シンザン記念 2019 出走予定|クリノガウディが最右翼だと思っていたのに

ども、リッキーです。
正月早々ご覧いただきありがとうございます。

1月6日に京都で実施されるシンザン記念(2019)の出走予定馬をチェックしていきます。
想定騎手と推定オッズも同時に掲載していますので、予想前にチェックしてみて下さい。

注目は朝日杯FSで2着に入ったクリノガウディー。
だったんですが、右後肢を痛めたので回避となりました。
先ほどニュースが入って来ていました。

ますます混戦模様となりましたので、中間の気配や最終リハの様子から好走馬をチェックしていきたいと思います。

シンザン記念の登録馬

馬名斤量想定
アントリューズ56川田
ヴァルディゼール56北村友
グッドレイズ56戸崎
クリノガウディー(回避)57藤岡佑
コパノマーティン56○○
ゴータイミング56武豊
シャドウエンペラー56和田
ドナウデルタ54福永
ニホンピロヘンソン56浜中
パッシングスルー54池添
ハッピーアワー56秋山
ファタリテ56国分優
マイネルフラップ56○○
ミッキーブリランテ56坂井瑠
ミヤケ56松山

推定オッズ

馬名オッズ
アントリューズ2.9
ドナウデルタ4.3
ゴータイミング6.1
ヴァルディゼール12.5
ハッピーアワー13.3
ニホンピロヘンソン18.2
ミッキーブリランテ27.6
パッシングスルー37.1
シャドウエンペラー56.2
マイネルフラップ85.3
コパノマーティン93.4
ミヤケ135.8
グッドレイズ255.1
ファタリテ371.8

有力馬考察

アントリューズ
≪牡3/鹿 栗田徹厩舎≫

【前走】ベゴニア賞 1着
【父】ロードカナロア
【母父】Eltish

新馬戦こそ7着に敗れたものの、未勝利戦とベゴニア賞を勝ち上がりOP入りを果たしました。

東京コースで行われた前走を考慮しても末33.2秒は魅力的。
最後は堅実に伸びる脚が魅力です。

コース替わりだけが不安。
終いは確実に伸びるが、デビュー戦は右回りを凡走。
今回は京都コースで右回り。
そこをクリアできれば、コース適性も高そうなので楽しみな存在。

ドナウデルタ
≪牝3/鹿 石坂正厩舎≫

【前走】デイリー2歳S 5着
【父】ロードカナロア
【母父】ディープインパクト

ドナウブルーの仔なので、近親にジェンティルドンナがいる血統。
デビュー戦はアルテミスSで15着になったブラックダンサーに競り負け2着も、次戦の未勝利戦で勝ち上がりました。

ただし、その未勝利戦の上位勢が軒並み勝ち上がれず苦戦しているので、これまでの3戦いずれもレベルに疑問が残る結果が続きます。
前走の勝ち馬であるアドマイヤマーズは朝日杯FSの勝ち馬となりましたが、前走5着も0.8秒差ならば結果以上に負けたとも言える成績。

過剰人気するのであれば嫌いたい1頭だと判断しています。

ゴータイミング
≪牡3/鹿 松永幹夫厩舎≫

【前走】東スポ2歳S 15着
【父】ディープインパクト
【母父】Refuse To Bend

株式会社キーファーズ所有の馬なので、武豊騎手が主戦となります。
前走は大外で前に壁が出来ずに自滅していった形で、コース取りもロスが多い中でのレースとなりましたので、巻き返しに期待したいレース。

前走はそんな感じで巻き返しに期待したいのですが、ただし、負け過ぎた印象はあります。

もう少し前で終わればもう少し買う材料はあったかも。

こういう書き方をしているのですが、今回、追い切りでめちゃくちゃ動いたという感じでは無ければ積極的には買うつもりはない1頭です。
危険な人気馬だと思っているので、今回は軽視してみたいと思っています。

現時点での注目馬

今回のシンザン記念は、僕的には『小波乱から中波乱の可能性は高い』と見ています。

というのも、現時点で注目しているのが【C】ハッピーアワーです。

もう1頭注目しているのがヴァルディゼール。

この【C】ハッピーアワーとヴァルディゼールの2頭は、前走の走りを見て気になる2頭。

今回はより注目したいのが【C】ハッピーアワーということで見ています。

上位人気馬は不安が多い中で、伏兵馬の存在が楽しみなレース。
昨年はアーモンドアイが優勝していますが、出世レースとしても知名度があります。

年明け早々のレースですので、当てて終わりたいですww
金杯の2R次第ですねww