スプリンターズステークスの枠順が確定/ウリウリは6枠12番

こんにちは、今日はスプリンターズステークスの出走表が確定しましたのでそれの掲載と。過去の新潟開催を除いた9年間の枠の傾向等から有利不利を見ていきたいと思います。

有力馬で言えば、ストレイトガールが1枠2番に入りましたし、ベルカントとハクサンムーンが4枠に入りました。

その他にも色々な有力馬がいますが、その辺りも見ていきたいと思います。

確定した出走表

スプリンターズステークス2015出走表

最内枠にはリッチタペストリーが入り、大外にはティーハーフが入りました。

その他の有力どころを見ていきましても、万遍なく有力馬が散らばったのかなと思える枠順になっているのかなと感じます。

それではスプリンターズステークスの新潟を除く過去10年間のデータを見ていくとしましょう。

過去の枠順別成績

それでは過去の枠順のデータです。

スプリンターズステークス2015過去の枠順データ

ご覧の通り、内枠は不利の傾向が出ています。その反面、7枠は4勝を挙げるなど成績に偏りが出ています。

この成績となる理由は、やはり中山の高速コーナーが要因として挙げられそうで、その枠で揉まれない方が好成績を挙げていると言えるのではないでしょうか。

1枠は1度も連対していないことを考えると、今回1枠に入ったリッチタペストリーとストレイトガールの2頭は厳しい枠となったのではないかなと思います。

先行するリッチタペストリーはこの枠で、逆に積極的にいくかもしれませんが、ストレイトガールの脚質では、直線で前が大きな壁になってしまうことは十分に考えられるかと思います。

逆に言えば、7枠に入ったミッキーアイルとフラアンジェリコにとってみれば好枠に入ることが出来ました。

この辺りが今回のスプリンターズステークスの1つのミソになるかもしれませんね。

ハナを主張すると宣言しているハクサンムーンとアクティブミノルは枠は違いますが隣同士となりました。ハクサンムーンが4枠8番、アクティブミノルが5枠9番です。

どちらも悪いということもなく、逃げるのにも適している枠だと思いますが、最内のリッチタペストリーは腹を括って逃げてくる可能性があります。

そうなると、最内から前に行けるリッチタペストリーの方がハナを主張しやすく、アクティブミノルの方がやや前半で脚を使ってしまうのかなと感じました。

この辺りも難しくなりそうです。

【関連】