【スプリングステークス2021出走予定】進撃のボーデンになるか

出走予定馬
この記事は約4分で読めます。

2021年3月21日(日曜)に行われる第70回スプリングステークスの想定騎手り出走予定馬について書いた記事です。

2021年3月21日(日曜) 2回中山8日
3歳OP コース:1,800メートル(芝・右)

想定騎手入り登録馬

馬名 斤量 想定
アサマノイタズラ 56 ○○
アールバロン 56 北村宏
イルーシヴパンサー 56 横山典
ヴィクティファルス 56 池添
ヴィゴーレ 56 田辺
ヴェイルネビュラ 56 戸崎
オンザライン 56 横山武
セルジュ 56 ○○
タイフォン 56 ○○
ニシノオイカゼ 56 勝浦
ノースザワールド 56 ○○
ビゾンテノブファロ 56 ○○
ボーデン 56 川田
ランドオブリバティ 56 三浦
レインフロムヘヴン 56 石橋脩
ロードトゥフェイム 56 木幡巧
ワールドリバイバル 56 菱田

有力馬考察

ランドオブリバティ≪牡3/鹿 鹿戸雄一厩舎≫

【前走】きさらぎ賞 3着
【父】ディープインパクト
【母父】Dubawi

ホープフルSで衝撃の4コーナーでの逸走で一気に知名度が上がった同馬。
もちろん、笑撃という意味で、ですねww

前走のきさらぎ賞は、しっかりと4コーナーを回ってきて3着。
ただ、その前を走っていたヨーホーレイクを捕らえることができなかったのが気になるところです。

皐月賞を見据えて出走してきました。
賞金もギリギリなので、ここはなんとしても3着内に入って権利獲得を行っておきたいところ。

ボーデン≪牡3/鹿 木村哲也厩舎≫

【前走】未勝利 1着
【父】ハービンジャー
【母父】キングカメハメハ

ドゥラメンテの近親を持つ1頭。
新馬戦は取りこぼしてしまいましたが、未勝利戦をきっちりと勝ちきりクラシックの舞台へ殴り込みをかけたい。

ただ、前走新馬戦未勝利戦の馬が≪0.0.0.13≫と、結果を残していないのが気掛かりか。
条件戦を使わない強気策が、ここでどう結ぶか。

1週前はCWで8ハロン追いを行っています。
8ハロン112.9秒というのは、あまり見たことがありません。

それだけしっかりと仕上げたいという思いが伝わってくる内容でした。

勝ち時計が優秀でしたので、しっかりと走れれば地力は上位。

余談ですが、個人的には、どこかルーラーシップに似てるような気がしないでもないですww
案外、コロッと負けて、次のレースで巻き返してくる、そんな存在かもと思う部分はありますww

ヴィクティファルス≪牡3/鹿 池添学厩舎≫

【前走】共同通信杯 2着
【父】ハーツクライ
【母父】Galileo

前走は勝ち馬から離されたものの、2着を死守しました。

朝日杯FSで2着の1人気ステラヴェローチェが5着に敗れたレースでした。

そういう馬が敗れたことで、ハイレベルと思われそうですが、出走メンバーが弱かったのではないかと言われています。
ヴィクティファルスを基準として、クラシックを計る上での物差しともなりそうです。

父ハーツクライ産駒ということで、成長は遅いのだろうと思います。

器用さを持ち合わせていますので、内からでも競馬ができると思います。

ただ、現状、ここまでの2走は8枠7枠からのスタートですから、確実性を考慮すると外枠スタートがほしいところ。
内枠で揉まれていないところを見ると、枠順次第では簡単に飛ぶかもしれません。

現時点での注目馬

有力馬の特に上位2頭が人気を集めそうですが、伏兵たちにもチャンスは多いと考えます。

中でも、≪B≫[最強]競馬ブログランキングへは、今後を占う上でもとても大事な1戦。

ホープフルSで敗れたものの、次戦の1勝クラスのつばき賞を、上がり最速をマークし勝利を収めました。

今回のレースは、前に行きたい馬が多く、ハイペースが予想されます。

その点、中団に控えて脚を溜められるのは前向きに評価したいところ。

意外と中山が不得意な部分があるかもしれませんが、もう1度見直しが必要でしょう。

以上、スプリングSの出走予定馬情報でした。

出走予定馬
この記事を書いた人

追い切り評価を行うフリーのブロガー。ディープインパクトが菊花賞を圧勝した姿を目の当たりにし競馬の魅力に気付く。それから月日が流れ「爆穴」~的中率が低くても回収率で勝負するブログを2014年に立ち上げる。ただし、ブログ名に負けている模様。

リッキーをフォローしてください!
お気に召しましたらSNSでのシェアにご協力お願いします!
リッキーをフォローしてください!
追い切り考察を競馬予想へ-「爆穴」〜的中率が低くても回収率で勝負するブログ
タイトルとURLをコピーしました