セントウルステークス2018最終追い切り分析評価予想|どの馬が好調だったか考察!

今週末9日に阪神で実施されるセントウルSの最終追い切り考察を中心にお伝えしています。
追い切り評価は、前走の調教映像やタイムを比較して、今回のデキが良いのか悪いのかを確認します。

昨年優勝馬のファインニードルやラブカンプーなど有力馬が揃ったスプリンターズステークスの前哨戦です。
有力馬の他に、穴馬になりそう馬がいないかどうかはしっかりと確認していきます。

セントウルSの最終追い切り考察

評価は【S/A/A-B/B/B-C/C/D】の7段階評価です。
評価について、詳しくはこちらをご覧ください。

アサクサゲンキ【B-C】

9月5日(水)栗東 坂路(不良)
【54.4-40.1-25.8-12.7】

2頭併せ強めクビ差程遅れ。
脚色は悪くないものでしたが、最後は遅れる形になってしまいました。
その点では地味な内容であることは間違いありません。

普段の追い切りと変わらないという見方もできますが、僚馬がずっと待っている状況で更に遅れたので、デキが良いとは言い切れないものでした。

アドマイヤゴッド【B】

9月5日(水)栗東 坂路(不良)
【52.2-38.4-25.9-13.6】

2頭併せ末強め半馬身程先着。
一杯に追われる僚馬(ブラヴィッシモ)相手に、最後に追われるだけで半馬身差を付ける内容でした。
馬なりの時点で併走状態でしたので、常に一杯に追われた僚馬が不甲斐ないという見方もできますが、それでも調子が良いからだと見ていいでしょう。

ただ、時計的にはこのくらいは走れる1頭。
もっと時計が良い時もありますので、走れる程度に留めておくべきです。

アンヴァル【B】

9月5日(水)栗東 P(良)
【5F66.2-51.4-37.2-1F11.4】

単走末一杯。
反応は確かにしていますが、時計は平凡。
悪くはない程度で見ておくべきだと思います。

追われてから首の位置が高いのが少々気になる部分です。
末の時計は出ているので気にしなくていいかもしれませんが、少し頼りなく見えてしまうものでした。

ウインソワレ【A-B】

9月5日(水)栗東 坂路(不良)
【53.8-39.0-25.3-12.6】

単走一杯。
しっかりと動けていたのは前向きな評価を与えて良いでしょう。

特に悪くはない動きでしたが、やや小さくまとまっているのが気になる部分です。

上昇気配としていますが、追い切り時計が今回の方が上向きだと判断できるので。
ただ、前走が前走だけに、さすがにこの上昇度では厳しいか。

グレイトチャーター【A-B】

9月5日(水)栗東 坂路(不良)
【53.8-38.5-24.5-12.2】

単走強め。

坂路の馬場差は考慮しなければならないが、それでも上々の時計をマーク。
この馬にしては十分に走ったと言える時計です。

ただ、動きが少々微妙で、後ろ脚の力強さが皆無。
平坦コースであれば走れそうですが、前走の走りに期待して馬券を買うと痛い目を見る可能性も。

追い切りのデキで言えば今回の方が良かったですが、コース替わりに少々疑問を抱く内容です。

フミノムーン【B】

9月5日(水)栗東 坂路(不良)
【52.0-39.6-27.2-14.3】

単走一杯。
馬場が踏み荒らされた時間帯でしたので、時計が掛かったのは仕方がないでしょう。

ただ、それでも末の時計が掛かり過ぎていて、見た目以上に時計が遅いというのは地味です。
不良馬場を考慮しても、さすがに遅すぎるという感想を抱きます。

前走から上昇気配でないと厳しいですので、今回は買い要素が少ないと見ています。

ブラヴィッシモ【B-C】

9月5日(水)栗東 坂路(不良)
【52.4-38.4-25.9-13.7】

2頭併せ強め半馬身遅れ。
アドマイヤゴッドとの併せ馬で、内容的にはアドマイヤゴッドに書いた通り。
一杯に追われてからも前に進んで行かずに、遅れをとる内容となってしまいました。

全体的に見て、調子が良くないのは明らか。
不良馬場に脚をとられたと見ることもできますが、それでも思った以上の動きではないのでデキ落ち評価で。

マッチレスヒーロー【B】

9月5日(水)美浦 南W(重)
【5F68.6-54.0-40.2-1F13.2】

2頭併せ外一杯併入。
脚色は良かったものの、馬なりの僚馬と併入というのは少々見た目が地味でした。

1馬身程先行しての内容で、直線で並ばれたものでした。
脚色は僚馬の方が良かったです。

ゴール後もマッチレスヒーローの方が長く追われていますので、上記以上に走っていると言えます。
最終リハの動きを見ると不安なポイントもありますが、しっかりと追われていますので、この一追いで変わるかもしれません。
当日の雰囲気を見て買われるのもいいでしょう。

追い切り評価的にはデキは変わりなく来ていると見ています。
上昇気配が欲しいレースですが、上昇気配とまでは感じません。

ラインスピリット【B】

9月5日(水)栗東 坂路(不良)
【54.4-39.2-25.5-12.8】

単走強め。
馬場が荒れている時間帯での追い切りでしたが、なんとか踏ん張っている時計と判断できるものでした。

舌を出して走っているのは集中力がない証拠でもあるのでマイナス評価。
一完歩ずつ踏み込み自体は強さも感じますが、バランスが悪いようにも感じます。
その為、左右に振られている印象を受けますので、その点でもマイナス。

力のいる馬場だったので仕方がない部分もありますが、それでも概ね前走程度でしょう。
前走より良くなっているという雰囲気は感じません。

ラブカンプー【B-C】

9月5日(水)栗東 坂路(不良)
【54.7-39.2-25.0-12.7】

2頭併せ強めクビ差遅れ。
僚馬は終始鞭が入っているような状況でしたので、遅れたのは仕方がないという見方も。

時計も不良馬場にしては頑張っている方ですのでデキが悪いということはないでしょう。

ただ、気になるのは前走も時計は殆ど変わらず。
良馬場の前走と比較すると少々物足りないか。

それでも今回のメンバーならばという部分は感じるが、デキ自体は落ちたと判断した方が良さそう。
もしかすると、疲労が抜けていない可能性も。
調子が悪いとは言い切れない内容ですし、上記の通り、デキが悪いということはないと見ていますが、前走と比較すると物足りない時計であることは間違いありません。

1つ評価を落としておきます。

レジーナフォルテ【B-C】

9月5日(水)美浦 南W(重)
【5F69.8-53.6-39.7-1F13.6】

単走強め。

動き自体は決して悪くありません。
脚の回転やバランスなどを見ても、悪いということはないです。

アイビスSDと比べると、ここまで順調に使われてきた疲労が見え隠れしているかのような動きなのが気になりました。

動き自体は悪くはないものの、映像を見比べると少々小さくまとまってしまいました。
小さくまとまった方が走る馬もいますが、レジーナフォルテがどちらなのかはここの結果次第で覚えておくといいかもしれません。

個人的には嫌な予感がするので、デキ落ちとしておきます。
ただ、下げ幅は小さいです。

木曜追い切り馬

ダイアナヘイロー【C】

9月6日(木)栗東 CW(良)
【7F90.7-76.0-62.3-50.2-38.2-1F13.4】

単走強め。
どこか往年の勢いを感じない内容となりました。
後ろから3頭併せの馬が来ましたが、ゴール前に差し切られる内容という点も地味です。

全体時計は決して悪くないんですが、押しても押しても動かない内容に、今回はデキ落ちの雰囲気を感じます。
あまり走る気持ちになっていない印象を抱きます。

ネロ【A-B】

9月6日(木)栗東 坂路(良)
【49.4-37.2-25.1-13.0】

2頭併せ末強め1馬身程先着。
さすがの動きというべきか、全体50秒を切る時計を出せる馬ですので、今回が特別凄いとは思わないものの、概ね上々の動きをしています。

ただ、前走に比べて時計を2秒以上も縮めていますし、馬場差を考慮しても調子が悪い時はこの時計は出せませんので、今回はデキ上昇としておきます。

ネロらしい動きが戻ってきている印象もあるので、注目はしておくべきでしょう。

ファインニードル【B-C】※

9月6日(木)栗東 坂路(良)
【53.0-38.6–24.5-12.0】

単走強め。
前走から打って変わって良馬場となった栗東馬場をグングン進んでいく内容。

時計が良かったネロの動きと比べるとさすがに物足りなさがあるものの、ネロが坂路で動く馬なので比べるのはナンセンス。

こちらもグイグイと進んでいく内容で、若干進行方向に対し左へ流れているものの、概ね上々の内容でした。

高松宮記念では【A】評価を付けていて、そのまま優勝してくれたので追い切りブログとしては満足な結果でしたが、さすがにその時の様子を比べると1つ落ちる印象
ただし、前哨戦ではあるもののメンバーが手薄な今回ならばチャンスは十分にある。

※前走が海外の為、2走前の高松宮記念と比較して

セントウルSの追い切りまとめとオススメ馬

今回の追い切りで上昇気配を示したのは、【A-B】評価のウインソワレグレイトチャーターネロの3頭でした。

ネロはさすがの時計です。
坂路を勢いよく走る姿は、一時の不調を気にしなくても良いと感じさせるだけのものはありました。

逆に上昇気配でもウインソワレの上昇度では厳しそう。もう少し大きく変わり映えする時計であれば言うことなかったのですが。

それではオススメ馬のご紹介です。

今回の追い切りでオススメしたいのはファインニードルにしました。
このコースを嫌う要素もないですし、これからが楽しくなってきそうな馬。
これまでの追い切りと比べると首を傾げたくなるのも事実ではあるものの、やはり秋を最大目標としているだけあってさすがにここは通過点。
しかし、横の比較を行った時に、この内容でも上位に行けるだけの存在であることは、追い切りの雰囲気を見て感じます。
馬券から外すことは危険だと思います。

2頭目はネロとしました。

今回の追い切りは上昇気配を感じる内容でしたし、やや追い切りでも走らなくなってきたのかなと思った中での今回の時計。
6日は良馬場となり時計の出易い馬場であったことは明白ですが、ネロらしい走りが観ることができて良かったです。

順調に調整されてきた点を含めて、今回選ばないということは出来ない1頭です。

3頭目は消去法にてアドマイヤゴッドとしました。

前走からデキが変わらないというのは少々怖いのですが、追い切りの内容的にはデキが落ちたということはなく上々気配。
あとは前走の負け方が気になるものの、コース替わりできっかけを掴めるか。

  • ファインニードル
  • ネロ
  • アドマイヤゴッド

今回は3頭をオススメして終わります。
最後までご覧いただきありがとうございました。

競馬で勝ち続ける方法はあるのか?調べてみました

みなさんは何を参考に予想していますか?

僕は毎回、JRAのホームページや前走映像をチェックしてデータを確認して馬券を買っていましたが月間収支がどうにもプラスになりません。

週間収支さえも、毎週のようにマイナスになるので心が折れそうになった事もあります。

このままじゃ、ホントに家計がやばいと思って

「競馬で勝ち続ける方法」を調べまくりました。

その結果、ある一つの答えにたどり着いたのですがそれは、

「予想で本当に大事な事は出走表ではわからない。」

ということです。

自分で予想するとどうしても人気順に近い予想になってしまう。

だけど人と同じ事を考えていては儲からないワケです。

僕が使えるお金は1日3,000円投資、月間予算が3万円程度。

少ない投資で勝ち続ける!これが僕の目標でした。

そこで先にお教えしますが
この競馬サイトを参考にしてから、1年間プラスです!

初めの1ヶ月でわかりました。これは使えると!

やっと今までと流れが変わってきました!

競馬は勝つ為に必要な情報はたくさんあります。

今調子がいい選手は誰なのか?

今日の勝負駆けは誰なのか?

メイチ仕上げの今日のレースを狙いに来ている馬は?

今日の有利なコースは?

勝ちやすいレースはどれ?

皆さんはどれだけ把握できてますか?

仕事の合間、スマホ片手で楽しむ僕には到底把握しきれません。

そこで初めてこの競馬サイトに身を預けてみたんです。

それからというもの最高に気分がよかったです!
以前はず~っとマイナスだったのに、今では毎月プラスで終えてるんですから!

7月はちょっと高い焼肉食べに行って、8月は嫁と娘と一緒にディズニー宿泊してきました!
超高かった(笑
実は、5月に初めて万券バーストにチャレンジしてみたら、
給料の3倍くらいの配当を手に入れちゃいまして・・・これは嫁にはナイショね

そして忘れもしない、今年の函館記念。
一撃915,320円を獲得してしまいました。僕にとってのメモリアルです。
そしてとうとう・・・競馬やってることが嫁にばれました(笑

今では休みの日は一応家族サービスを優先しつつ
でも家族で温泉旅行の合間にスマホで競馬を楽しんだりもしてますよ!

これからも勝てるうちに、どんどん稼いでいきたいですね!
もうシルバーウィークの予定も考え出さなくちゃ...嫁からの制裁が怖い(笑

僕と同じような境遇の人、もしくはちょっと資金を増やしたい人、

試しにこの競馬サイトの無料予想を使ってみるといいですよ

無料だからといって手抜きはなし!

的確な予想を出してくれるので、
まずはそこから試してみるのがおススメです!

登録後にメールが届きますので確認のURLをクリックすると利用できます
当たり前ですけど登録しただけでお金が掛かる事はもちろんありませんし
おかしな請求が来たりする事もないのでその辺も心配いりません(笑

無料登録はこちら

メールアドレスのみで登録です。
メルマガ以外に有料発売の案内メール等も送信されてきますので、面倒な方はYahooメールなどのフリーメールアドレスをご利用下さると便利です。

スポンサードリンク

お役に立ちましたらシェアをお願いします

フォローする

スポンサードリンク