スプリングステークス 2019 最終追い切り予想|ファンタジストは50.1秒と上々以上の時計

リッキーです。ご覧いただきありがとうございます。

注目の前哨戦であるスプリングSの追い切り考察を行っています。
前走の追い切り映像やタイムと、今回の追い切りとを比較して良し悪しを判断し、多段階にて評価をしています。
オススメ馬を最後に書いていますので、ご興味ありましたら最後までご覧ください。

それでは早速チェックしていきます。

追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

エメラルファイト【B】

3月13日(水)美浦 南W(良)
【6F82.5-66.4-51.8-38.2-1F13.3】

2頭併せ内強めクビ差ほど遅れ。

一生懸命に走っていますが、最後は僚馬の方が凌ぎ切った形となりました。

ただ、時計は概ね出ています。
しっかりと追われた分は出ていると判断していいでしょう。

動き自体は悪くはなかったので、そこまでマイナスと見なくていいはずです。
前走程度は走れる見込みです。

これで半馬身でも前に出ていれば評価も変わってきたのですが…ちょっと惜しい内容でした。

カラテ【B】

3月13日(水)美浦 南W(良)
【5F68.5-52.7-38.4-1F12.8】

2頭併せ馬なり併入。
馬なりの範疇だったという程度で、少しは促されていた感じでした。

時計的には悪くはない程度。
馬なりを考慮すれば良かったのではないかと思います。

前走で未勝利を脱出したばかりですが、追い切りの時計を考えると今回の方が良いのかなぁ程度。
重賞となりいきなりの優勝というのは難しいかもしれません。

クリノガウディー【B-C】

3月13日(水)栗東 坂路(稍重)
【53.9-39.3-25.5-12.4】

単走強め。

しっかりと集中して走れているのは前向きに見ています。

ただし、時計もボチボチまでで、雰囲気もボチボチまでと、どこか評価が伸びない形。
悪くはないんだけど…という感じで、惹かれる部分はありませんでした。

前走の朝日杯FSと比べると、やはり前走が勝負気配だったと感じます。
比較するとやはりデキ落ちと考えるべきでしょう。

ゲバラ【B】

3月13日(水)美浦 南W(良)
【5F68.5-52.9-38.9-1F12.4】

2頭併せ内強め半馬身ほど先着。

2馬身ほど後方を追走して直線へ。
なかなか差が詰まらないものの、ラスト100Mほどで逆転していきました。

僚馬も強めに追われていたのでなかなか追いつけないのは仕方がないのかもしれませんが、モタモタしているようで少々物足りなさを感じました。

前走時の共同通信杯(5着)と比較すると、今回とあまり変わりなくという感じ。

前走程度までと判断して評価しておきたいと思います。

コスモカレンドゥラ【A】

3月13日(水)美浦 南W(良)
【4F53.5-38.5-1F12.5】

2頭併せ内強め半馬身ほど先着。
ゴール後もある程度は強めに追われていたので、上記以上には走っています。

美浦Wで末12.5秒ですので、しっかりと走れていると判断していいでしょう。
勝負度合いは高そうに感じます。

前走はG1ホープフルSで4着でしたが、その時の力を感じるだけの内容でした。

重賞を勝ちに来ている感じがして、今回は魅力的に映ります。
前走時はあまり負荷を掛けられずに本番に挑みましたが、前走を見て欲を出したのかしっかりと仕上げてきた印象は受けます。

素直にデキ上昇と評価するべきでしょう。

シークレットラン【B】

3月13日(水)美浦 南W(良)
【5F66.4-52.1-38.1-1F13.1】

2頭併せ外強め3馬身ほど先着。

追われてからの反応が良かったです。

しかし、前走時もこんな感じの追い切りで、今回の方がやや反応が良いかなぁと思う程度でした。
前走から悪くなったとは思いませんが、良くなったとも思いません。

良くも悪くも前走程度で、悪くはないという程度の判断に留めておきます。

タガノディアマンテ【B】

3月13日(水)栗東 坂路(稍重)
【53.8-39.0-25.1-12.4】

2頭併せ一杯併入。
脚色は微妙で、僚馬の方がもしかしたらよかったかもしれません。

ただ、加速ラップを刻むことができていますので、状態が悪いということはないでしょう。

前走時はCWでの追い切りで好時計を刻んでいました。
今回も末はしっかりと追われていてある程度は時計を出せているので、これはこれで問題ないのかなと思います。

可もなく不可もなく前走程度とみていいです。
前走程度ですが、前走は結果を出しているので侮れないでしょう。

ディキシーナイト【B】

3月13日(水)美浦 南W(良)
【6F81.8-66.7-52.0-38.3-1F13.1】

2頭併せ内強め併入。
脚色は明らかに僚馬の方が良かったです。

ただ、全体時計が81.8秒ですが、美浦Wを考慮すれば上々の時計だと判断していいでしょう。

欲を言えば、ラストは12秒台後半でいいので、時計の根拠が欲しかったです。
それがあればもっと前向きに見ることができました。

悪くはない程度だと判断して評価しておきたいと思います。

ニシノカツナリ【A-B】

3月13日(水)美浦 南W(良)
【4F53.2-38.3-1F12.3】

3頭併せ外強め1頭1馬身先着、1頭1馬身半ほど先着。

2頭を2馬身ほど追って直線へ。
美浦なのでゴールまでに追いつくことができれば上々だろうと思っていたのですが、ゴーサインが出ると一気に加速して追い抜いていきました。

首の位置が高いのが気になりましたが、それでもしっかりと美浦Wのラストを12.3秒でまとめる辺りは、力を持っていると判断していいはずです。

未勝利を勝ったばかりですが、穴があるならもしかしてこの馬かもしれないと感じるほど雰囲気は良かったです。

前走時の映像がありませんので何とも言えませんが、時計判断では楽しみだと思います。

ヒシイグアス【B】

3月13日(水)美浦 南W(良)
【4F52.0-37.0-1F12.1】

2頭併せ強め併入。
時計は上々ですが、コース7分ほどを通過しているので、少し割り引いてみておくべき必要があるでしょう。

やはり3戦いずれも連対しているだけの実績があるのはこの追い切りからも伝わってきます。
この時計はなかなか出せるものではないので、大物感漂うと言えば漂う内容でした。

ただ、僚馬(ブーザー・3歳500万下)もこの時計で走れているので、その点では見劣りする部分を感じる部分もあります。

面白いなと思うのが、本番に騎乗するミナリク騎手は僚馬のブーザーに騎乗しています。
重要度で言えばヒシイグアスを優先しそうですが、何か理由があるのでしょうか。
この点がどこか引っかかると言えば引っかかりますが、内容は良かったので前向きな【B】評価としておきます。

ファンタジスト【A-B】

3月13日(水)栗東 坂路(稍重)
【50.1-36.9-24.2-12.1】

単走強め。

しっかりと追われていて、負荷を掛けられています。
全体時計50.1秒と序盤から時計を刻む内容でした。

1週前は全体51.1秒でしたが、末は11秒台を刻むものでした。

今回の最終リハも好ラップで走れています。

綺麗な加速ラップを刻むことができませんでしたが、全体時計を考えると今回の方が仕上がりは良さそうです。
本番を見据えて、好仕上がりで挑めそうな内容でした。

賞金面では足りているので、叩きと割り切ると思いましたが、好仕上がりで逆に案外だと思うほどでした。

フィデリオグリーン【B】

3月13日(水)美浦 南P(良)
【5F65.8-50.1-36.8-1F12.5】

2頭併せ外馬なり1馬身先着。

先行してコーナーを回ってきますが、ショートカットした僚馬と直線で馬体を併せています。
そこからグイグイ加速して1馬身以上の差をつけたところがゴールでした。

ゴール後もある程度は走っていますので、上記以上の距離を走っています。

色々と考えても、前走程度までで、上昇気配はないように思います。
もう少し時計の根拠が欲しかったです。

リバーシブルレーン【B】

3月13日(水)美浦 坂路(良)
【54.4-39.9-26.1-12.9】

単走強め。

真っ直ぐに走れなかったのはマイナス評価。
集中力にやや難がありそうでした。

時計的には悪くはない範囲。
加速ラップも刻めているので、状態が悪いということはないでしょう。

時計は今回の方が良かったのですが、雰囲気は少々微妙。
デキは平行線と考える方がいいでしょう。

ロジャーバローズ【A-B】

3月13日(水)栗東 坂路(稍重)
【53.5-38.7-24.5-12.2】

2頭併せ馬なりクビ差ほど先着。
強めに追われる僚馬を、馬なりで交わしたのは前向きな評価ができます。

福寿草特別を解消するだけの実力を感じるだけの走りでした。

前走時から比べると今回の時計の刻み方が良かったので、今回は上昇気配としておきます。
雰囲気も良かったので、ある程度は走れるのではないかと思います。

スプリングSの追い切りまとめとオススメ馬

今回の追い切りで上昇度を感じたのは、【A】評価のコスモカレンドゥラ、【A-B】評価のニシノカツナリファンタジストロジャーバローズの合計4頭でした。

ただし、【B】評価のタガノディアマンテヒシイグアスの2頭も面白かったと思います。

上昇度が高い馬がそのまま走ることもありますが、実績馬が前走程度の内容で好走することもあります。
この辺りは勘が働くかどうかです。

難しい選択となりそうですが、比較的内枠を引けたあの馬を1頭目に選んでいきたいと思います。
以下、オススメ馬です。

  • 【D】人気ブログランキング
  • ファンタジスト
  • ロジャーバローズ
  • タガノディアマンテ

今回は4頭を選択して終わりたいと思います。