スプリングステークス 2018 最終追い切り評価|エポカドーロの雰囲気上々

スプリングステークスの追い切り考察について行っていきたいと思います。
前走時の追い切りタイムや配信されている映像をチェックして、上昇気配か下降気配なのかを判断しています。
最後に現時点での注目馬を紹介していますので、ご興味ありましたら、最後までご覧いただけたら幸いです。

スポンサーリンク

追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

エポカドーロ【A-B】

3月14日(水)栗東 CW(良)
【5F67.7-52.1-38.2-1F12.2】

2頭併せ外末強め3/4馬身先着。
末強めと書いていますが、強く促されたのはほんのわずかで全体的には馬なりと書いていい範囲でした。

時計もしっかりと出ていますので、仕上がりは好感が持てます。
走りの悪い部分もないので、2連勝の勢いそのままに出走できる見込みです。
好走に期待したいです。

カフジバンガード【A-B】

3月14日(水)栗東 CW(良)
【6F83.5-66.0-51.3-38.5-1F12.3】

3頭併せ外強め1馬身程先着。
首の位置が高いのが気になりましたが、それでも先着を果たしました。

首の位置が高いというのは、スピードを上手く前に運べていないという証拠でもあるので、その点では少々心配材料ではありますが、先着しているので問題ないのかなと見ることもできます。
時計もしっかりと出ています。

前走時は坂路で単走追い。
しかも、時計があまり評価できないものでした。

その点では、今回はなかなかのデキと判断できる内容でしたので上昇気配としておきます。

ゴーフォザサミット【B】

3月14日(水)美浦 南W(良)
【5F68.1-51.7-38.2-1F12.6】

2頭併せ強め半馬身差遅れ。
遅れたのは地味に見えてしまいますが、動きが悪いということはなかったです。

共同通信杯では4着と善戦はしましたが、善戦止まり。
その共同通信杯の追い切りでは、動けているものの迫力不足と書いていましたが、その通りになった形です。

今回の追い切りを見ても迫力不足は否めず、淡々と走っている形。
それが良い意味でも悪い意味でもこの馬の特徴のようになってきていますが、概ね前走程度と判断しています。

コスモイグナーツ【B】

3月14日(水)美浦 南W(良)
【5F66.9-52.9-39.4-1F13.7】

単走馬なり。
少々促されている形になっていますが、馬なりの範疇と考えていいでしょう。

共同通信杯の時と何かが変わったという印象はありません。
良くも悪くも前走時の状態で挑めるのではないかと見ています。

ステルヴィオ【B】

3月14日(水)美浦 南W(良)
【5F69.8-53.5-39.4-1F12.9】

2頭併せ内強め1馬身先着。
ゴール後も暫く追われている内容でしたが、僚馬を更に突き放す好内容を消化しました。

前走は【B-C】評価をして2着に残る内容でした。
状態は確かに悪いと見ていたんですが、それでも2着に残れたのは地力の高さだと見ています。

今回の追い切りを見る限りでも、仕上がりは前走程度で、前走を超える仕上がりではないと判断。
評価も前走の【B-C】を据え置く【B】評価としておきたいと思います。

ただ、高い地力で押し切れる可能性は高いと見ています。
決して軽視をしてはいけない1頭です。

バールドバイ【B】

3月14日(水)美浦 南W(良)
【4F55.9-40.9-1F12.9】

3頭併せ中末強め1頭併入、1頭半馬身差先着。
脚色が一番良かったのは内を回る僚馬でしたが、バールドバイもしっかりと動けているので問題ない範囲だと推測できます。

前走が未勝利戦を勝ち上がったばかりで、もう少し上積みが欲しい追い切りでしたが、デキとしてはキープしている程度だと推測できます。
時計の根拠といい、もう少しメリハリがある時計が出せれば良かったと見ています。

ハッピーグリン【※】

3月13日(火)門別 坂路(良)
【3F36.0-23.8-1F12.3】

単走馬なり。
時計判断だけだと前走と変わりなく来ているのではないかと推測はできます。
単純な時計比較であれば、前走よりも今回の方が時計の根拠としては十分です。

ただ、途中で左右に振られていたりしていて、その辺は地味。
前走と変わりないデキにあると見ていいのではないでしょうか。

※評価は情報が少ないのでしていません。

マイネルファンロン【B】

3月14日(水)美浦 南W(良)
【6F83.4-67.8-52.5-38.6-1F13.0】

2頭併せ馬なり1馬身程先着。
しっかりと走れているので、デキが悪いということはないと見ています。
雰囲気は上々で、淡々と走れているのは好感が持てます。

1週前は遅れた内容でしたが、時計は出ているので特に気にする必要もないでしょう。

ライトカラカゼ【B】

3月14日(水)美浦 南W(良)
【6F81.1-65.7-52.0-39.1-1F13.3】

2頭併せ外強め半馬身程遅れ。
遅れたのは地味に映りますが、時計は出ているので特に気になるほどの遅れではないと判断しています。

ただ、やはり地味には見えてしまいますので、上昇気配とはし辛く、前走のデキをキープしているまでと見た方がいいでしょう。

ルーカス【※前走放馬の影響の為評価ナシ】

3月15日(木)美浦 南W(良)
【4F54.4-39.4-1F12.8】

3頭併せ中末強め1頭馬身先着、1頭1馬身半程先着。
ゴール後もそのまま走っていますので、上記の時計にプラス1ハロン程度は長く走っています。

ホープフルSの時は坂路を選択し、放馬事故を起こしてタイムがめちゃくちゃでした。

時計だけを比較すると危険ではありますが、そういうことも頭に入れて考察を入れなければなりません。

1走前の東スポ2歳Sの時の追い切りと比べると、特に変わりない印象は受けます。
ラストに13秒を切る好内容ではありますが、東スポ2歳Sの時は全体時計が優秀でしたが、今回は全体時計はやや地味です。

ただ、2週前から意欲的な乗り込みをしていて、特に1週前の時計は優秀でした。
評価しようがないのですが、ルーカスの追い切りの内容を考えると、勝負度合いは高い1頭だと見ています。

レノヴァール【A-B】

3月14日(水)栗東 坂路(良)
【51.7-37.7-24.6-12.5】

2頭併せ強め1馬身半程先着。
1週前の坂路追いでは僚馬に遅れる内容だったのですが、今回は突き抜ける内容でした。
全体時計は優秀で、最後も12秒台で耐えているので、持っている能力は高いと判断できます。

減速ラップとなっていますが、内容自体が悪いわけではありません。
前走時は55.1秒の全体時計ですが、今回は51.7秒と大きく上昇を見せました。

その点を考慮すると、プラス材料と考えていいのでは。

スプリングSの追い切りまとめとオススメの馬

以上で映像配信のあった11頭の追い切りをチェックしていきました。
一応、時計だけで言うと残りの2頭の情報もありますが、いずれも前走のデキまでと言った形ですので、あまり気にしなくていいのではないかと推測します。

さて、今回の追い切りを見て上昇気配と感じたのは、【A-B】評価のエポカドーロカフジバンガードレノヴァールの3頭でした。

【B】評価の中では、調子は落ちているとは思うものの、前走のパフォーマンスは発揮できそうなステルヴィオの追い切りは良かったと判断していいのでは。
その他、ルーカスの動きもよかったですし、レースレベルは高くなりそうな気配を感じます。

調子は変わらずとしましたが、意外とマイネルファンロンの動きもよかったですし、どこからでも狙えるだけの1戦と言えそうですし、面白い1戦となると見ています。


  • エポカドーロ
  • ルーカス
  • ステルヴィオ
  • カフジバンガード

先週もバンバン的中!やれる方法を伝授する!

府中牝馬Sの予想公開中!
土日台風で提供なしだった分、
月曜は大奮発8鞍公開中↓

今すでに公開されています!

────────
昇仙峡特別,国立特別
府中牝馬S,東京12R
鳴滝特別,大原S
オパールS,京都12R
────────

競馬大陸の利益本命馬は好走率が高い!

複勝派も馬連派も、3連単派もオールマイティーに使える!

オススメは3連単を買われる方!
馬連だと点数が増えるかもしれませんのでオススメはできません。

最近の予想も絶好調!
詳細は登録後に確認できますので、あなたも登録して使ってみて!

────────
六社S  3.6万
グリーンCHC 5万
毎日王冠 3連単
藤森S 3.3万
秋嶺S 9.2万
北國新聞杯 12.6万
飛翔特別 5.8万
茨城新聞杯 9.7万
戎橋特別 11.3万
────────

そしてなんとなんと
甲東特別 37.2万,芦屋川特別 40万オーバーなどガチ爆勝ち連勝中。今ここを使わないのはもったいない!

今、普通にオススメできるのは競馬大陸。あなたもどうぞ。

無料の会員登録はコチラから

メールアドレスのみご用意ください