【スプリンターズステークス2016血統表】過去10年の勝ち馬の傾向も併せてチェック

この記事では、スプリンターズステークスの血統情報をまとめています。過去10年の勝ち馬・2着馬の成績と共に、出走予定馬の血統情報もまとめています。

普段の予想ではあまり重視しないポイントですが、多くのブロガーさんから血統は面白いというコメントをいただいたので、試しに見ていきたいと思います。

ただ、血統には詳しくないので、ただ単に記している形になっています。せっかく作るのだから、ご利用される方がいらっしゃればご覧ください。

過去10年の血統の傾向を見てみました。

馬名
20151ストレイトガール
2サクラゴスペル
3ウキヨノカゼ
20141スノードラゴン
2ストレイトガール
3レッドオーヴァル
20131ロードカナロア
2ハクサンムーン
3マヤノリュウジン
20121ロードカナロア
2カレンチャン
3ドリームバレンチノ
20111カレンチャン
2パドトロワ
3エーシンヴァーゴウ
20101ウルトラファンタジー
2キンシャサノキセキ
3サンカルロ
20091ローレルゲレイロ
2ビービーガルダン
3カノヤザクラ
20081スリープレスナイト
2キンシャサノキセキ
3ビービーガルダン
20071アストンマーチャン
2サンアディユ
3アイルラヴァゲイン
20061テイクオーバーターゲット
2メイショウボーラー
3タガノバスティーユ

それではまずは、過去の血統傾向を見ていきます。尚、2014年は新潟開催のため迷いましたが、血統傾向はそこまで変わらないと思いますので記載しています。気になる方は、除外してお考えください。

※横スクロール可能です。

1着2着3着
母父母父母父
2015フジキセキ
サンデーサイレンス系
タイキシャトル
ヘイロー系
サクラプレジデント
サンデーサイレンス系
Cure the Blues
ターントゥ系
オンファイア
サンデーサイレンス系
フサイチコンコルド
ニジンスキー系
2014アドマイヤコジーン
グレイソヴリン系
タヤスツヨシ
サンデーサイレンス系
フジキセキ
サンデーサイレンス系
タイキシャトル
ヘイロー系
ディープインパクト
サンデーサイレンス系
Smart Strike
ミスプロ系
2013キングカメハメハ
ミスプロ系
Storm Cat
ストームバード系
アドマイヤムーン
フォーティナイナー系
サクラバクシンオー
プリンスリーギフト系
キングヘイロー
リファール系
キンググローリアス
ミスプロ系
2012キングカメハメハ
ミスプロ系
Storm Cat
ストームバード系
クロフネ
ヴァイスリージェント系
トニービン
グレイソヴリン系
ロージズインメイ
ヘイロー系
マイネルラヴ
ミスプロ系
2011クロフネ
ヴァイスリージェント系
トニービン
グレイソヴリン系
スウェプトオーヴァーボード
フォーティナイナー系
フジキセキ
サンデーサイレンス系
ファルブラヴ
ノーザンダンサー系
Thunder Gulch
ミスプロ系
2010Encosta de Lago
ノーザンダンサー系
Sir Ivor
サンデーサイレンス系
フジキセキ
サンデーサイレンス系
Pleasant Colony
リボー系
シンボリクリスエス
ロベルト系
Crafty Prospector
ミスプロ系
2009キングヘイロー
リファール系
テンビー
ニジンスキー系
チーフベアハート
ダンチヒ系
Westminster
ターントゥ系
サクラバクシンオー
プリンスリーギフト系
Woodman
ミスプロ系
2008クロフネ
ヴァイスリージェント系
Nureyev
ヌレイエフ系
フジキセキ
サンデーサイレンス系
Pleasant Colony
リボー系
チーフベアハート
ダンチヒ系
Westminster
ターントゥ系
2007アドマイヤコジーン
グレイソヴリン系
Woodman
ミスプロ系
フレンチデピュティ
ヴァイスリージェント系
Caerleon
ニジンスキー系
エルコンドルパサー
ミスプロ系
Meadowlake
セントサイモン系
2006Celtic Swing
ミスプロ系
Archregent
ノーザンダンサー系
タイキシャトル
ヘイロー系
Storm Cat
ストームバード系
ブライアンズタイム
ロベルト系
サクラユタカオー
プリンスリーギフト系

血統考察

上記の緑色はターントゥ系(ロベルト系・サンデーサイレンス系・ヘイロー系)をまとめています。中距離血統であれば、この緑色が占めていくんですが、スプリンターズステークスに関しては血統傾向が散った形。

特にサンデーサイレンス系が不調であることは上を見て貰えれば分かる通り。母数が違うのでなんとも言えないものの、サンデーサイレンス系≪3-4-2-50≫≪1-4-2-50≫とはやや不調にも感じる。困ったらサンデーサイレンスは通用しないレースと言えるでしょう。

ミスプロ系とノーザンダンサー系が顕著に数回も活躍している点を見ると、やはりサンデーサイレンス系を見るくらいならば、ミスプロ系とノーザンダンサー系を見ていきたい。

ただし、2014年は新潟開催とはいえ、父サンデーサイレンス系が2着、3着。昨年は1着から3着までをサンデーサイレンス系が占めている。その点を考慮すると、今年もこの流れが続きそうな気配は強く感じられる。

基本はミスプロ系とノーザンダンサー系を中心に、父サンデーサイレンス系はその次くらいに見ていきたい。

その他、ナスルーラ系の活躍も見られるなど、あまり血統に拘り過ぎるものよくなさそう。

今回の出走登録馬の血統情報

母父
アクティブミノルスタチューオブリバティアグネスタキオン
ストームバード系サンデーサイレンス系
ウリウリディープインパクトフレンチデピュティ
サンデーサイレンス系ヴァイスリージェント系
サクラゴスペルサクラプレジデントCure the Blues
サンデーサイレンス系ターントゥ系
サトノルパンディープインパクトダンシングブレーヴ
サンデーサイレンス系リファール系
シュウジキンシャサノキセキKingmambo
サンデーサイレンス系ミスプロ系
スノードラゴンアドマイヤコジーンタヤスツヨシ
グレイソヴリン系サンデーサイレンス系
ソルヴェイグダイワメジャージャングルポケット
サンデーサイレンス系グレイソヴリン系
ダンスディレクターアルデバラン2サンデーサイレンス
ミスプロ系サンデーサイレンス系
ティーハーフストーミングホームGreen Desert
ミスプロ系ダンチヒ系
ナックビーナスダイワメジャーMore Than Ready
サンデーサイレンス系ヘイロー系
ネロヨハネスブルグサンデーサイレンス
ストームバード系サンデーサイレンス系
ビッグアーサーサクラバクシンオーKingmambo
プリンスリーギフト系ミスプロ系
ブランボヌールディープインパクトサクラバクシンオー
サンデーサイレンス系プリンスリーギフト系
ベルカントサクラバクシンオーボストンハーバー
プリンスリーギフト系ボールドルーラー系
ミッキーアイルディープインパクトRock of Gibraltar
サンデーサイレンス系ダンチヒ系
ラヴァーズポイントマイネルラヴタマモクロス
ミスプロ系グレイソヴリン系
レッツゴードンキキングカメハメハマーベラスサンデー
ミスプロ系サンデーサイレンス系
レッドアリオンアグネスタキオンダンシングブレーヴ
サンデーサイレンス系リファール系
レッドファルクススウェプトオーヴァーボードサンデーサイレンス
フォーティナイナー系サンデーサイレンス系
ワキノブレイブマイネルラヴブライアンズタイム
ミスプロ系ロベルト系

※横スクロールできます。

今年の出走登録馬で、まずは父サンデーサイレンス系なのはウリウリ・サクラゴスペル・サトノルパン・シュウジ・ソルヴェイグ・ナックビーナス・ブランボヌール・ミッキーアイル・レッドアリオンの9頭。

ミスプロ系はダンスディレクター・ティーハーフ・ラヴァーズポイント・レッツゴードンキ。上記の情報に当てはめると、有力視しても良い血統と言える。

ナスルーラ系の中で、グレイソヴリン系がスノードラゴン。プリンスリーギフト系は父サクラバクシンオーのビッグアーサーとベルカントの2頭。

その他ノーザンダンサー系の中で、ストームバード系はアクティブミノルとネロの2頭。

今年は比較的固まったとも言える血統構成です。

今年は、サンデーサイレンス系が活躍するかも、というお話を書きましたが、やはり気にしたいのはサンデーサイレンス系の中でも唯一と言っていいほどの活躍を見せたキンシャサノキセキ。そのキンシャサノキセキ産駒のシュウジには、父同様ここでの活躍に期待したい。

母父を見ると、こちらはバラバラ。ただ、上の表で、3着にはミスプロ系が多かったのは印象的でした。

母父ミスプロ系を見るとシュウジとビッグアーサーの2頭。どちらも有力視されている2頭も、馬券内への好走条件は整ったとも言える血統構成ではないかと見ています。

血統はなかなか難しい判断材料ではあるんですけど、知れば知るほど面白いですので、深く知りたいものです。

スポンサードリンク