきでしょう。

  • ダンスディレクター
  • ワンスインナムーン

ここまで来ると、ダンスディレクターにサインが出ているのは間違いないんじゃないかと思ってしまいそうです。

今年の馬番9番は、メラグラーナとなりました。
こちらにも注意が必要です。

ヘッドラインは『超速を見逃すな、この煌めきに瞬きは許されない。』

JRAのヘッドラインが更新されていました。

今年のスプリンターズSのヘッドラインは、『超速を見逃すな、この煌めきに瞬きは許されない。』です。

煌きとはどういう状態なのだろうかと、『煌き』と検索を入れると、広島にそういう風俗のお店があるみたいで、その情報が出てきてビックリしてしまいましたww

余談はこのくらいにして、煌きというのは「明るくきらめき輝く性質」「きらきら光ること」と書いてありました。
そのままですね。

きらきら光ること、そして瞬きが許されないのであれば、「流星」の意味を持つ、ラインミーティアです。
今回のヘッドラインに一番近い馬は、ラインミーティア以外には考えられません。

光り輝く様子や冬景色に太陽の光が反射してきらきらと光る様子を思い浮かべますが、雪に反射した光が輝くという意味であれば、ブリザードの「雪のごく強い嵐」という情景も、嵐過ぎればきらきらと輝きます。

あとは、「恒星」の意味を持つ、セイウンコウセイ
そして、ブリザードがそうであれば、スノードラゴンにも、スノー、雪が入っています。

この辺りが、ヘッドラインから紐解くサインとなっているでしょう。

デイリー杯2歳ステークス的中!
しかも「無料参考情報」で的中し19万超えの配当!

担当制を活用してサポート体制を充実化している「競馬学会」
今、人気のサイトです!

毎週的中を積み上げていて、先週も35レースを的中!

重賞レース「デイリー杯2歳ステークス」を無料参考情報で的中させてきました。

先々週の「京王杯2歳ステークス」に続き、2週連続で重賞を無料参考情報で的中!

メールアドレス登録後、確認メールからログインでOK。

今週末は無料登録すると「マイルCS(G1)」の厳選無料買い目を見ることができます!
小点数で的中を積み上げる「競馬学会」から目が離せません。

無料登録で重賞の情報を見る!

\ 1分で登録完了! /

無料会員になる方はコチラから

登録にはメールアドレスを入力するだけ

スポンサードリンク