フォローお待ちしております♪

Followしていただけるならこちらから

ジャパンカップ 2017 サイン|プレゼンターはなし!?CMは出演3人だけ

2017/11/17/

当ブログのコンテンツは、競馬予想について取り扱っています。馬券の購入は自己責任でお願いします。競馬の予想に関する情報(主に追い切り)をお届けしていますが、まずは競馬を楽しむことに主体を置いています。分かりやすさを目指す為に、架空のキャラクターを登場させる場合がありますが、私も楽しみながら更新できるようにしています。

こんにちは!
爆穴ブログのリッキーです。

今年のジャパンカップのサイン考察を行っています。

CMは、いつもの4名ではなく、松坂桃李さんを除く3名が出演。
プレゼンター情報は、現時点で掲載されていませんので、お知らせがあれば追記してお伝えします。

JCのプレゼンターは未定か不在か

JRAのホームページの情報では、現時点(11月17日)ではプレゼンター情報の掲載がありませんでした。

しかし、2016年のジャパンカップは、11月27日開催でしたが、プレゼンターの発表は11月22日でした。
プレゼンターは、リオ五輪柔道金メダリストで、JRA所属の原沢久喜さんでした。

もしかしたら、今年も直前になって発表があるかもしれませんので、JRAのホームページはしっかりとチェックしてください。

CMは松坂桃李さんが不在で、3人の出演でした

斤量の書かれている部分を、年齢と間違ってしまうというストーリー。
競馬をやったことがない人は、間違えるかもしれま...って、間違えますか?ww

今回のCMの中で気になったのが、以下のセリフです。

10秒経過時の柳楽優弥さんの「ほぼ還暦じゃん」
12秒経過時の高畑充希さんの「40代いた」
15秒経過時の土屋太鳳さんの「あの外国人の人は?」

「今まで流した汗と涙の量だよ」
という台詞がどうしても気になってしまいますが、ヒントに近いものは、上記の3つではないかと思います。

ほぼ還暦じゃんということですが、CMでは、57歳・57歳・54歳・49(歳)という数字が使われています。
49のところだけ、歳という言葉を使っていない点も気になりますので、4-9は押さえておきたいヒントです。

また、上記の年齢を調べると、横山典弘騎手が49歳(昭和43年2月23日生)です。
JRAの50歳以上の騎手は限られていますが、現時点での想定では、横山典弘騎手が該当しています。
ワンアンドオンリーに騎乗予定ですので、ヒントになるでしょうか。

次に、外国人の人は?とありますので、単純に外国人騎手に注目。
外国人騎手の場合は、どこに着目していいのか難しいです。
全体を見れば気にしなくてはいけない馬が多くなります。

ヘッドライン『誇りという名の軌跡が世界の頂点まで輝いている。』

今年のジャパンカップのヘッドラインは、『誇りという名の軌跡が世界の頂点まで輝いている。』です。
誇りは、プライドや自尊心などといった言い換えができます。
ただ、傍若無人と言った言葉も使われますので、誇りという言葉自体は良い意味で使われますが、類義語を見ると、あまり前向きな言葉が並んでいるということではないですね。

さて、今回のヘッドラインで気になった馬は、ヤマカツエースです。
ヤマカツエースのエースは、第一人者や最高の存在と言った意味です。
世界の頂点という意味では、この馬がピッタリでしょう。

その他、ワンアンドオンリーも、唯一無二のという意味ですので、似ているでしょう。

今回のヘッドラインでは、この2頭には注目です。

さぁ宝塚記念です。

今週末は宝塚記念です。
2018年上半期最後のG1になります。

しっかり勝って後半戦に繋げましょう。

そこで紹介したいのがAPLI(アプリ)という競馬予想サイトです。

まず、6/16の函館6R。

6/16 函館6R
3歳未勝利
三連単30点✕1000円
的中 447,100円

6番人気のデルマカミカゼが1着になったレースをしっかりと的中。
2着3番人気、3着1番人気という結果でしたが、この程度の波乱であれば、
APLIは当たり前のように当ててきます。

そして、6/17の阪神7R。

6/17 阪神7R
3歳以上500万下
三連単6点✕500円
的中 421,200円

3番人気⇒7番人気⇒5番人気で決着したレースでしたが、
こちらに関してはたったの6点買いで的中です。

予想の精度は間違いなく業界トップクラス。

APLI(アプリ)の実力は評価しなければならないでしょう。

堅いレースも荒れたレースも的中しているのはオッズに流されることなく、
本当に走れる馬をしっかりと見抜いている何よりの証拠です。

もちろん、APLIはこれ以外のレースでも的中しています。
平均して土日で10〜15本は的中しているイメージです。

固く数万円の的中を拾う時もあれば、大きく100万超の的中を叩き出す時もあります。

無理をして高配当狙いをするのではなく、的中最優先な姿勢は好印象です。

「走る馬を見抜く」

基本的なことですが、それをしっかり実践しているAPLIは利用していてとても安心できます。
オッズで予想をするのではなく、後からオッズはついてくるものです。

無料予想も充実していますし、抑えておいて損はありません。
是非、チェックしてみてください。

APLI(アプリ)に登録する方はコチラ

※メールアドレスだけで登録可能です

-考察
-