ジャパンカップ 2017 サイン|プレゼンターはなし!?CMは出演3人だけ

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

今年のジャパンカップのサイン考察を行っています。

CMは、いつもの4名ではなく、松坂桃李さんを除く3名が出演。
プレゼンター情報は、現時点で掲載されていませんので、お知らせがあれば追記してお伝えします。

JCのプレゼンターは未定か不在か

JRAのホームページの情報では、現時点(11月17日)ではプレゼンター情報の掲載がありませんでした。

しかし、2016年のジャパンカップは、11月27日開催でしたが、プレゼンターの発表は11月22日でした。
プレゼンターは、リオ五輪柔道金メダリストで、JRA所属の原沢久喜さんでした。

もしかしたら、今年も直前になって発表があるかもしれませんので、JRAのホームページはしっかりとチェックしてください。

CMは松坂桃李さんが不在で、3人の出演でした

「HOT HOLIDAYS!」~ジャパンカップ編~

斤量の書かれている部分を、年齢と間違ってしまうというストーリー。
競馬をやったことがない人は、間違えるかもしれま…って、間違えますか?ww

今回のCMの中で気になったのが、以下のセリフです。

10秒経過時の柳楽優弥さんの「ほぼ還暦じゃん」
12秒経過時の高畑充希さんの「40代いた」
15秒経過時の土屋太鳳さんの「あの外国人の人は?」

「今まで流した汗と涙の量だよ」
という台詞がどうしても気になってしまいますが、ヒントに近いものは、上記の3つではないかと思います。

ほぼ還暦じゃんということですが、CMでは、57歳・57歳・54歳・49(歳)という数字が使われています。
49のところだけ、歳という言葉を使っていない点も気になりますので、4-9は押さえておきたいヒントです。

また、上記の年齢を調べると、横山典弘騎手が49歳(昭和43年2月23日生)です。
JRAの50歳以上の騎手は限られていますが、現時点での想定では、横山典弘騎手が該当しています。
ワンアンドオンリーに騎乗予定ですので、ヒントになるでしょうか。

次に、外国人の人は?とありますので、単純に外国人騎手に注目。
外国人騎手の場合は、どこに着目していいのか難しいです。
全体を見れば気にしなくてはいけない馬が多くなります。

ヘッドライン『誇りという名の軌跡が世界の頂点まで輝いている。』

今年のジャパンカップのヘッドラインは、『誇りという名の軌跡が世界の頂点まで輝いている。』です。
誇りは、プライドや自尊心などといった言い換えができます。
ただ、傍若無人と言った言葉も使われますので、誇りという言葉自体は良い意味で使われますが、類義語を見ると、あまり前向きな言葉が並んでいるということではないですね。

さて、今回のヘッドラインで気になった馬は、ヤマカツエースです。
ヤマカツエースのエースは、第一人者や最高の存在と言った意味です。
世界の頂点という意味では、この馬がピッタリでしょう。

その他、ワンアンドオンリーも、唯一無二のという意味ですので、似ているでしょう。

今回のヘッドラインでは、この2頭には注目です。

稼ぎたいという夢を掴む

吉成周蔵氏が発起人となり、これまでバラバラだった「うまコラボ」「Hit Make」「競馬の殿堂」のサービスを統合。
競馬ファンが夢を掴む場所を作りたいという思いに賛同したサイトが堂々集結して生まれたのが「うまとみらいと」です。

タダで会員登録を行う方はココから

本登録に必要なものはメールアドレスのみ。
メールマガジンはいつでも解除することができます。

うまコラボは多数のWEBサイト、そしてWEB広告でも取り上げられていたのでご存知の方も多いはず。
超大手ウェブサイト(Ya○oo!Japan)の広告にも出稿していましたので、サイトの安全性は折り紙付き。審査が厳しいのが今の広告業界ですから。

競馬の殿堂は、完全無料を貫くことで会員との間に信頼関係を築くことを念頭に運営。
Hit Makeは、城戸氏が穴一筋15年で運営されてきたサイトで、これまでも多くの会員に笑顔と多くの配当を提供してきました。

話題になるほどまでに成長した「うまとみらいと」の一体何が凄いのか?

その1つは、完全無料から使うことができるという点。

例えば「うまコラボ」は、うまとみらいとに無料登録するだけで、各開催競馬場の午前中レース+その週の無料対象重賞1つの指数が見放題。

「競馬の殿堂」は、的中率90%オーバーを誇り、「Hit Make」では穴馬探しもお手の物。

会員数10万人以上の圧倒的な会員数を誇る「うまとみらいと」だからこそできる、これまで積み上げてきた実績、そして信頼。
多くの会員様に賛同していただけることは誇りでもあります。

皆さんの疑問に思っているかもしれません。どうやって稼いでいるのかということです。
何も悪いことはしていません(笑)

ちゃんと有料サービスもあります。
月額定額のものや買い切りのもの、有料の部分がないと運営はできませんから。
しかし、有料サービスへの念押しがなくても、有料会員数も右肩上がりで伸びています。

それは、無料で満足できなくなった会員が多いということ。
裏返せば、無料会員だけで得られる利益だけでは満足できなくなったという証拠ではないでしょうか。

今始めなければ、きっとあなたは後悔する。

もちろん、うまとみらいとを知らないのであれば、後悔しようもないでしょう。
しかし、今、この瞬間、知ってしまった、うまとみらいとの存在を。

あなたの知らない競馬の世界、少しだけ勇気を出して広げてみませんか?

的中・利益の全てが詰まった情報がこのうまとみらいとにはあります。
競馬に未来への可能性を感じたい方は、今すぐ無料の会員登録をするところから始めましょう。

ちなみに、今週の無料対象レースは『菊花賞』
今登録すれば、今週末の指数公開に間に合う。だから今登録するのをお薦めします。

無料会員登録はコチラから

本登録に必要なものはメールアドレスのみ。メールマガジンはいつでも解除することができます。
仮登録メールが送られてくるので、本登録を済ませてご利用いただけます。

スポンサードリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク